2009-08-27(Thu)

副作用には保障するって?

新型インフルエンザの急造ワクチンで大もうけしたい連中が、わっさわっさと騒ぎ出している。

通常は、ワクチンを製造するだけでも、ウィルスの発見から半年かかり、それから治験をして、ある程度の安全性を確認してから、人間に注射される。

しかし、今回の急造ワクチンは、とりあえず作って、ほとんど治験もせずに、いきなり数千万人に半強制的に打ち込まれようとしている。

治験は、通常5年ほどかかるものを、わずか100例程度を速効でやるという。
それも、輸入品だけで、国産のものはフリーパスだ。

国内で必要とされるワクチンは5300万人分。国内メーカーが年末までに製造可能なのは1300万~1700万人分にとどまり、厚生労働省は、不足分を欧米などの大手ワクチンメーカーから輸入する方針だ。しかし、海外製ワクチンにはワクチンの効果を増強するため、国内製にはない添加物が含まれており、予期できない重い副作用が起こる可能性が懸念されている。
2009.8.27 読売 

舛添要一厚生労働相は27日、新型インフルエンザ対策について会見し、海外からワクチンを輸入する場合に、小児らを対象に国内で最低100例程度の臨床試験を実施する考えを示した。
2009.8.27 毎日 

通常のインフルエンザのワクチンでも、毎年100~200例くらいの副作用が報告されている。
厚労省に正式に報告されたものだけだから、実際はもっと沢山あると思われる。

たとえば平成19年度は、2257万本のワクチンを使って、副作用の報告件数122例。うち、死亡が4,後遺症が5,未回復が11、不明が10,回復が92。

ところが、死亡した4人全員と、後遺症の残った5人中3人は、

「情報不足のため,インフルエンザワクチン接種との因果関係は評価できない。」

という検討結果であり、要するに よくわからないね~ という結論なのである。

また、副作用を否定できない という見解になっているものは、その症状が副作用として知られているから、そう判断されているのであって、新型ワクチンのように、どんな副作用がでるか分からないものを、どうやって判断するのだろうか。

つまり、注射した目の前でぶっ倒れて死なない限り、「良く分からない」 ということにされてしまい、補償なんて出ないということだ。
原爆の被害を認定するのでも64年もかかる国だなのだから、推して知るべしである。

(独)医薬品医療機器総合機構 のホームページにある 医薬品・医療機器等安全性情報  の毎年の報告の9月号か10月号に、前年度のレポートが出ているので、ホンマカイナと思われる方はどうぞ。

こうした、急性の副作用以外にも、ワクチンには、いろいろな問題点が指摘されている。
水俣病で有名な、有機水銀を使っているというのも、その一つだ。
保存料として有機水銀のチメロサールというのを、一本に10μgほど使っているそうだ。
毒性についての証明はされていないが、気持ちが悪いのはたしか。

なによりも、本当に効いているのか? ということ。

学校での集団接種が1962年から、予防接種法で義務になったのが1976年、任意接種となったのが1987年、集団接種がなくなったのが1994年。では、それだけやっていれば、インフルエンザは激減したかというと、ぜんぜんそんなことはない。

influenza1.gif
日本消費者連盟HPより)

この表を作成されたの山本英彦先生(大阪赤十字病院・救急部長)の論文に、非常に詳しく説明がされている。

インフルエンザワクチン効果にエビデンスはあるか?

また、ワクチンを作っている北里研究所の関連である北里大学の学長室通信にも、こんなグラフがあった。

influenza2.jpg

ワクチン注射をしていることと、欠席数には、なんの関係も見られない。

国も製薬会社も、胸を張って有効だと言い張る従来型のワクチンですらこの有様だ。
一体全体、急造で100例しか治験もしない新型ワクチンをうったら、どんなことがおきるのか。
実は、誰も分かっていないのかもしれない。

だから、

舛添要一厚生労働相は26日、新型インフルエンザのワクチンについて専門家らとの意見交換会を開き、ワクチン接種により副作用が生じた場合の補償金の増額や、ワクチンメーカーの責任を問わないようにするための法改正を検討する考えを示した。
2009.8.26 時事通信 

補償は、自力で「副作用であること」を証明しなければもらえないけれども、メーカーの免責はなにもしなくても100%有効だ。

マスゾエが政権交代前に、製薬会社のためにヤリ逃げしようとしているこの特措法は、補償免責の特措法なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワクチンに関して私の考えた仮説

前記事の続きで、はじめの方の引用文中にある 「予防接種では、なぜ十分な低抗力がつかないのか。ワクチンが働くメカニズムと関係します。...

インフルエンザ予防接種の強制

今日の田中宇さんの「インフルエンザ強制予防接種の恐怖」を見ると、恐るべき政財(製薬会社)界の様相が描かれていた。 豚インフルエンザの現在の全世界で確認されている死者は500人程度、感染者は9万人程度で、毎年やってくる季節性の一般的なインフルエンザによる

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ワクチンは本当に効果あるのか?

コメ、ありがとうございます。

このグラフも大変興味深いデータですね!
(強制接種がとりやめになった94年に関しては、もしかしたらワクチン接種の効果を思わせるために故意にウイルスをばら撒いたような可能性もあるかもしれないですね)

私は正直、一般の政治ブログのほとんどは、最も重要なことには触れようともせずマスゴミの後追い記事のようなのばかり書いていて、政府公式文書はじめいかに確かな証拠があってもそういうことにはまるで見向きもしないばかりか逆になんの根拠も示さずに一方的に否定・隠蔽しようとするところが多く、おそらく工作員らのやってる物が多いんじゃないかと思っています。

そういった中にあって、貴ブログではだいぶ前にもたしかHAARPのことを一度とりあげておられた記憶があり、政治ブログの中では一目置いている数少ないサイトの一つです。

これからもぜひ、一般メディアや政治ブロガーらが取り上げることのない、本当に重要なことを伝えていただけることをねがっています。

これが最重要の問題なのかも・・

そう思ったので僕のいくつかのブログ・HPに書き込みを。日本最高の国際政治学者田中宇さんのブログ記事がとてもわかりやすい。

    ことば (十代に最初に作った詩)

ことばは 
寄せては返すさざ波の繰り返し
ことばは 
蓑虫を樹に吊るす一本の糸
ことばは 
裂けたぼくの額からひたたる血の温もり

だれもが
ことばのために不幸になってゆく
誰かから強制されたことばの呪縛から
ついに抜け出せないままなのか

ぼくもまた
ことばのひとつになってしまうのか

それとも
多くの屍を乗り越えて
風が自在に行過ぎる荒野で
ほんとうの青空を見上げながら
立ち尽くしているばかりなのか

◆勇気を与えてくれるものがこそが大事なんだと思う。
詩では金子光晴の「反対」ー

    反対    金子光晴

僕は少年の頃
学校に反対だった。
僕は、いままた
働くことに反対だ。

ぼくは第一、健康とか
正義とかがきらひなのだ。
健康で正しいほど
人間を無精にするものはない

むろん、やまと魂は反対だ
義理人情もへどが出る。
いつの政府にも反対であり、
文壇画壇にも尻を向けてゐる。

なにしに生まれてきたと問はるれば、
躊躇なく答えよう。反対しにと。
ぼくは、東にゐるときは、
西にゆきたいと思ひ、

きもの左前、靴は右左、
袴はうしろ前、馬には尻をむいて乗る。
人のいやがるものこそ、僕の好物。
とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ。

僕は信じる。反対こそ、人生で
唯一つ立派なことだと。
反対こそ、生きていることだ。
反対こそ、じぶんをつかむことだ。

◆歌では井上陽水の「青空一人きり」(リンク集を)

◆歴史的には、坂口安吾。
どうしてかまだ「青空文庫」にアップされてないけど・・
◆ファンタジーでは、宮澤賢治と「ゲド戦記」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg