2010-03-14(Sun)

社民党は自信をもて! (亀井静香のくそ度胸を見習うべし)

社民党の福島瑞穂党首が、実にかっこわるいことになってしまっている。

揶揄するマスゴミの書き方も問題だが、それ以上に、決心覚悟のほどを問われるその答弁に問題があると言わざるを得ない。

自衛隊の違憲合憲をめぐるこの件については、天木直人氏がブログに感動的な提言をしている。

情けないぞ社民党

(前略)
福島大臣は佐藤議員をこう一喝すべきだったのだ。

「そんなおろかな質問をするものではない。あなたは日本の戦後史を知らないのか。 憲法9条が出来た時は自衛隊など想定されていなかった。もちろんその時は違憲だ。なにしろ吉田茂総理さえも、憲法9条は自衛のための戦争まで禁ずると答弁したくらいだ。
 
 しかし朝鮮動乱が起きて米国が自衛隊を作らせた。冷戦が本格化して米国が自衛隊を強化しろと命じた。

 そんな自衛隊であったが、その後半世紀をへて、災害救助などで活躍する自衛隊を国民は受け入れた。日本を守ってくれる自衛隊であると信じて自衛隊を尊敬している。 そのような自衛隊の存在を私は否定しない。

 しかし、今の自衛隊は違憲状態にある。一昨年4月の名古屋高裁の判決でも、バクダッド空輸は明白な違憲だと断じた。それよりも何よりも、今の自衛隊は米国の戦争に加担させられ、その手駒として使われている。

 情けないとは思わないのか。日本を守るはずの専守防衛の自衛隊が、米国のために命がけで戦地に赴く。あなたはそんな事でいいと本気で思っているのか。国民を裏切っていると思わないのか。

 ところで、あなたは、サマワに派遣された時に「駆けつけ警護」をするつもりだったとかつてテレビで発言した。あえて巻き込まれなければ正当防衛にならないからそうするのだ、と話した。その思いは今も変わらないのか。この国会の場で国民に向かってもう一度答えるがいい。

 憲法99条に基づく国会議員の憲法遵守義務を知らないような者に、合憲かどうかの質問を私にする資格はない。いや、あなたは国会議員を続ける資格はない」


(後略 引用にあたって、改行を変更しました)

天木氏に社民党の党首をやってもらいたいくらいだ。
(こんな他力本願はしかられるだろうけど)

もちろん、福島氏も、権力に恋々とする党というモノを背負っていなければ、天木氏に負けないくらいのことは言える人ではあるのだろう。
が、それは言い訳にはなるまい。

そもそも、自衛隊にしても原発にしても、民主党とは見解が180°違うことはお互いにわかって連立を組んでいるはずだ。
だから、反対の見解を述べても、何の問題も無い。
少なくとも、民主党は表だって文句は言いようがない。

にもかかわらず、福島氏があのような醜態をさらしてしまうのは、「民主党に逆らったら、連立からはずされる」という社民党内部の負け犬根性が大きいからだ。
しかし、民主党の中で、社民党を政権からはずしたいと思っているのは、渡部恒三グループのようなアメリカべったりの連中だ。

逆に、小沢幹事長などの、アメリカ隷属をなんとかしたいと思っている人たちからすれば、社民党は自分たちが言い出しにくいことを先頭きって言ってくれる存在である。
というか、最初からその狙いで連立に社民党を入れているのだろう。

だから、現実的に今、社民党に問われているのは、渡部恒三らのアメリカべったりに与するのか、小沢一郎氏らの無血革命をともに進めるのか、ということなのである。

社民党が、あるいは福島氏が、主観的にどう考えようが、その結果がもたらすものを無視して評価するわけにはいかない。
とくに、政治家なのだから、それは当然だ。

その意味では、福島氏の「自衛隊合憲」発言は、じつは鳩山政権にとって、非常にダメージが大きい。
無血市民革命をすすめていくためには、こんなところで、社民党が骨抜きになってしまっては困るのだ。

それは、私が困るというのではなく、おそらく小沢氏も鳩山氏も困るはずだ。
鳩山政権が、あるいは小沢一郎が自衛隊を合憲としていることとは、ぜんぜん関係ない。

いやむしろ、民主党としては、自衛隊のことも含めて本質的に保守政党であるから、民衆革命のなかの、ある一定の層しかカバーできない。
それでは無血革命が成就しない。
だから、民主党とは意見の違う社民党は、鳩山政権にとっても必須の存在なのだ。

その運動のダイナミズムを全く理解しない民主党の一部議員からは、参議院の数だけを見て、もう連立はいらない、なんて発言が出ているが、おのれの無能さ告白しているようなものだ。

いずれは、無血革命が進行して、日本が自立してモノを考えられるようになったとき、その時は社民党と民主党の違いは、真剣に議論されることになる。
そうなれば、たしかに連立どころじゃないだろう。

それは使い捨てではなく、まっとうな論争だ。
社民党は、その日のために見識と理論を磨いておかなくてはならないということ。

でも、今は、まだそんな段階にはほど遠い。
社民党は社民党としてのものの見方を、堂々と開陳しながら、遠慮無く閣僚に居座ったらいいのである。

社民党がいなければ、鳩山氏も「普天間はゼロベースで」なんて言い続けられない。
社民党は社民党であるが故に、鳩山政権の防波堤になっている。
そのことに、確信を持って、堂々と胸をはっていただきたい。
亀井静香氏の、あのくそ度胸を見習うべし。

繰り返すけれども、今この時点で、社民党をはずそうなんて考えるのは、モノをわかっていない愚か者か、渡部恒三らアメリカべったりの確信犯だということ。
その圧力に屈して、社民党が社民党でなくなっていくことは、この連中を喜ばすだけのことであり、しかも、この連中は妥協を重ねてボロボロになった社民党を、一顧だにせず使い捨てるだろう。

あんな体たらくでは、そういう暗い未来が迫ってくる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社民党に官房機密費?

社民党がなぜ米海兵隊の移転先の世話に熱心なのか,しかも国内の移転先まで口にするとは何事だろうかといぶかっていたが,今日,「低気温の...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

 社民党にそういう“現実的”な対応をされると困っちゃいますね。
 何のための党是なんだってのもありますが、連立政権のカードが少なくなってしまう。本来はグアム移転が筋であり、そこに向かって交渉をしていくべきなんですが、民主党が直接言いにくいのを社民党が代弁することに意味がある。実際の対応は最大与党である民主党がやることとして、社民党には最大限突っ張ってもらわないと連立を組む意味がなくなってしまうように思います。

一時の安全のために自由を放棄する者は、おそらく結局はどちらも得られない-B.フランクリン

その通りだと思います!

その通りだと思います!社民党(福島瑞穂も含めて)にはもっと神経図太くなってほしいです。
民主党についても、国民新党についても、普天間問題についても、原発についても、その他いろいろ納得いかないことについてどんどん文句をつけるべきだと思います!
特に原発がクリーンエネルギーだとする、現政権には文句を叩きつけて欲しい。しっかりと社会民主政党としてのアイデンティティーを示していくべきであると思います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg