2010-03-01(Mon)

敵は獅子身中の虫

東京地検特捜部を突撃隊とした、現政権へのクーデター。
この裏にいるのが何なのか。
漠然とCIA-自民党 というような従来の構図を想像していたけれども、どうやら勘違いしていたようだ。

自民党はすでに終わっていると見て良い。
しばらくはゾンビかキョンシーとして生き(?)ながらえるとしても、ことを構えるだけの力はもうないだろう。
それは、自民党の力の源泉であった財界や諸団体が、雪崩を打って逃げ出していることからもうかがえる。

また、長年にわたって自民党を支えてきた裏社会の面々も、金の切れ目が縁の切れ目になるのは明らか。
表と裏の支えを失った自民党なんて、新陳代謝の終わった老廃物質=垢のようなもんだ。

そんなものに、超エリート意識の塊のような検察が操られているというのは、どうもおかしい。
裏の裏にはアメリカの一定の勢力がいるのは間違いないとしても、それを日本で代行しているのは、もはや自民党ではない。
そんな気がする。

そう思うと、ずっと気になっているのが、副島隆彦さんが明かしていた「米国側で攻撃を行っているもの達の素顔」だ。
( 今日のぼやき

CSIS (戦略国際問題研究所)のマイケル・グリーンを筆頭に、100人ほどが日本で暗躍しているという。その日本側の子分が、暴政政務官である長島昭久と、渡部恒三の息子の渡部恒雄であるという。
どちらも、政権内部側の人間であることは言うまでもない。

渡部恒雄氏は、2005年までCSISの上級研究員として、日本の政党政治と外交政策、アジアの安全保障、日米関係全般についての分析・研究をしていた。現在も非常勤研究員。
現職は、笹川良一氏の流れをくむ東京財団の政策研究部ディレクターである。

watanabetuneo.jpg

「米軍再編後の米国の戦略」なんていうものも書いており、親父の恒三が、普天間飛行場の問題について、

「政権交代をしても安全保障や外交の問題など変わってはならないことがある。日本は(米国との)約束をきちっと守ると鳩山由紀夫首相にいずれかの時期に決断してもらう」時事通信 2009.12.20

なんて言っていることと、ぴったり符合する。

ここがクーデターの火元だとすると、恒三が長老然とした顔で「小沢君も云々」などとのたまっているのは、自作自演ということになる。
自分で仕掛けておいて、まるで他人事のように文句を言うのだから、悪質である。

watanabekozo.jpg

マイケル-渡部-長島ラインがクーデターを起こしたのを見て、日和見していた仙谷やら前原なんかが乗っかったというところか。
現在の状況というのはおそらく、民主党内で、どちらに付くのかという内乱的な二者択一が迫られているのではないか。

特に閣僚に対しては、官僚が束になってそれを行っているのだろう。
脅したりすかしたり、たいへんな圧力がかかっているはずだ。

その「成果」が、次々と現れている。
以前の記事でも書いたし、きっこさんも「活断層の上の鳩山政権」で取り上げている、小沢環境相の原発積極推進もそうだ。
北沢防衛相と平野官房長官が進める、辺野古内陸案ももちろんだ。

全く期待はずれの千葉法相については詳細なレポートが、おなじみラターシュに魅せられてさんに書かれている。
なるほと、こうやって屈服させられて行くのか、ということがよく分かる。

それ以外でも、「国民の生活が第一」なのか、「官僚の栄達が第一」なのか、ようわからんことがボロボロと出始めている。
これは、クーデターに乗っかることで、官僚に妥協して楽をできる、という政権内の裏切り行為である。

マイケル-渡部-長島のクーデター勢力は、参院選で民主党に過半数を取らせないことを目標にして、選挙後に民主党の分裂、政界再編という形でクーデターを成就させようとしているのだろう。
そして、このまま行くと、それは現実になるかもしれない。

なぜか。
小沢一郎氏のカネの問題なんかじゃない。
そんなことで、民主党が負けるのならば、昨年の総選挙であそこまでボロ勝ちできるわけがない。
政治とカネのことなんかよりも、「生活が第一」という切実な思いで、政権交代に一票を託したのである。

その「生活が第一」という思いを裏切るようなことが、次々に出てくるから、国民は裏切られたと思い始めているのだ。
まさに、きっこさんが書いているとおりに。

民主党の支持率を下げ、参院選に黄色信号を点している主原因は、小沢氏ではなく、それどころかマスゴミの垂れ流し報道ですらなく、政権内の国民への裏切り行為なのである。

主犯は、渡部恒三(恒雄)、長島昭久。
共犯は、仙谷、前原、北沢、平野、小沢鋭仁、千葉。政権にとって、つまり国民にとってマイナスであることを自覚して動いている。
犯意はないかもしれないが、結果的に同調しているのが、岡田と枝野というところか。

敵は、いまや自民党などではない。
渡部恒三(恒雄)、長島昭久、それに、仙谷、前原、北沢、平野、小沢鋭仁、千葉。
これらの動きを、しっかりとチェックすべし。

彼らの失政は、間違いや力不足ではない。
政権沈没を狙った、意図的な国民への攻撃であると心得るべきだ。

ここで、短気をおこして、本当に民主党を過半数割れにしてしまうと、敵の思うつぼだ。
参院選は、選挙という方法で国民が生活を守る最初で最後の機会になるかもしれない。

ここで民意の力を主張できなければ、最低限の受け皿である民主党は崩壊する。
全面賛成ではなくても、小沢-鳩山ラインに票を下駄を預けることしか、当面の方法はない。

もしも、それで過半数をとっても、さらに裏切られたら、もう選挙というものが何の役にも立たないということを意味する。
そこから先は、圧政と暴発の歴史へ足を踏み入れることになるだろう。

そうならないことを祈りつつ、もう一度だけ、小沢一郎の「国民の生活が第一」に賭けてみよう。
そしてそのためにも、主敵は獅子身中の虫であることを、しっかりと見抜いて、鳩山政権とか民主党という十把一絡げの評価ではなく、身中の虫の裏切りについては、徹底的に断罪しよう。

そう思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「衆参同時不正選挙の展望」について

「衆参同時不正選挙の展望」について

排外主義扇動の街宣右翼団体・維新政党新風・在特会と自民党清和会と警察・検察権力との黒い関係について

★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください ■迷子の迷子の「悪徳ペンタゴン」ちゃんお金がなくて困ったワン♪ 杉並の兄貴分である山崎さんがいち早く持ち出した2億5000万円の官房機密費と在特会の活動についてツイッターに投稿されたのが22日。私も在特会の活動...

皆さん! 私の名前をブログや掲示板に晒すの・・・やめてもらえませんか!? "人生甘くないこと" は、・・・良くわかりましたから・・ 民野健治 東京地検特捜部 二流検事

先週末は、エントリーの最後に "幸福" について・・・書いたところ・・またまた・・(苦笑)・・ 現金がないの?・・とか、最近・・・悩...

検察・マスゴミ報道に打ち勝って参院選に勝利しよう。&日米安保は誰のために何のためにあるのか知ろう。

  バンクーバーオリンピック・日本期待の星だった浅田真央ちゃん、とても悔しい結果に終わりました。韓国のキム・ヨナちゃんの演技は、確...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

あきらめが早い人が多いですね。

すぐ結果なんて出ませんからね。うまく結果に反映するまで粘り強く声を上げていかないと本当に後がなくなると思います。代案がないですから。鳩山政権が潰れると抑制が効かず格差社会がさらに広がりアメリカの二の舞になる可能性大です。「ルポ貧困大国アメリカ2ー堤未果」を読んでみるとよくわかります。小泉政権の目指した方向がここにあります。

前原更迭をチャンスに

鳩山首相は覚悟して、前原更迭、官房長官交代、内閣改造もありえる迫力で友愛政治、利他主義の実現に邁進して欲しい。
前原更迭で、戦闘開始。

マスコミがまっとうでないのがこの国の過去現在未来を踏みにじるのではないか?

今回などせっかく政権交代を成し国民が注目している時に「政治とカネ」をネタにお祭り騒ぎ。約束の「生活が第一」「脱官僚」を新政権がきちんと行っているか正しく国民に報告し適宜に批判、評価していれば実のある議論・世論が活発になり、政策でも予算でも各々の政治家も心して取り組まねば「次回の議席も安穏としてられないな」と各人に思わせられたのに。

何と言ってもそれは重要です。

この残念な現状をもたらす、国民に不利益をもたらすマスコミを糾(正)さないと。その方策が最上位課題かといつも思います。クロスオーナーシップや許認可権、記者クラブ等々…まずは分かり切っている弊害だけでも片付けていけばいいのですから。本当に頼むよ、まともな政治家の人がいるなら。

渡部にせ黄門説あり

コウゾウは偽黄門だと、ライジングサンというブログに載っております。これも、転載ですが。
http://ameblo.jp/kriubist/
ちょっと前に掲載してありました。恒三は、様子見で自己利益を図るずるいやつ、との評。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg