2009-11-09(Mon)

あと3週間で 時限爆弾 が炸裂する

普天間基地をめぐる鳩山政権の右往左往と、沖縄での怒りの爆発が対照的に報じられている。

たしかに嘉手納に今以上の負担を押しつけるなんて問題外だし、滑走路を辺野古のちょっとだけ沖合に作ろうなんていう話は開いた口がふさがらない。
その意味では、岡田外相や北沢防相に抗議するのは、当然だ。
(ただし、マスコミ諸氏は、ついこの間まで自分たちが何を言っていたか、よく思い出してから発言してほしい)

しかし、その背景で進んでいることも忘れてはいけない。
そう、日米密約についての調査である。期限は11月末。

これが、かつての薬害エイズ問題のようにバッチリ資料が出てきたら、辺野古だの嘉手納だのと言い続けるのは、泥棒がほおかむりをしたまま舞台に上がってカンカン踊りをするくらい恥ずかしいことになる。
岡田外相は、おそらく、そこまでの時間稼ぎをしているものと思われる。

他ならぬアメリカが認め、当事者であった元外務次官が4人もそろって認めてしまった以上、これ以上隠せるわけがない。「隠せば自分のクビがアブナイ、どうせ自分の直接責任ではない」と判断して、官僚は情報を出してくるに違いない。

ちょっと長いけれど、共同通信を引用する

次官経験者の証言要旨 核持ち込み日米密約
2009.5.31 共同通信

 核持ち込みの日米密約をめぐる外務事務次官経験者(80~90年代)4人の証言要旨は次の通り。

 ▽A氏

 一、次官引き継ぎの時に「核に関しては日米間で(非公開の)了解がある」と前任者から聞いて、次の次官に引き継いでいた。これは大秘密だった。

 一、米軍艦船や米軍機に積まれた核は事前協議の対象にならないということは、60年から日米間で了解されている。だから日本政府は国民にうそをついてきた。

 一、(密約の内容を)メモ書きした文書が外務省に存在し、自分はそれを読んだ。大平正芳氏が外相だった時に(日米間で)確認したということも秘密の文書に書いてあり、それも読んだことがある。

 一、当時の首相や外相に伝えたことはなかった。政治家に話をすると漏えいするから。

 ▽B氏

 一、大平、ライシャワー両氏のやりとりについては自分も聞いており、外務省にはそれを記した内部文書があった。(その時々の)次官はもちろんそれを知っていた。

 一、形式論としては時の首相、外相に必ず報告すべき事項だが、大きな問題なので、せんえつかもしれないが、役人サイドが(密約の内容を話していい首相とそうでない首相を)選別していた。

 ▽C氏

 一、(艦船や航空機に積まれた核が事前協議の対象にならないという米側の解釈を記した)日本側文書が外務省にある。(米国で既に開示され、密約内容を記した英語の「秘密議事録」と)全く一言一句変わらないことが書かれている。

 一、外務省で日米安全保障条約を担当している者は(密約のことを)みんな知っている。(大平、ライシャワー両氏が密約を確認した内容を記した)記録も外務省に残されているはずだ。

 一、小渕恵三氏には彼が首相となる前の外相の時にこのことを伝えた。橋本龍太郎氏にも外務省から伝えている。両首相経験者とも事実関係を知っていた。

 ▽D氏

 一、条約課長になった時に聞かされた。私自身は首相に(密約の内容を)話すことはなかった。

 一、(国会で事実と違う答弁を続け)何か恥ずかしいなという思いがあった。


(引用ここまで)

天木直人さんによれば、この大スクープをすぐに報じたのは、東京新聞と地方新聞だけであったという。

密約は核持ち込みだけではなく、沖縄はもちろん、どこまで広がるか分からない。
まさに、11月30日にセットされた時限爆弾なのである。

オバマ来日で話し合われるのは、この密約をどのように公開するのか、その対応はどうするか、そんなことの合意を取り付けるのではないか。

3週間後が楽しみである。


ただし。

鳩山政権を持ち上げすぎというきらいもあるので、少々敷衍して書いておきたい。

鳩山政権の歴史的な意味というのは、日本で革命とか動乱とかが起きないようにする、ということなのだと思う。
つまり、あのまま自民党の政治が続いていたら、もうガマンの限界を超えて、ホームレスやらフリーターやら自殺寸前の町工場の社長やら膨大な失業者とその予備軍やらが石つぶてを持って立ち上がるのではないか、その危機感が民主党をして、このような政権を作らせた と言える。
私は そう考えている。

この際、ウミを出せるだけ出して、救済できるものはできるだけのことをして、生き難いこと、腹の立つことに、可能な限りの手当をして、ギリギリ革命や動乱は回避する。それが鳩山政権の基本姿勢だ。

だからこそ、社民党との連立は絶対に崩さないし、意外なほど民衆の痛みに応える姿勢を貫いている。
それが良いとか悪いとかではなく、そうした鳩山政権だからこそ、大事なことがある。

声を上げること。声を上げることで鳩山政権の後ろ盾になること。民の声を後ろ盾にしなければ、前に進めない政権にすること。
いま、沖縄をめぐって、まさにそういう事態が進行している。

官僚主導の政治はダメ。たしかにそれはそうだ。
でも、それだけではない。

政治家主導の政治でもダメ。
民の声が主導する政治でなくてはいけない。民意の顔色をうかがいながら、それを錦の御旗にして進んでいくような、少々頼りない政権でちょどいい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべての是非は来年に出る

きっこさんやココロさんに影響され、政談をたまに語ることにした僕。 ともあれ、あまり好きでなかったりする。 責任のない世界の、責任のな...

恨みっこなしで、別れましょうね♪

だんだんと貿易風の季節らしくなってきている今日この頃、ひさびさにチョメ家の哲学犬ラッキーくんに、昨今のもろもろの「関係」について、ご意見を伺った。そうだなあ、ニンゲンの男や女にも、互いに好きでもないのに利用しあうだけのためにくっついてるような連中も多い...

八ッ場ダム 上流のヒ素を隠していた 国交省 

懲りな面々・・ 国交省は、今に至るまで、またまた国民を欺いてきた。 八ッ場ダム上流のヒ素のことを公表してこなかったのです。 ヒ素が体...

鳩山政権 有能な人材は どんどん使うべし!

ずっと待ってました。この辞令・・。             もうご承知のかたも、いらっしゃるかもしれませんが、 保坂さんが、総務省...

アジア太平洋のへいわ

昨日、島内観光ツアーの添乗から戻ると、すでに退社したG嬢のメモが残っていた。明日は休日らしいけど、わたしに働いてほしい? ほとんど毎日なんらかのツアーが入っている日が半月ばかり続いており、落ちついて身近なニュースを見る暇もなかったけれど、そういや先月

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

どうだろうな
警察権力の
図画やネット関係への弾圧取締りは悪化してるし
おれに対するやつらからの締め付けも、むしろ悪化が顕著だぞ。

なんか「ルールに少しでも抵触したらどんどん捕まえろ」
だな。これは自民政権ではなかったことだ、むしろそうなりかかると戒められてた。

いまや、鳩山総理の命令で自衛隊輸送機C130が頭上へ飛んでくるわ。
「友愛された」かな、おれも。事実無根の流行語ではないぞ。

虫の良いことを言っているな、と忠告するとともに

「民主党政権にガマンが限界で、暴れる」
民衆も、逆に、出だすと思うぞ、このままでは。

明らかに、民主政権は、霞ヶ関コントロールがヘタというか
”してない”。

各省とも、大暴れ、好き放題だ。JAL再建だってそうだ。
亀井なんか金融庁に尊敬されてる始末…

現実を踏まえない賛美は、早期の自滅へつながるぞ?
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg