2009-05-17(Sun)

豚風邪の街から

42人中3人の患者が住んでいる吹田市から中継でお送りします。
って言っても、別に何もないんだけれど。

ただ、学校も幼稚園も保育園も休みなので、商売があがったりだ。カミさんと半分づつ休んで子どもを見ておかなくてはならない。おとなしい子ならば、見ながら仕事もできるかもしれないが、うちの子に限ってそんなことはない。

たしかに感染力は強いようだし、診断された高校生は治りかけのころに発見されているから、もうどれだけ広がっているかわからない。たぶん、豚インフルエンザにかかっても、普通の風邪と思って既に直ってしまったという人が相当数いるのではないだろうか。
まあ、普通のインフルエンザくらいのつもりで、構えてはいる。
だいたい、例年ふつうのインフルエンザでも予防注射なんてしたことない。ワクチン学者の書いた記事などを見ると、ワクチンは熱消毒できないから衛生的な問題もあるとか。

そういえば、テレビで官房長官の河村君が異様なことを言っていた。今日の日曜討論(NHK)の一部が流れていたのだが、そこで河村君曰く、「秋にもう一度流行るかもしれない」「それに備えてワクチンの製造を急ぐ」と。

なんで、一度収束して秋になって再流行するなんて、神様にも分からないようなことを河村君は予想できるのだろう??
NHKのホームページで動画配信されているが、その部分はカットされている。
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013023101000.html

なんだか、何かに踊らされているような、変な感覚がずっとつきまとっている。
一週間も都市機能が停滞すると、タダでさえしんどい中小企業の中には致命的なダメージを受けるところもあるだろう。ウチだって人ごとじゃない。

だけど、「安全」をネタに脅されると、誰も抵抗できない。
これは大震法(大規模地震対策特別措置法)なんかも同じだけど、安全を錦の御旗にして個人の人権を大幅に制限するというもの。一種の有事立法だ。

今のところ、学校関係以外は表だった動きはない。買い物に行っても、マスクをしているのは3人にひとりくらい。おそらく、明日からの子どもとの籠城生活に備えて買い出しに来たと思われる買い物客で、スーパーは結構混み合っている。
吹田市のホームページは、おそらくアクセス殺到しているらしく、ダウン寸前だ。40年前の万博以来、吹田が全国区になってしまった。住民としての要望を言わせてもらうと、不便なので遠くの人はアクセスせんといてほしい。

ちょっと驚いたのは、小学校からはオフィシャルな連絡がないこと。どうやらPTAのほうが学校より偉いようで、PTAの連絡網でことを済ませている。保育園や学童保育はちゃんと先生が電話してくれたし、父母会の連絡もあった。
ここの学区は地域のボスが異様に強力なので、たぶん他の学校では違う対応をしているのかもしれない。

ちなみに、ウチから徒歩5分のところに例の橋下君(いわゆる知事)のマンションがあるが、今日は前を通らなかったので様子は分からず。ちゃんと爆心地に帰ってくるのだろうか。

などなど、豚風邪の震源地でなにか変化があればまた報告します。





関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヤップのウミウシもびっくり、怪しい「新型」インフルエンザ報道

また突飛なタイトルですんません。 まずはびっくりしているヤップはナマコヘブンのウミウシたちをご紹介しておきます。上から順にシライトウミウシ(Chromodoris magnifica)、アンナウミウシ(Chromodoris annae)、キヘリクロスジウミウシ(Chromodoris elisabethina)...

我決意す、ゆっきーとともに腐りきった政治の大掃除をせん!「愛は勝つ!!!」たとえ軟弱と笑われようとも(^^;(汗)

 ゆっきーと共に政治の大掃除だ!  断固として!   ↓クリックすると、KAN 愛は勝つのYou Tubeに飛びます。   ★倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1、その2、その3、その4、その5、その6、その7。人生の扉 昴 春よ、来い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

それにしてもすごいね豚インフル。
おかげでケケ中や森田は衆目を集めることなく枕を高くして寝られるわけだ。
しかも売国フジTVは、たけしのアンビリーバホーで魚に病原菌と騒ぎ立てるし。

鳥インフルで鶏を買い控えさせ、
豚インフルで豚買い控えさせ、
反捕鯨で魚の量を減らし、
魚のばい菌で魚を買い控えさせ、
残った食い物は何?ずいぶん都合よく残って大もうけだよねえ。

世界最大のテロ集団ってどこ?

No title

戦争犯罪人と、罵られている、ラムズフェルドさんは、タミフルの会社の大株主でしたね。彼は、ベトナム戦争のときの枯葉剤を、製造していた、モンサントの大株主でもあります。モンサントは、現在は、遺伝子組み換え食品を作っています。イラクやアフガン戦争のときのアメリカ、拉致問題のときの日本など、普段、平和を語っている人も、”有事には、政府の批判をしてはいけない”、と、あっさり物分かりが、よくなります。政府にとっては、心強い限りだと思います。お金のため、戦争を起こし、たくさんの人を殺した人間が、病人を救うために、タミフルを開発した、と発想できる人が、ぼくは、信じられません。

昔、

昔、私も吹田市民で、江坂に住んでいました。
当時、江坂は、大阪の街中と違っ雰囲気があって、私にはお気に入りの住まいでした。
吹田市役所にも何回か行った記憶があります。
そうですか、ブタインフルエンザの震源地になってしまいましたか、政府の具体的な行動指針の無いまま、感染拡大の報道ばかり目に付いては、国民は、府民は、住民は、混乱するばかりですね。
政府は、秋頃には、個人を特定して、メールで行動抑制することも考えているようですから、何に利用するのかも注意が必要ですね。
今回のブタインフルエンザは、人工的にしか出来ないのではとの研究者の疑問もあり、目的は何???とも思えますね。感染力が強く、毒性は弱いなんて、製薬メーカーにとっては、神風のようなウイルスですね。
なんだか「ナイロビの蜂」という映画の世界と似ています。問題提起した研究者が、映画のように、不審な最後を迎えないように祈るばかりです。

ウィルス対策はお茶でうがいをすること

テレビや新聞の豚インフル報道には異常に映ります。

さて、豚インフルには緑茶でうがいをするのが一番と、知人の飯山さんが本日の記事「インフルエンザ・ウイルスを完全に撃退する方法!」で述べています。参照願います。
http://www.geocities.jp/o1180/


********************引用開始
 きょうは,効くか効かないか? あやふやなタミフルなんぞ足元にもおよばない…,
インフルエンザ・ウイルスをバッチリと撃退する “お茶の効能” を科学的に説明したい.

米軍生物細菌兵器盗難とばらまき説

題名のとおり。

http://alcyone.seesaa.net/
右翼のwebですが、<低気温のエクスタシー>に生物細菌兵器の盗難行方不明事件のニュース、および豚インフルエンザのばら撒き説、のニュースがアップされている。大分過去になった。さかのぼって下さい。

また、最近では豚インフルエンザの遺伝子が人工的なものだとの報道があり、これをどこぞが猛烈かつ即時的に否定するコメントを発表した(ニュース)。

ますます怪しい。

マスク業者と、薬業者にとっては恵みの雨。世界的不況対策の謀略か。

週刊金曜日09.05.15号記事より

危機を煽った政府

-豚インフルエンザは「ソ連型」と呼ばれるH1N1のA型で、これが弱毒性であることは広く知られている。したがってこれを危険視するウイルスの専門家はごくわずかだった。
ところがその数少ない例外が、ほかならぬ国立感染症研究所・インフルエンザウイルス研究センターの田代眞人センター長だった...鳥インフルエンザの流行時には、「フェーズ6」=パンデミック(世界的大流行)になると触れ回った人物でもある...田代氏らがパンデミック危機を説く際、必ず「スペイン風邪」を例に出すことに批判が多い...新井秀雄氏(元国立感染症研究所の主任研究員)も、「社会的インフラが桁違いに改善され、下水道をはじめとする衛生状態、栄養状態も良くなっている現代と、九〇年以上前の時代を同一線上で論じる根拠は何なのか。さっぱり分かりません」と、田代論が拠って立つ根拠の脆さに困惑する-

本当に怖いのは新・新型

-本当に備えるべきウイルスの出現を示唆するのは、永井美之センター長だ。(理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センター)
「...豚が鳥インフルエンザに感染すると、インフルエンザは豚の体内で自由に遺伝子を交換することができる。そうすると、人間がいまだ免疫を持たない、フルモデルチェンジされたウイルスが新たに生まれる可能性があります。これに対しては本当に警戒する必要があります」-

あくまでも仮説

実は「豚インフル」は、今回の上陸以前よりももっと前から、日本国内に居たのではないかと…

メキシコで発生したという事になっているが、実はアメリカがメキシコにおっ被せて、WHOが動き出してから、日本も「水際防疫」をし出した。
そして、「国内で渡航暦無いが新型罹患!」と騒ぐ。

いきなり大阪で100人規模の感染が出るってのも、ミョーな話ではないかな、と。

新型発生の報が出る以前の、「A型」と診断されたインフルの内、実はすでに「新型」だったものが有るのでは無いだろうか?

念押しですが、仮説です^^;

気づいたこと

初めまして、
書かれていた内容につき、二点意見を書かせていただきます。

>そこで河村君曰く、「秋にもう一度流行るかもしれない」「それに備えてワクチンの製造を急ぐ」と。

これは一般的にインフルエンザというのは気温や湿度の関係で冬季に爆発的に流行するのが通常で、北半球では夏季にはやや落ち着き、秋以降に大流行するのでは、といふうに私には聞こえました。

また現在発症している患者の症状から見て弱毒性だが感染力は強い、と見られていますが、スペイン風邪の流行パターンから言えば、途中で強毒性に変異する可能性が恐れられており、それまでに蔓延を少しでも引き伸ばし、ワクチンの開発を急がれたい、という希望的観測もあるのではと思います。

希望的な観測はないよりはあるほうが、国民としては安心ですよね。

実際にどうなっていくかは、まったくわかりませんが、公的機関がある程度予測を立て、方針を出すことはとても重要です。


もう一点、
>ちょっと驚いたのは、小学校からはオフィシャルな連絡がないこと。どうやらPTAのほうが学校より偉いようで、PTAの連絡網でことを済ませている。

通常小学校の電話というのは、2回線程度かと思います。一つはFAX兼用でしょう。
このような刻々と状況が変化して自治体や教育委員会から指示が再々あるような場合は、学校から各家庭へすばやく連絡を取るのはとっても大変なことです。
実際、通常の連絡網でも、学校の電話では間に合わないから、教員が自分の携帯を使って自腹で連絡なんてこともよくあるらしいです。
とりわけ、通常ではない事態のときには、PTA組織が自治体や市教委と協力体制をとるのが全体をスムーズに動かすと思います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg