2008-12-08(Mon)

木の家の敵=農林中金の実態

私のような木の家が大好きな連中が、なんとか日本の林業に頑張ってもらいたいなんて思っているのを尻目に、日本林業のメインバンク・農林中金は、マネーゲームに現(うつつ)を抜かして大損した挙げ句、理事は何千万もの高給をむさぼっている。

証券化地獄、まだ序の口
幻想だった「邦銀優位」、農林中金の巨額損失で明るみに

2008年12月8日 日経ビジネスオンライン

農林中金の総資産は9月末で58兆円。このうち貸出金はわずか9兆円弱で、40兆円余りが有価証券などの投資に回っている。金庫自体がいわば巨大な「投資ファンド」なのだ。有価証券のうち外国債券で9728億円の評価損、証券化商品などで9769億円の評価損が出ている。

なんと言うことだろう。
マネーゲームというべきか、アメリカの言いなりに証券を買いまくったと言うべきか、ドブに捨てた40兆円のウチ、1兆円でも全国の森林に投じていれば、息を吹き返した林業地も数多くあっただろう。
もちろん、林業自身の問題も多々あるので、資金を投じても無駄に浪費してしまうケースもあるだろうが、わずかに1千万円の運転資金が無いために事業を回せない、という歯がゆい思いをしていることも多い。

農業にしてもしかりだ。
食糧自給率を,一番心配しなくてはならないはずの農林中金が、農家から吸い上げた金をセッセとアメリカ資本に貢いでいるというのだから、まったくお話にもならない。

そして、その張本人の理事長・上野某は、年間4100万円の報酬をボッタくっている。

JA農林中金理事長の報酬は4100万円 歴代全員が農水省事務次官
2008.10.29 国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行

なぜ、宮崎氏のブログを引用したかというと、新聞サイトは全部、記事を削除されているからだ。
「農林中金 報酬」でニュース検索しても、まったく出てこない。

こんなに意図的なことをする理由は明らかだ。
麻生内閣が、国民生活も中小企業もほったらかしで、景気対策なんてどこ吹く風で進めている「金融機能強化法案」を成立させるためだ。

今分かっているだけでも、アメリカの詐欺にマンマと(自ら進んで)引っかかった損失が2兆円。まだまだふくらむ可能性が大きい。これを損失確定で投げ売りさせることなく、農林中金を存続させるための法律が「金融機能強化法案」だ。

茶番とはいえフォードなどビッグスリーはトップの報酬を1ドルにするというのに、上野理事長は4100万からびた一文まける気はないらしい。もちろん、引責辞任なんておくびにも出さない。

副島隆彦氏によれば、理事長・上野の側近である専務理事・高谷正伸が、ロックフェラーの子飼いとのこと。
この高谷とやらは、今年の8月に至っても、こんなことを言っている。
takatani.jpg

農林中金:証券化商品への投資、1-2年で6兆円以上拡大へ

2008.8.25 ブルームバーグ

高谷氏はクレジットカードや自動車ローンからのキャッシュフローを裏付けとした証券や債務担保証券(CDO)、融資担保証券(CLO)への投資を計画している
農林中金が44兆円規模の投資ポートフォリオでの証券化商品の割合を、37%から50%に引き上げる方針




もう、あきれてものが言えない。
この底抜けの大馬鹿どもの責任を問わずして、税金で救済など、まったくもってトンでもないことだ。

と同時に、本業である農業と林業の振興を、完全にほっぽらかしにした責任も問わなくてはならな
い。
上野や高谷などといった連中が、日本の農業と林業をどん底へと引きずり込もうとする現行犯だ。

木の家が好きな人は、こういう連中の罪悪を決して忘れてはいけない。
そして、こいつらに税金をくれてやるための「金融機能強化法案」に夢中になっている麻生のような政治家は、早いこと消えてしまってほしい。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見たくないものを見ちゃった、自エンドTBP「自民党」は雑談日記以外のも検閲で削除するのか。気がつきたくもなかったです。

 偶然気がついてしまった。  時々、TBP「自民党政治」とTBP「自民党」を同じ自End仲間と言うことでトラックバックの伸びを見てます。やり方は単純、両方にTBしてくれているブログがたとえばTBP「自民党政治」の1頁目最後にあったら(1頁が20ブログ表示)、同じくT...

これが阿修羅でもなかった立花隆さんのメディア ソシオ-ポリティクス「第104回 米メディアが警戒する安倍首相初訪米の中身」

 この記事って、検索するときっこのブログがトップで出てくるのだけれど、 2007.04.27 米メディアが警戒する安倍首相初訪米の中身 http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/04/post_0514.html  きっこのブログ中では立花さんの記事の表題とリンクが紹介されているだ

今の日本の窮状を招いた構造改革主義者を許すな

この記事のトラックバックを受けたブログオーナーの方、ぜひ、お読みいただき、ご賛同が得られれば、さらに内容を広めていただけるよう、ご協力をお願いします。 さて、今の日本の格差社会、ワーキングプア、そして今吹き荒れる派遣切りや雇い止めの嵐を招いた責任はだれ..

米軍戦闘機、飛行訓練中に民家に墜落《サンディエゴ》

米軍のジェット戦闘機が墜落、3人が死亡=カリフォルニア州【ロサンゼルス8日AFP=時事】米カリフォルニア州サンディエゴ近郊の住宅街で8日正午(日本時間9日早朝)ごろ、米軍のFA18ジェット戦闘機が墜落し、3人が死亡し、1人が行方不明となっている。(写真...

配当の分離課税は、金持ち優遇

 9月中間配当の支払を受けた人もいるだろう。  ある人が、500円の株を2000

国民の政治意識を喚起できる政治家を選ぼう

自由民主党政権の支持率が低下したことが報じられたが、同時に民主党の支持率も向上しないということも示されている。日本の政治がこれほど混迷状態にあることは何が原因だろうか。私は国民の政治意識の反映と捉えられると思う。 国民がすべてお任せ主義できたことのつけ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

支配層の悪事/悪企みに一般市民はまたしてもなす術なし...
だが、こうして張本人の名前を特定し、写真を晒すことは非常に大切だと感じる。
顧客のクレーム対応をしていた人が「けちょんけちょんにやられても、会社に向かって言ってんだと思えば大して腹も立たない。逆に"怒ったら負け"っていうかァ(笑」と言っていた。
情報操作に余念がない新聞社/TV局についても、偏向報道を具体的に指示している者たちを逐一炙り出していくべきだと思う。

原っぱ

夢のなかの原っぱに
たったひとり立っています
もう誰だったかわからなくなってしまった
きみの姿を待ちながら

どこへ通じているのか
どこからやってきたのか
わからない道が一本

その道のすぐ側には
青空を写す池がひとつあって
それはまるで
なんでも写す魔法の鏡だったから

気づかずに裏切ってしまった人を
思い浮かべています
池一面の水草よりも
頼りなげにゆれながら

どっちへの方へいくべきなのか
わからなくなってしまったので
風と一緒に
原っぱに立ちつくしています

あいかわらず

農林中金の噂は聞いてたけど、
自民党らしいやり方ですね。

ホント、庶民の敵としかいいようがないです。
そして、日本の未来は暗いです・・
民主党も微妙ですしね。
自民党と政権再編なんて言ってるし、
自民党のスパイ的人材も党内に多いし。

ちなみに私も木の家が大好きで、
数年前から自然素材の健康住宅にすんでます。

ここ↓に依頼しました。
http://www.kobajyu.co.jp/
社長さんが相当、木が好きなので、
時間があったら見てください。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg