2009-05-20(Wed)

岡本太郎の貫いたもの

全国不登校新聞社 というのがあるらしい。その新聞は読んだことないが、その新聞社が出している「この人が語る『不登校』」という本を見つけた。その中に、岡本太郎の養女である岡本敏子さんのインタビューが載っている。

- 岡本太郎の貫いたものはなんだったのでしょうか

 とにかくゆずれないものがある。理屈じゃない。概念でもない。本能的にどうしてもゆずれないものが、何かある。(略)結局それは、自分の神聖感なのね。自分のなかに火が燃えているという。


これだけでも、なにかガーンと来た。さらに続く。

 だけど、それを守ろうとすると、弱くなってしまう。むしろ自分でそれを殺してやる.そう思ったときに、はじめて強くなって、社会に対して闘っていけるようになった。(略)あるとき、絶対自分を守ろうとしない、こうやったら死んじゃうというほうに賭けると決心したそうです。それが方法論だと言っていました。

す、すごい。すごすぎる。

 ノンと言い続けることが存在のアイデンティティーである。それが正しいか正しくないかじゃない。自分はそれをやると決めたわけです。無目的に。こうやったら上手くいくというほうには賭けない。
(略)あるときふっと弱気を出して、今回はちょっと有利なほうにと思ったりすると、もうそれで全部終わりなんだぞと、岡本太郎は言っていました。
 自分を大事にすると、逆に自分をどんどん弱くしちゃう。それで生きていたってなんの意味もないじゃないか、という。


これは、打算や損得を考えないということとは、違うレベルの話なのだろう。
よく人をが「輝いている」という言い方をする。オーラが出ているなんて言うこともある。
タダの見間違えも非常に多いけど、本当にスゴイと思う瞬間もある。スポーツが分かりやすい。例えば、トリノオリンピックのときの荒川静香。もっと古い話なら全盛期の王貞治。

岡本太郎にしてもプロスポーツ選手にしても、桁違いの人だから、と片付けてしまいたくない。とても及ばないけれども、この言葉を聞いたときの痛みと爽快感は、ここ1年くらいの憂鬱感を吹き飛ばしてくれた。楽しい虚しさというか、自分の足で立つ覚悟というか、そんな軽やかな気分を久しぶりに連れてきてくれた。


話は政治の世界にぶっ飛ぶ。私が小沢一郎にエールを送り続けたのは、もしかしたら、政権交代に執念を燃やす姿に、この手のすごさの片鱗を感じたからかもしれない。もちろん、打算も計算も手練手管も金勘定もしっかりあったはずだ。でも、そうしたことを手段としながらも、政権交代という、戦後政治のなかで誰ひとり真剣には考えなかったことに突き進む姿に、やはり感動したのだと思う。

それは、小沢一郎の人格がどうこうとか、政策がどうこうとか、思想がどうこうといったこととは別次元の話だ。これまで記事を書いたりしているときには、そんな風に思っていなかったけれども、今にして思えばそういうことだったような気がする。

残念ながら、どの政党を問わず、他の政治家にそんな迫力は感じない。
ま、弱気と保身に翻弄され尽くした私が偉そうに言うことではないけれど、せっかく読ませてもらった岡本太郎の言葉を、ちょっとでも自分の胸の中で響かせたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネット者は起ち上がり、声をあげ、スクラムを組む

一週間前に「「主権者の会」稼働しました。」の記事をアップしました。 「掲示板は設

マスゴミ騒いで虎を為す?

 「三人言いて虎をなす」  この言葉通り、どんな嘘や言いがかりでも、多数の人間が大音量で宣伝し続ければ、真実らしく思えてくるというも...

「裁判員制度を問い直す議員連盟」に共産はなぜ参加しないんだろ?まるで現代版徴兵制みたいな義務強制問題山積の制度なのに。

 まず、今日行われた 「裁判員制度を問い直す議員連盟」総会のインターネット中継です。不思議なことに共産党議員の顔が見えません。 無料放送中 「裁判員制度を問い直す議員連盟」総会 (64分)http://www.videonews.com/asx/press/090521_saibaningiren_300.asx ※メ

再開128回目 ピースボートのマカフシギ

 ピースボートが非常に笑える事をしでかしてるようで。  最初は「何考えてんだ」とその言動・態度に怒りと不信感を強めたおいらですが、今はこれを「どうやってネタにするべ?」と悩んでる最中です。  何はともあれあれです。 「なんでそんな危険な所を航海するん

国替え、小沢氏になお待望論 東京12区、都議選候補ら

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009052001000938.html 「東京12区は小沢さんで勝負しよう」。 次期衆院選で民主党の小沢一郎代表代行の選挙区が決まらない中、同党の東京12区総支部の副代表を務める都議選候補者の決起集会が20日、北区で開かれ、公明党の太

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

小沢が危険視され、嫌われるのは、言ったことをホントにやっちゃう「政治家にあるまじき態度」と、さんざん世話になっておきながら、政策実現のためなら躊躇せずに袂を分かつ「公私のけじめ」のせいでしょう。

「強く生きる言葉」(岡本太郎著)より

しあわせなら手をたたこう

昔、"しあわせなら手を叩こう"という歌がはやったことがある。
若い連中がよくその歌を合唱して、"手を叩こう"ポンポンなんて、
にこにこやっているのを見ると猛烈に腹が立って、
ケトバシてやりたくなったもんだ。
ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。

 *

アキラメロ

ぼくは口が裂けてもアキラメロなどとは言わない。

 *

ところで、聞こえてくる自公の「小沢院政」批判。散々「空爆」しておいて、「ゲリラ戦は卑怯だ!」と。
誰がまともに聴くのか?! 底なしのニブさである。いつだったか、こんな話を聞いた-中南米のゲリラのリーダーは常に人の先頭に立つ。その人間が倒れれば2番手が指揮をとる。そうして最後の1人まで闘い続けることになる-
どうかその心意気で民主党にも闘って頂きたいと思う。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg