2009-10-14(Wed)

イランの核施設問題はイスラエル対策か

オバマは9月25日に、イランのウラン濃縮施設計画について、このように非難した。

「イランは警告されている。国際社会はイランの核開発に反対することで一致している」
(2009.9.26 CNN)

問題は、ふたつある

1.本当に核兵器開発なのか?
2.本当に「秘密」開発だったのか?

本当に核兵器開発だったのかどうかは、IAEAの査察を待たなければ分からないが、この時期にエルバラダイから日本の天野之弥に変わることの意味は大きい。

エルバラダイは、イラクの大量破壊兵器について
「われわれの査察は順調に進んでおり、さらに査察を進めることを許されるべきだ。」
「イラク側の積極的な協力があれば、IAEAは数カ月後に、イラクには核兵器開発計画がないと断言できる。」
と、冷静な発言をしたが、それを無視してアメリカは戦争に突入した。

結局、大量破壊兵器などなかったのは今や周知の事実である。

そして、イランについても、エルバラダイは冷静である。
このアメリカから見れば「融通の利かない」エルバラダイから、これまでアメリカのポチとして生きてきた日本の外務官僚に変わる。

一般人の目には、核兵器開発なのか原発の開発なのかなんて、わからない。
査察の結果がクロと言えばクロに見えるし、シロと言えばシロに見える。
シロに近いグレーと言ったイラクの時ですら、マスゴミの大合唱でクロにしてしまったくらいなのだから。

という筋書きを想像していたら、査察は思ったより早く進むようだ。
既にエルバラダイはイランに飛び、10月25日には査察が始まるという。
中国もロシアも、今回に限っては、何の抵抗もなく査察に同意している。

本当に核兵器の開発なのだろうか?


「秘密」だったのかどうかは、割とはっきりしている。

実際は、このウラン濃縮施設は「発見」されたものではなく、イランがIAEAに申告したものだ。9月21日に申告したモノを、25日になって急に「発見した」「警告する!」と大騒ぎしているのである。
イランも、同じ25日にはIAEAの査察に応じる大統領が表明し、いわば何の問題もない。冷静に見れば。

そもそも、IAEAのルールに違反しているということからして、言いがかりにすぎないようだ。
マスコミに載らない海外記事さん から引用する。

イランは、保障措置協定を遵守していないという、オバマ政権の主張はデマだ。2004年末から2007年始めにかけ、批准されることもなく、保障措置協定の一部にもなっていない追加協定(Code 3.1)を、イランは自発的に遵守していた。この追加協定は、新施設の建設を開始する前に、イランが、国際原子力機関に通知することを求めるもので、一方、現在有効な保障措置協定は、新施設完成の前に通知することを要求している。批准されていない追加協定への自発的な遵守を、イランは2007年3月に停止したが、それはアメリカとイスラエルによる、イランの既存施設に対する不実表示や、それらに対する軍事的脅威が原因だった可能性が高い。
(引用終わり)

完成の半年前の申告義務に対して、1年半前に申告している。
07年3月以前に計画していたとしても、それは自主的なもので、批准していなかったのだから「違反」ではない。
批准していなくても違反なのならば、イスラエルやパキスタンはどうなるのか。

要するに、なんでもないことを、皆で声をそろえて大騒ぎしている、という印象を否めない。


と、ここでイスラエルという名前を書いて、はたと思った。
この一連の大騒ぎは、イスラエル対策なのではないか と。

暴発寸前のイスラエルを押さえ込むために、わざとイランに言いがかりをつけ、制裁を強化するようなことを言っているのではないか。
オバマの進めてきたイランとの対話路線に対して、イスラエルは爆発寸前だった。

直前の経緯をたどると、こんなことがあったようだ。

イスラエルに核査察受け入れ求める IAEA総会、決議案採択
2009/09/21 日経
IAEAは18日の総会で、イスラエルの核の能力に「懸念」を表明し、査察受け入れを要求する決議案を過半数の賛成を得て採択した。米国や日本などは反対したが中国、ロシアや多くの途上国が支持に回った。

ことの始まりは、イスラエルに対するIAEAの査察決議だった。
周知のように、イスラエルは、イランを非難しながら、自分は査察の受け入れもしていないし、条約の批准ももちろんしていない。
とうぜん、この決議には「協力しない」と突っぱねた。

条約に加盟している上に、すぐに査察の受け入れを決めたイランとは大違いだ。
このままでは、大変なことになるので、ロシアが仲裁に入った。

イラン攻撃を否定 イスラエル、露大統領に
2009.9.20 産経

ロシアのメドベージェフ大統領は米CNNテレビに対し、イスラエルのペレス大統領が会談でイランへの軍事攻撃の可能性を否定したと述べた。大統領府が20日、インタビュー内容を公表した。

こうしてメドベージェフが、「イスラエルはイランを攻撃しない(から査察に協力しなくてもしかたない)」と発表した直後に、メドベージェフの顔をぶっつぶして、こう宣言した。

必要ならイラン空爆辞せずと、イスラエル軍参謀総長
2009.9.22 CNN

日本の新聞は、「攻撃しない」ほうのニュースは流したが、「空爆辞せず」のほうはスルーした。
CNNやロイターはこれを大々的にとりあげ、そして25日のオバマの「核施設の非難」へとつながっていった。

このままでは、イスラエルがイランを攻撃してしまう。さもなくば、オバマ暗殺という事態も考えられる。
そんな危機感のなかで、おそらく、今回のコム核施設の事態は引き起こされている。

経済的にもG20体制に移行しつつあるなかで、欧米もイスラエルをかばいきれなくなっている。
かといって、今、イランと戦争を始められてしまったら、アメリカはお手上げだ。
対応する力は残っていない。
泥沼の戦争を経て、イスラエルは中東から追い出されてしまうかもしれない。
それは、なんとしても避けなければならない。

もし、こうした流れならば、今回のコム核施設の査察が、そのままイラン戦争につながることはないかもしれない。
しかし、反対の見方をすれば、イスラエルは一触即発だということだ。

誰の監視も受けることなく、核爆弾を構えるイスラエルが、いつ暴発するのか、どこでプッツンするのか。
これが、イランのニュースを見るときのポイントだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

核拡散 ~ならず者国家はお前だろ

2003年2月に入り、IAEAの決議によって、北朝鮮の核問題は国連安全保障理事会...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

アメリカこそがイラク攻撃・中東大戦争ではと思う

詳しくはぼくのブログをーhttp://blog.goo.ne.jp/pikkibikki

夜の雨のスクリーンの向こう側 で
きみは
雨のスクリーンの向こう側に
空缶やゴミや油膜だらけの
コンクリートの排水溝を遡ってゆく
鯉やアメンボウの
懸命な姿を見たことがあるだろうか

窓際族から
警備員へとだった頃の
ぼくの唯一の楽しみは
深夜の彼らの姿を見ることだった

村上春樹の「1Q84」を読み返しながら
彼の最高傑作はやっぱり
「ハードボイルドと・・」なのだと思う

「チャンネルを切り替えて」という彼からのメッセージが
どうしてだか
いつまでも騒音として
耳の奥に残り続けている

それは まるで
夜の雨のスクリーンの向こう側から
いつも聞こえていた
この国の不幸の底からのうめき声のように

イスラエルよりも

私的にはイスラエルよりもパキスタンの方がかなり危険なことになっていると思います。

先日あったニュースですが
パキスタン司令部襲撃の人質解放…核管理に不安
1947年の建国以来、国の屋台骨を自任する軍の中枢が襲撃されたのは初めてで、国内には大きな衝撃が走っている。核兵器を管理する軍の本拠地が襲撃されたことで、核管理能力を疑問視する声が国際社会で再燃するのも避けられそうにない。

タリバンが以前からアフガニスタンから隣国のパキスタンの核兵器を狙っているとは言われてましたが、軍の司令部まで襲撃されてしまって驚きです。

恐らくイスラエルよりもパキスタン、アフガンで核兵器が使用される方が早そうです。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg