2010-03-23(Tue)

強請りたかりの米政府

普天間基地の海兵隊について、アメリカは日本にあと30億ドル出せと、言っている。

支援不足に怒り、環境影響懸念=在沖海兵隊移転のグアム-米紙
2010.3.23 時事

 22日付のワシントン・ポスト紙は、在沖縄海兵隊の移転先のグアムで、基地機能増強に伴うインフラ整備の見通しが立たず、米政府の支援不足に対する怒りや、環境への影響を懸念する声が広がっていると報じた。
 現行計画では、2014年までに在沖海兵隊約8000人とその家族約9000人が移転する。米環境保護局(EPA)は、人口18万人のグアムにピーク時には労働者を含め7万9000人が流入すると予測。しかし、米軍は2万3000人が必要とするインフラ整備しか負担しない。
 グアム政府は、道路や港湾、上下水道などのインフラ整備に30億ドル(約2700億円)が必要と試算。ホワイトハウス当局者は、オバマ大統領も支援する計画があるとしているが、グアム当局者は「連邦政府から何の保証もされていない」と不満を漏らしているという。
 同紙は、EPAの報告書が「水不足や下水処理能力不足は、グアムの公衆衛生に重大な影響を与える恐れがある」としていることや、グアムのカマチョ知事の移転期限延期要請も紹介した。


ワシントンポストは、「日本人が米国の外交担当者に向かって、公の場でこのような形で明確に反論するようなことは前代未聞だ。」なんていうコメントを平気で載せたり(注1)、9.11事件の公式発表に疑義を呈した民主党の藤田幸久議員を名指して罵倒するような社説を書いたり(注2)している。
日本はアメリカの属国であるということに、1ミリも疑問を感じていない新聞だ。

また、この新聞の記事については、昨年末に私はこのようなことを書いた

普天間についてのワシントンポストの記事は、日本マスコミと全然違う

要するに、普天間問題でアメリカはひたすら移転費用を出せと言っており、辺野古以外は認めないなんてことは全然言っていないという話。

このワシントンポストが、こんな記事を書いているということは、海兵隊の移設費用だけでなく、グアムのインフラ整備費用まで日本に負担させよう魂胆だろう。
3月23日に日本が閣僚会議をするという、その前日であることも怪しい。

記事では30億ドルなんて書いてあるが、一度堰が切れれば、あれもこれもとカサにかかって便乗してくるのは目に見えている。
すでに60億ドル以上を出させられるのに、それに加えて30億ドル以上を出せ というのが、おそらくアメリカ側の要求だ。

もし仮に、それで普天間代替基地の問題の話が付くのならば、それはそれであり得る落としどころかもしれない。
日本としては、属国というのはこういう扱いをされるんだ、ということを目に焼き付けて、怒りの炎をもって受け入れるしかない。

サブプライムショック以降、何兆円という単位の話が平気で流れるから、なんだか感覚が麻痺しているが、何千億円というカネを無償でアメリカにくれてやるなんて、なんてばかげた話か。
これだけのカネがあれば、国内の問題をどれだけ解決できるかわからない。
もし国外で使うのであれば、飢餓にあえぐ国々の食料や水や医薬品にすれば、どれだけの命が助かることか。
(根本的な解決にはならないかもしれないが、目の前の命は救える)

日本の税金を、こうやってむしり取られるという、その現場を、ライブで実感しながら、私たちは次に進む道を考えなくてはならない。


(注1) Global News-Watch世界が見える、日本が見える
(注2) 藤田幸久Blog 


※(追記)
時事通信は、アメリカ側のリークを流す役割をしているようだ。

米、長期戦の構え=「普天間」見直し拒否、継続使用伝達へ

2010.3.23 時事

【ワシントン時事】沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、米政府が長期戦の構えに入った。キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画見直しは拒否し、決着まで同飛行場を継続使用せざるを得ないとの考えを伝達。こう着状態に入れば、日本側の情勢を見極めつつ協議再開のタイミングを探る方針だ。

ちょっと注意して読めば、この文章に主語無いことに気がつく。
小沢氏の秘書をめぐる検察リークと同様で、正体不明の「風を吹かす」うわさ話を、あたかも真実のように報道している。

実はこの記事の中ですら論理矛盾があり、上記に続いて

米政府は普天間代替施設に関し、(1)有事の作戦や平時の訓練に十分対応できるか(2)周辺住民との関係で基地の安定使用が可能か(3)実際に施設を建設できるか-の3条件を重視、既に日本側へ内々に伝えた。

と言うのである。辺野古の埋め立てなどは(2)に関しては(米軍にとって)最悪の条件だ。14年間も反対の座り込みが続いている上に、名護市も沖縄県も、全面的に反対しているのだから。
どうやらこの記事は、「30億ドルの圧力」のために作り上げられたようだ。

時事通信ワシントン支局からのニュースは、そういう意味で面白く読ませてもらう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄普天間問題

 以下のブログ、論説を読まれたし。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

解決策

 最も手っ取り早い解決策は,日本が軍を持つことだ。日本に軍が無いから,アメリカに頼るしかないのだ。
 そもそも,基地は極東で何かあったときにアメリカが対応するために建てられたもの。
 日本が軍を持てば,米軍基地など必要ないのだ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カナダはイラク戦争以降はアメリカとは距離を置いていて、アメリカ国債もそれほど買っていません
防衛については、全てではないにしてもアメリカに頼っていたりしますが、たしか金銭でのつながりはやはり、日本ほどはないです


英国やルクセンブルクにはもうアメリカ国債を買う力はないです
そうすると、日本からカモるしかないわけで
ロシアや中国はアメリカの言うことは完全には聞かないので
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg