2008-10-23(Thu)

減税なんてチョロい 無税にしても生きていける方法

2兆円減税が、公明自民の買収・ワイロであることは前の記事で書いた。

しかし、どうせやるなら、1年間まったく完全の無税にしてみてはどうだ。
もちろん、赤字国債もゼロ。赤字どころか国債ゼロで、10兆円以上返済することもできる。

そんなカネあるはずがないだろう って?
いや あるんですね。日本には。


以前から植草一秀氏のサイトで問題にされている、外貨準備。
つまり、日本が持っているドル札。

100兆円外貨準備野放しの怪

当ブログでも書いたことがある

「景気対策」のウラは闇

これは、裏情報でも何でもない。
政府・財務省が発表して、誰でも見ることができる。
この表の、下から3番目がそう。ドルを買うための借金残高で、持っているドルに等しい。

最近10年間の年度末の国債・借入金残高の種類別内訳の推移

竹中平蔵が大臣だった間に、43兆円から100兆円に激増しているのがよく分かる。
そして、今年だけで、40兆円も増やして、140兆円になる見込みであることもよ~くわかる。



最も医師が多いはずの東京で、またしても「拒否殺人」が起きてしまった。
もちろん、現場は殺すつもりで拒否したのではないことは当然だ。
しかし、拒否したら死ぬ可能性大 ということは分かっていたはずだ。
もっとも体制を整えているハズの病院なのだから、他は推して知るべし、ということも分かっていたはずだ。

にもかかわらず、こんなことになってしまったのは、医療の体制をつくる予算が少ないからに他ならない。
今年度、「医療の安心確保」という予算は 2,606億円だ。
ドル資産のわずかに0.26%だ。

ドルを買ってあげる予算の、1%でも国民の命のために使えば、今の4倍の体制が作れるのに。
病院に拒否されて死んだり、市立病院が入院病棟を閉鎖したりすることもないのに。



こうして、国民の犠牲の上にドルの買い支えをする日本。
その「効」あってか、ドルはかろうじて暴落を免れている。

97円に落ちたと騒がれているが、ユーロはもっとひどい。
ドルはこの1ヶ月で、円に対しては8%くらい下落したけれども、ユーロに対しては15%以上も上がっている。

別の見方をすると、ユーロは、円に対してもドルに対しても15%以上、下げている。

ドルとユーロの我慢比べで、いまのところドルが勝っているということだ。
もちろんそれは、日本が支えているからだ。

そのために政府は借金(国民の借金)をドンドン増やし、国民の為じゃなくてアメリカを助けるために使ってしまう。
その残高が、今や国家予算の2年分にもなろうとしている。



ちょっと訂正をしておかなくてはならない。

この140兆円のドル資産は、全部借金で買ったものだ。
外国為替資金証券という短期証券を借り換え借り換えしつつ、ドンドン増やしている。
完全に、サラ金雪だるま状態である。

そこに、円高ドル安で資産はドンドン目減りしている。
政府が必死で買い支えても、このトレンドは止めることはできない。

だから、本来するべきは、税金を無税にすることではなくて、ドルを減らして借金を返し、無用な支払利息を減らすことだ。
それだけでも、毎年まいとし何千億円という金が生まれる。

税金ゼロは無理でも、少しは国民の命のために使えるはずだ。

このまま行くと、日本の国家予算は、ドルのための借金地獄にはまり込み、短期証券だけではまかないきれなくなり、一般財源から補填する羽目になりかねない。
ドルが80円や70円まで下がったら、売っても借金返済には全然足りなくなる。
今でもすでにそうなっている。

一見、タックスヘブンを実現できそうな隠れ資産は、何のことはない、日本を破産させかねない時限爆弾だ。
傷の浅い内に処分しないと、えらいことになる。

自民公明に任せていたら、地獄の底まで紙くずのドル札を持って行かなくてはならなくなる。
民主党も、この問題に、明確な見解を出すべきだろう。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これが「騒動の2ヶ月前、野田聖子がマンナンライフの敵対会社から献金を受納!」浪速製菓の消されたHPトップ表示の蒟蒻効果だ。

 以下、自End!TBP「自民党政治」の常連、ヒット時事ネタ連発の低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの「2008年10月24日 〔付箋〕「マンナンライフ」のライバル企業から野田聖子氏へ献金 」関連。 1、浪速製菓株式会社のURLを使いYahooで、「site:http://www....

アッホー太郎は自称強気と信念の男だが、実際は「弱虫太郎、解散なければのたれ死に」読み人、菅(笑)

 菅直人さんの公式サイト。⇒民主党の要職で忙しいのは分かりますが、実質放置ですね。  保坂展人のどこどこ日記ほどではないにしても、国会の動きを時々でも良いから伝えたり、コメントは受け付けなくてもよいが、保坂さんのところのようにトラックバックを受け付けて

庶民が生活苦で青息吐息の時に連日連夜高級ホテルで贅沢三昧のアッホー太郎、問われてブチ切れ、与党内からも総スカンでボロボロ(笑)

 流れとしては、最初10月19日20時51分に朝日の、「物価高を実感? 首相がスーパー視察、夕食は帝国ホテル」と言うアッホー太郎の見え見えパフォーマンスを報じる記事があって、その後22日にそれについて聞かれたアッホー太郎が逆ギレでブチギレ、その逆ギレがさらに報じ...

天下りを放置したままの増税など絶対認めないぞ!

東京の病院で、妊婦さんが、7ヶ所の病院に断られ、お亡くなりになるという痛ましい事件がまたしても起こってしまった。医師不足が原因でどの...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

そんな単純に

今、世界がこんな状況でそんな事が単純にできるのか?
理屈はわかるが、あまりに楽観的すぎないか

植草自身のブログでも、中国が米国債を売ったらアメリカはパニックに陥ると書いている
例え数%だとしても、もし日本がそれをしたら世界中に知れ渡りアメリカ売りが止まらないだろう
そうなったら日本がこうむる損害はとんでもない事になる

数年前、小沢一郎が「米国は日本なしでも生きていけるが、日本は米国なしでは生きていけない」
と言っていたのを聞いた事があるが
今は米国も日本なしでは生きていけないが、日本もまた米国なしでは残念ながら生きていけないだろう
(別に日本人全員死んでしまうと言う意味ではないが)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

麻生語録

2001年に、麻生は次のように発言しています。
”独断と偏見かもしれないが、私は金持ちのユダヤ人が住みたくなる国が一番いい国だと思っている”

bourgeoisめが!

今日、公開された閣僚の資産を見ましたか?


麻生名義の資産だけで、あれだけあるのです。もう阿呆らしくなってきました。


こんな人物が日本の首相だということは、世界中に「わが国はbourgeoisのための国です。」と宣言しているのと同じです。あ~恥ずかしい!

ヘイゾーふたたび

外貨準備にまつわるご解説大変有難うございます。
さて本日、また植草氏のブログを見る。
件のテレ朝番組で竹中某は「"りそな"にキツイお仕置きしてやった」旨発言していたが、デタラメだったことがバラされていた。
誤爆で民間人皆殺しにしておいて、「潜んでいるテロリストを壊滅した」と豪語する米軍に通じるものがある。
しかし、やってるすぐ脇で種明かしされては奇術師も辛かろう。
また、昨夜は奇術師の弟子だったらしい岸博幸という人がテレ朝-報道ステーションで師匠の弁をオウム返ししていた。バレても続ける、これぞ竹中マジックだ!
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg