2010-03-23(Tue)

MS-GENPATSUの恐怖

やがて原発立地は平等になるかもしれない。
いや、東京や大阪などの人口密集地域にできる可能性はない。さらには、海の近くにしかできないので、平等というのはあたらないか・・・
けれども、現在いくつかの地域が集中的に負担している原発が、全国の漁師町に侵出していく可能性がでてきた。

東芝、ゲイツ氏と次世代原発開発へ 維持コスト管理を低減
2010.3.23 産経

 米マイクロソフトの創業者で会長のビル・ゲイツ氏が関与する米ベンチャー企業と東芝が、次世代原子炉の開発に向けて技術情報の交換を始めたことが23日、わかった。ゲイツ氏は数千億円の私財を投じる姿勢といい、維持管理などのコストを大幅に低減できる次世代炉の開発が一気に進む可能性がでてきた。

 共同開発を目指すのは、米原子力ベンチャー「テラパワー」が基本設計を進めている「TWR」と呼ばれる高速炉。国内外の一般的な原子力発電所では軽水炉が濃縮ウランを使うのに対し、TWRは劣化ウランを燃料に使用。軽水炉の場合は数年おきに燃料交換が必要だが、TWRの場合は最長100年間も燃料交換が不要で、出力も10万~100万キロワットと、軽水炉並みの出力が見込める。

 一方、東芝では出力が1万キロワットと小さい一方で、燃料交換が30年不要な高速炉「4S」を開発済み。僻(へき)地(ち)での発電など、維持管理が困難な場所での利用に適しており、米国の規制当局の認証が得られれば、2014年にも米国内で着工する。


あのビル・ゲイツが原発の開発をしていたということも知らなかったし、東芝が小型原発を開発済みだったことも知らなかった。
慢性核兵器とも言うべき劣化ウラン弾という恐ろしい兵器を作ったくらいでは「消費」しきれない劣化ウランを、100年間もひとつの原子炉に入れっぱなしにして燃やすというのである。

ここでまず気になるのは、今書いたように、100年も使う ということ。
実際、ビル・ゲイツにとってまだ解決できていない問題は、100年ももつ素材がない ということらしい。
普通の状態でも100年持つというのは難しい。それが、地獄のような原子炉である。
メンテナンスと言っても、前に紹介した平井氏の文章にもあったように、放射能を浴びまくりながらの作業になる。
何十年かして「やっぱり原子炉の肉厚が減ってきました!」なんてことになったら、どうなるのか。
考えたくもない。

もうひとつ気になるのは、東芝の4Sが小型であって、「僻地での発電に適している」ということ。
電気の地産地消だとか、これぞエコエネルギーだとか、無茶苦茶なことを言って、全国の小さな漁村や松原を侵していくのではないか。
この東芝4Sの恐怖は、ビル・ゲイツのTWRとはまた別に、日本中にとって脅威だ。

理論上は100年もつ原子炉が日本中の海岸線を埋めていく光景!
これが、CO2を25%削減するということなのか?
鳩山さんの言う、命を守る政治なのか?

MS-GANPATSUが完成するまでには、まだ10年くらいかかりそうだという報道もある。
この数年が、原発をどうするんだという山場だろう。

子どもたちに、巨額の借金と、添加物だらけの食べものと、永続的に居座る占領軍を残すだけでも、私たちの世代の罪は深い。
でも、まだしもこれは処理のしようが、出直しのしようがあるかもしれない。その可能性はある。

けれども、原発は、あとで「しまった」と言っても、どうしようもない。
大量の核燃料と、モウレツに放射能に汚染された施設を抱えて、私たちに怨嗟の声をあげる子どもたちの眼差し。
ああもう、想像したくない。

建築を始めるずっと以前、エコロジー(生態学)を学びたいと思ったこともある私にとって、原発の問題は30年くらい頭から離れない問題だ。
でも、自民党政権で原発が進められていた時は、政治で解決できるかもしれない、つまり政権が変われば方向を変えられるかもしれない、という一抹の希望があった。

それが、どうだ。政権交代したことで、原発推進に拍車がかかっている。
社民党までが、ずるずると後退を続けている。
この流れが続くのでは、夢も希望もないじゃないか。

米軍基地の問題も、大問題だ。
普天間の代替施設(新基地)が、沖縄県内に作られるとしたら、それは鳩山政権の裏切りであることは間違いない。
しかし、もしも、確実に米軍を撤退させる疑いのない戦略があるならば、賛成はできないけれども、どこまで妥協するべきなのか、考え込んでしまう私も存在するだろう。
(もっとも、最近の鳩山政権はその戦略性も怪しいけれど)

原発はそうはならない。
一切の妥協の余地はない。

仮に、原発がないことで電気が不足するならば、使わなければいい。
自分の町に原発や核廃棄物処理場ができることと、電気の使用量を半分にすることと、どちらを選ぶか?
そのことを、もっともっと真剣に考えたい。

※MS-GANPATSUについての報道をまとめておく

ゲイツ、原発挑戦の真相
2010/3/23 日経

「ビル・ゲイツ氏、東芝と次世代原発開発」の報道
2010.3.23 ITmedia(もと記事はロイター)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビル・ゲイツが原子力に参入?

今日(24日)は,ビル・ゲイツが原子力に投資,というニュースがメディアで大きく扱われた.日経の一面トップ,そして報道ステーションでも取り上げた.劣化ウランを燃料とし,最長100年間燃料補給なしで運転可能という. http://www.nikkei.com/biz/focus/page/p=9694...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

こんにちは(いま3月25日10:50頃です)

原発は政権交代すれば、なくなるだろう。
僕もそう思っていました。
でも、そうではなく、推進派になってしまった。

これをどう考えればいいのか?
確か、民主党は原発は過渡的エネルギーと位置づけていたこともあった。
なぜ、それが推進派になってしまったのか?

僕は思うのですが、政権をとるということは、
経済成長しなければいけないという呪縛に陥る。
それも短期で。
そこに落とし穴があるのでは、と。
脱原発をいうひとは、そんな経済背長を求めてはいない。もっと、人間的というか生態学的に大きな視点で、
考えようというひとが多い。
でも、経済界や一般のひとたちは成長なくして幸せはないと思っている。
そこに、政権に入った閣僚たちのわながあるようにおもうのです。
でも、ほんとうはそれでいいのか、と疑問に思っている議員はたくさんいるはずです。
だから、まどろっこしいけど、民主党の良心に賭けていきたいと思います。

追記です

この異常な人口増加にも問題があるのでは
いまの世の中や経済システムはツケ回しや奪うことでしか成立しないわけですが
経済問題も大切ですが、水や食料一次エネルギーのことを考えるとやはり今の世の中は永続は不可能です

これからは、半農半×みたいな生活がいいかも
そうは言っても畑を耕したりしなくても、鉢でバジルを栽培してみるとかそういうのでいいです

高速道路を無料化して、公共交通を破壊して、電気自動車を普及させて、これからは電力が重要なエネルギーみたいな感じで宣伝して原発を売り出すつもりなのでは
その電気自動車にしても、企業の上層やその背後にいる投資家だけがウハウハできるだけで終了してしまいそうです
そもそも、燃料電池にしても、原発にしてもそういうものを設置したり稼働させたりすることがもう石油の消費活動なわけで

あと安全安心を唱える人というのは所詮は自分には関係ないと考えているような人が大半なので
あるいはカネが関係しているのか

もうすでに、いまの経済システムいや世の中は小手先だけの政策でどうにかできるようなレベルにはないです
日経やダウが上昇しても、税金投入や会計基準を変えたりしてまやかしの景気回復を演じているだけなので
エコビジネスもいずれは終了して、そのあとに中国やアメリカで水が涸れて大規模営農ができないような事態が発生すれば、世界経済もそれまでです
ロシアやカナダは生き残るかもしれない

初めてコメント致します。
いつも参考にさせて頂いております。

原発というのは全く必要のないモノだと思います。

皆様、是非、大阪大学
荒田名誉教授という方でググってみて下さい。
固体核融合というのを研究している方です。

原発いらずの生活

明月さん、はじめまして!
いつも更新楽しみにしています。

原発については、全く同意見です。
さっき、ビルゲイツの話を別なニュースで読んで、
これは困ったぞと思っていたら、
ここで取り上げていてくれたので良かったです。

>仮に、原発がないことで電気が不足するならば、使わなければいい。

そうなんですよね。
ぼくも、これでいいのだと思います。

これからよろしくお願いします。

あぁ・・

こちらの記事をよんで大変胸を痛めています。今の世の中は電力は無くてはならないモノですが、後に残される負の遺産を考えると、ここで切り替えないといけないと思いました。企業は利益と効率ばかりを求め、大人は他人事には無関心で恥をしる美徳が無くなってしまったようです。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg