2009-10-16(Fri)

最悪の「君が代」逆転判決

時間がないので、コメントのみ

最悪の判決だ

君が代不起立訴訟、元教諭が逆転敗訴
2009年10月15日 朝日 

原田裁判長はさらに、「個々の教諭が信念のみに従っていては学校教育が成り立たない。都立高の教諭という職業を選択した以上、信念を後退させることを余儀なくされることは、当然に甘受すべきだ」と言及した。

原田敏章という、下劣な裁判官については

ひどすぎ! 原田敏章裁判長! (暗川さん)

『謀議』裁判を告発する 

柴犬Runの最高裁への道 

教育基本法違憲訴訟控訴審も門前払いの「3秒判決」


などなど、ちょっと検索しただけで、非道ぶりに事欠かない。

教諭が自分の信念にしたがったら学校教育が成り立たない とは、 いったいコイツの頭には何が入っているのか?!

よく校長室とか社長室なんかに 「信念」 という墨書がかざってあるけれども、これからは 「後退」という一句を書き足さなくてはなるまい。
「信念」なんて貫いたら、立派な人間になれない と 裁判所が言うのだから。

それにしても、この原田という男は、恥ずかしくないのだろうか?
こんな判決を出したと言うことは、「私は信念のない裁判官です」 と宣言しているようなもの。
「こういう判決を出した方が、出世できるんです」 と告白しているのと同じだ。

政治だけでなく、三権のすべてにわたる変革が必要だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外国人参政権問題で、民主党だけ叩いてもあまり意味が無いと思うが……。(その2)

 最近、外国人参政権問題に関して、やたらと民主党叩きをしている、自民党支持者らしき人たちを見かけます。  でも、そういう人たちに私...

今は、戦後処理の非常事態、前政権予算を切り捨てたうえ、赤字国債はやむを得ない。

 「2009年度の税収が、40兆円を切る可能性も出てきた。二次補正予算を策定する

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

奴隷根性って…[i:63944]

コメント見てたらむしろ優さんよりbogunibogumiさんほうが北朝鮮向いてる気がするけど…笑

No title

>下劣な裁判官
>コイツの頭
>ドレイ根性丸出しだなあんたは。
>アンタの様な奴は

自分と違う考え方に対して口を極めて罵る、戦争への第一歩ではないですか?

No title

線引きが難しい。

北朝鮮みたいな洗脳人間になるのも嫌ですが
たかだか君が代程度でbogunibogumi見たいな
愛国心=キチガイ
見たいな被害妄想な人間になるのも嫌ですし。

って言うか流れが君が代問題と言うより日教組問題
に近いような。

ドレイ根性

>優

ドレイ根性丸出しだなあんたは。
まあ、北朝鮮にいけばアンタの様な奴は大歓迎だろうな。

ピタゴラスの時代、「直角二等辺三角形の斜辺は整数比で表せない」と言った者は海に沈められたという。
このダメ裁判官はそんな頃にまで「後退」しているのだろう。どこもかしこもカルト組織的性格を帯びるようになってきた。

君が代

日本が自由のない国って書いてある人本気で言ってるんですか?いったいこの教師に国家反逆罪でもついて禁固されたんでしょうか?

生徒が国歌を歌いたくないというならまだしも、教師が君が代=戦争みたいな思想をもって子供に教育することが恐ろしいです。

自分の思想を持つのは自由です。日本の教育の場でやるなと言いたい。

↓自公政権終わったの、知ってますか。

No title

「個々の教諭が信念のみに従っていては学校教育が成り立たない。都立高の教諭という職業を選択した以上、信念を後退させることを余儀なくされることは、当然に甘受すべきだ」という裁判長の言葉は正論過ぎるほど正論でしょう。

これに対して「教師は機械ではない。信じていないものに屈服する教育の方が間違っている」という甘えた子供のようなことを言っている教師は恥ずかしすぎます。

カエルの子はカエル

清水幾太郎のような人でも、天皇制に反対する者を極左と決めつけるようなトンチンカンなことを書き残しているわけです。ニッポンの近代史が残した愚かさも、戦後に天から降って来た自由の意味も、大人になるまでにちゃんと考えたことがないであろうその辺の親たちが、天皇制の讃歌「君が代」に反対する教師のことを非常識な教師と決めつけるのは、ある意味、どうしようもないのでしょうね。

そんな親たちからすくすくと育った「秀才」が、この国では裁判官にまで立派に出世したりもするのでしょう。彼らは、学校で国歌などを強制しているのは、先進国と呼ばれる国の中ではニッポンくらいだという、その事実さえ知らないようなのに。(ニッポンが本当に先進国であると仮定しての話ですが)

とにかく、この国は哀しい国ですね。何事もなく立身出世してくれれば、それだけで子供は幸せになれると信じているかのような親たち。そのような信念でもって子育てに励んでいる親たちの情感が、もしも日本人の常識を作っているのだとすれば、いつまでもこの国は、愚かなリーダーたちの信念で好き勝手に支配されたままに、ヒトにもイヌにも自由のない国としての歴史を、万世一系のごとく、ぐるぐると続けてゆくことでしょう。

No title

ま、イヤらしい大人な意見を言ってしまえば『君が代も日の丸もどーでもいいから適当に済ましちゃいなよ』ってことになりますよね。
先のコメントでもあるように自分の子供の学校にはいないで欲しいとは思ってしまいます。
ただ、憲法で思想信条の自由が守られているはずなのに、後出し的に憲法の下にある法律でその思想信条の自由を侵すものが作られた。
これを真正面から見ればあきらかにこの判決は異常な判決と言わざるを得ませんね。
ということで問題だと私も思います。

結局、鞆の浦の景観訴訟の本当の問題は見通しもない公共事業で自然をぶっ壊して利権を漁りながら『地域のため』とほざく政治屋であり、日の丸君が代の問題は起立しない斉唱しない教員ではなく、無用な押し付けを行なって思想信条の自由を侵害している法律ってことだと私は考えます。
社会生活において己の信念のみに従うことはそりゃ無理と言えます。
でも裁判で争われているのは裁量権の逸脱であり思想信条のお話のはず。
裁判官のこれはやっぱり詭弁、論理のすり替えってヤツですよね。

私のブログにも書いてますが、過去の冤罪事件について再審決定をした裁判官ってのは出世街道から外れています。
最高裁の決定を覆すような決定をした裁判官は、人事権を持つ最高裁によって弾き出される。
なるほど、信念に基づいて行動しちゃ駄目だと教わっているのが裁判官なのでしょう。
裁判の体をなさない判決です。
長文、駄文失礼しました~

No title

自分の信念を貫くのは結構ですが、自分の子供の学校にはいない方が良いですね。子供が先生が好き勝手やってるんだから僕も好き勝手やる。と
子供が屁理屈を言ったら大変ですからね。

No title

 残念ですが、今年の総選挙においての最高裁裁判官の国民審査が、裁判所を変える最後のチャンスだったのではないかと思います。何しろ最高裁長官をはじめ合計9名もの最高裁裁判官を罷免することで、民主党政権下で新しい司法機関をスタートさせることが出来ましたから。これで裁判所の現体制は10年は安泰になってしまいました。
 下級裁判所の裁判官の任免権は、最高裁が事実上持っているので、新最高裁がスタートすれば、この原田も二度と裁判に関われないように左遷することもできたでしょうに。
 その貴重なチャンスを、この国の有権者は愚かにも見逃してしまいました。
 この原田もそのうちに最高裁裁判官に昇進するのではないかと思います。彼の判決姿勢は現在の最高裁の意向に完全に沿ったものです。このように上に迎合する要領の良い者だけが出世していくのが今の裁判所なのです。これは周知の事実のはずです。
 ニューディール政策も最後まで障害だったのは連邦最高裁(バックには既得権を守る資本家・企業家達がいた)だったはずで、今後の日本でも同じ事が起きるかも知れません。
 今回の判決の最終責任は、今回の国民審査で罷免を可としなかった大多数の有権者にあります。

No title

例えば、「生物は神が創造した! 進化論は間違っている!」とか、「1+1は3が正しい!」とか、「日本が第二次世界大戦を引き起こしたのはユダヤの陰謀だ!」とかいう信念を持っている人が。信念のみに従って教壇に立って教えてたら、どう思います?
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg