2009-01-02(Fri)

世界中の子どもたちが笑う日は・・・

♪世界中のこどもたちが
  一度に笑ったら
  空も笑うだろう
  ラララ海も笑うだろう
      作詞 新沢としひこ
      作曲 中川ひろたか

しかし、2009年は残念ながら血塗られたニュースで始まってしまった。
パレスチナのガザでは、毎日何人もの子どもが殺されている。

ハマス有力幹部、イスラエル軍空爆で死亡
2009年01月02日 AFPBBNEWS

イスラエル-ハマス双方とも48時間停戦拒否
2009年01月01日 IBTIMES

2090102.jpg

イスラエルの暴挙は、世界中の人々の非難を集めながらも、まったくためらうことなく続けられている。
こともあろうに、年末年始をねらって行われた爆撃は、1月9日と20日に向けられているのだろう。

1月9日は、ファタハのアッバスが任期満了になる日。20日はもちろんオバマの就任式だ。
イスラエルにとって最悪のシナリオは、パレスチナの選挙が行われて正式にハマスが権力を握り、それをオバマが追認(または黙認)する、というものだろう。こうなれば、イスラエルは消滅とまではいかなくても、相当大幅な後退を強いられる。限定された地域に、軍事的に手足を縛られて閉じ込められるような形になっていく。長期的には消滅に近いかもしれない。

そんなことをさせてたまるか、というイスラエルの悪魔的なあがきが、今回の爆撃に他ならない。
イラクとアフガンの泥沼に加えて、経済危機という爆弾が破裂したアメリカは、これ以上の戦線を維持することはできない。だから、オバマはイラクから撤収し、イランとは話し合いをするといっている。
イスラエルは、そのアメリカンの足下を見て、無理矢理にでも戦争に引きずり込もうとしている。
そして、それが嫌ならイスラエルの支援を続けろと、強引に迫っているのである。

オバマは、実際のところ困り果てているのだろう。
この一大事に対して、なんのコメントも発していない。
黙認しつつも、ブッシュ政権のようにはっきりと支持もしていない。

フランスは、アラブ地域での発言権を強めようと盛んに動き回っているが、何の成果もなく終わっている。
日本の麻生くんに至っては、おざなりな電話でイスラエルにバカにされ、世界中の笑いものだ。
ただ、サルコジの仲裁の失敗で明らかになったのは、停戦のためには「イスラエルがガザの封鎖をやめればいい」ということだ。
ガザのパレスチナ人を兵糧攻めにするような、卑劣きわまりないことをやめれば、ハマスも停戦する、と言っている。
要するに、直接的な今回の爆撃の原因は、イスラエルによるガザの封鎖だということだ。

日本の海と空が封鎖されたと想像してみよう。
あっという間に食料は無くなる。輸入も輸出もできないのだから、ほとんどの工場はストップ。
その惨状を世界に知らせるジャーナリストの入国すらできない。
それでも、日本ならばまだしも田畑もあるし山も海もある。しかし、ガザという小さい地域が孤立して、どうやって人が生きていけというのか。ここまで持ちこたえているだけでも奇跡的だ。


いったい、どうしたら世界中の子どもたちが一度に笑う日が来るのか。
私には皆目わからない。
目の前の子どもの笑顔はかわいい。泣き顔ですらかわいい。
でも、それはとりあえずの平和があるからだ。
もし、日本が戦争になったとしても、大人は自業自得ともいえなくもない。
労働組合すらバカにして、たたかうことをやめてしまった報い。抵抗しなければ生きていけないということから、逃げてしまった報い。
しかし、子どもには何の責任もない。業は無い。

子どもは笑って生きる権利がある。というか、そういう生き物だ。
だから、本当は、世界中の子どもたちが一度に笑うことなんて、実に簡単なことなんだと思う。
なにもせず、見まもっていればいい。
かってに笑い、かってに泣き、ふとした拍子に世界中の子どもが同時に笑う瞬間がくるだろう。

海も空も共鳴し、山や河もざわざわと響き合う。
その瞬間がくることを、信じ続けたい。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主政治を取り戻す統一と団結の取り組みを

非権力側が圧倒的に弱い状態にあることを、現在の非正規労働者の解雇問題が示しているが、この問題に関して野党が団結して非正規労働者の雇用と住宅確保のための国会決議案を提出することが決まったことは、非権力側が団結するという機運となり大変歓迎すべきと考える。 ...

新年、そして・・

 開けましておめでとうございます。  本年も宜しくお願いいたします。  言うまでもなく、大変な1年が始まったが、企業を解雇された人たちからすると新年どころではないだろう。昨年の暮れから間断なく寒さに耐えている人たちが増加し、各地の公園の炊き出し行列に胸が...

えっ、派遣社員の割合、日本が30%以上に対して米国でさえまだ10%以下なんだ。加藤登紀子の派遣村速報YouTubeで。

 なお、加藤登紀子BLOG。  4分50秒からの若い労働組合員と話している部分がとてもいいです(それにしてもこの若い人は男前だし、落着いた感じで随分しっかりしてるなぁ、)。その中で、「小泉首相の時に派遣社員の枠が広がりましたよね、世界で一番(悪くなり)30

イスラエル軍によるガザ空襲地上侵攻は、虐殺。

 毎日新聞によると、  イスラエル軍は、年末の27日から、9日連続の空爆で、ガザ

ガザ危機についてのブッシュへの手紙

2008年12月31日 ラルフ・ネーダー ジョージ・W・ブッシュ様 下院議員のバ

爆弾の雨の下にはパレスチナ人の生身の生命

日本が支持するアメリカが支持するイスラエルがガザに降らせる爆弾や弾丸の雨の下にはパレスチナ人の生身の生命があります。 この一行で...

イスラエルによるガザ侵攻を弾劾する!

すでに多くの方がご存知であり、心をいため、怒りにうち震えている人も多いと思う。重

2009 平和への想い

みなさま あけましておめでとうございます。 ご訪問頂き、コメントやTBをお寄せ下さった皆様に感謝いたします。 今年もボツボツやっていきますので宜しくお願い致しますm(_ _)m 今年のウィーン・ニューイヤー・コンサートを振ったのは、ダニエル・バレンボイムさん。 ...

米国猿まね自民党がお手本とする米国の現実、南カリフォルニア、掘立小屋とテント村。(映像が予言する自公政治の未来)

関連2009-01-04 「国家理性」を詐称し「雇用切り派遣村」(Jap. Shanty Town)を創った「小泉純一郎・竹中平蔵改革」の罪と責任http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090104 Southern California Shanty Town / Tent Cityhttp://jp.youtube.com/watch?v=jmeHiFZUWtE patric...

民主主義擁護の旗を明確に掲げよう

私は極めて特殊な条件下に置かれている。ある種組織の包囲網の中で、自宅侵入や毒物を盛られるような攻撃を受けながら、包囲網の突破がなかなかできないという、ここは法治国家かと思うような状況である。 このような状況がなぜ生まれたか、私はたまたま特殊な人間のそば...

元旦の昨夜、派遣村を見てきました。一人突然倒れた人がいたけれど、その後どうなっただろう、。

 なんでも一番厳しい時間、状態の時を見ないと実状を実感を持って分からないと思っています。昨晩は本当に冷気が地面からしんしんと伝わってくる感じで寒かったです。まるで足もとから自分が凍りついてしまうかのようなです。  もともとの公園に野宿していたホームレス

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>制裁を加え
具体的には?もちろん非暴力非武力でしょうから。

イスラエルを弾劾する

こんばんわ。イスラエルを弾劾する記事を書きましてので、TBさせていただきます。
イスラエルの暴挙に対する怒りを共有し、1人でも多くの人が戦争に反対する意思をしめすべきだと思います。

No title

努力する気持ちだよ。
気持ちだけの方が、下手な行動より世界をきちんと動かす。

イスラエルの姿=現政権

世界すべてに自由を

管理人さんに同意です。
この間にも言論の自由のない国では
政治犯という名で弾圧され命を落とす人までいる、
国連はこのような国に制裁を加え彼らを一刻も早く
救う使命がある。人権が世界すべてで実現する日が
くるのを願います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg