2009-10-22(Thu)

普天間問題は じつはアメリカの内紛だろう

泥沼のアフガンに対して、兵士を増派せよという軍部と、それに反対するバイデン副大統領らの意見が対立しているという。

アフガン増派、厳しい決断迫られるオバマ大統領

2009.10.10 産経

オバマが、戦争をしながらノーベル平和賞をもらったのも、反対派の工作があったのではないかという気もする。
それはともかく、日本に乗り込んできたゲーツ国防長官は、明確に増派を主張する戦争拡大論者だということ。
しかも、矢面に立つというよりは、調整役を務めながら増派の方向へ持って行こうとしているように見える。

そもそも、この戦争を始めたブッシュのときから、そのまま国防長官を留任しているのだから、あたりまえと言えばあたりまえ。
共和党の時代からそのまま民主党政権の国防長官を務めているという、極めて異例な存在なのである。

アフガンの米兵「不十分」 ゲーツ氏、再増派に前向き 
09/10/6 中日新聞

6万8千人の部隊規模の増強を求める駐留米軍トップのマクリスタル司令官らと、対テロリスト作戦に専念し縮小するよう主張するバイデン副大統領らの意見対立が表面化。ゲーツ氏は再増派への賛意をにじませた。

そのゲーツが、やたらと大統領来日前の決着にこだわった。

普天間移設 米国防長官「大統領の訪日前に結論を」 外相は難色
2009.10.22 毎日

ゲーツ長官は会談で「現行計画は唯一実現可能なもの。11月のオバマ大統領訪日までに普天間問題の結論を出してほしい」と強調した。普天間問題が大統領来日に悪影響を及ぼすことを米側が強く懸念していることを示したものだ。

大統領が来て、黙認であれなんであれ、在日米軍の問題で(属国)日本の主張を大統領がみとめた なんてことになると、アメリカの産軍共同体は、怒り心頭に発して何をしでかすか分からない。
あるいは逆に、産軍共同体は大統領から捨てられたと見られて、反対勢力が勢いを増してしまうかもしれない。

いずれにしても、内紛が内乱にならないともかぎらない。
そうならないためには、大統領のカリスマ性に傷をつけてはならない。
カリスマ大統領に属国がひれ伏す という構図を演出しておかなくてはならない。

そんな アメリカの内部事情が、普天間問題でアメリカ(の軍部)が強硬な理由だろう。

普天間基地の移設、「県内」軸に検討 岡田外相
2009.10.22 日経

日米政府間で合意しているキャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部への移設に関しては「なぜあそこなのか、いまだに私は納得いっていない。もう少しほかに可能性はないか検証したい」と語った。

ことの是非はともかく、「なぜそこに滑走路が必要なのか」が外務大臣ですら分からないようなものは、おそらく米軍にとっても、どうしても必要なものではないはずだ。
軍事的に「どうしても必要」なものを作るのも困ったものだが、「なんで必要なのかも分からない」ような軍事施設のために、毎日をメチャクチャにされている基地周辺の人や、辺野古の人たちにしたら、まったくたまったもんじゃない。

とにかく当面は、このまま玉虫色で乗り切って、ノーベル平和賞のメダルをぶら下げたオバマが来日し、強行に辺野古を作れといって日本人を失望させるのか、本当は在日米軍は引き上げたいんだという本音を漏らすのか、お手並みを拝見しよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳩山首相の所信表明演説に米軍基地問題の方向を読む

オバマ大統領来日を前に、マスメディアは沖縄の普天間基地問題をいかにも日米関係の最

日本医師会には『寄らば大樹の陰』的な体質(?)から脱却してもらいたいと思います

 日医・唐澤会長「包容力が欠けていた」 更新:2009/10/26 10:50 

外交ブレまくりは×

 鳩山外交の滑り出しは順調で◎をつけだが、このところ首相と外相、防衛相などの発言がブレまくっている。外相が日本外国人記者クラブで「東アジア共同体にアメリカは加え

鳩山政権発足後・1カ月

今回はちょっと堅い話を。 鳩山政権が発足して、はや1カ月。 小選挙区で民主候補者に投票する時、僕にはこんな思惑があった。 『政権担当...

岡田外相の嘉手納統合発言弾劾!

辺野古基地建設問題は、新しい段階に入った。毎日jpより 普天間問題:岡田外相「沖

『論文盗用』と庶民生活との落差

 景気低迷に庶民の生活は震えている。リーマン・ショック以来二度目の冬が近づき、派遣村がまた設置されなければならない様相であり、いっそうの不安を感じている。  そこに、ヤッパリという報道があった。「米新車販売はや失速」(朝日新聞10月18日付け)は、新車購入...

ゲーツ長官

ソーシャルニュースサイト - <米国防長官>...「普天間移設なければ海 ... 北沢氏は会見で「ゲーツ長官から日米合意について強いメッセージを受けた。両国にとって、あまり時間をかけることは建設的ではない」と述べ、再編に対する政権の方針を早期に固める考えを示した...

2009年10月22日、三田村邦彦56歳、室井滋49歳、イチロー36歳、そして私は38歳!

 2009年10月22日、私はこのブログ記事のタイトルに挙げた人たちと共に誕生日

グアム島住民、アメリカによる太平洋の島への150億ドル軍事力集中計画に反対して団結

Democracy Now! フアン・ゴンザレス: 次は太平洋の島、グアム島の話題です。ここでアメリカ合州国は、150億ドルという膨大な額の巨大な軍事力の集中を

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg