2010-04-15(Thu)

命は止まり、原発は動き続ける

時間がないので、報道記事をメモ

島根原発点検漏れの件数増加か
2010.4.13 山陰中央新報

 島根原発1、2号機(松江市鹿島町)で123件の点検漏れが発覚した問題で、点検計画表と点検記録の照合作業を進めている中国電力は13日、点検漏れ件数がさらに増える見通しを明らかにした。

 同日の会見で、島根原子力本部長の清水希茂常務が「(疑いがあるものが)いくらかあるとの報告は受けている。ゼロではない」と説明。今月20日をめどに件数や内容などを把握し、その後に事実関係を精査した上で公表したい考えを示した。

 約7万件に上る1、2号機の点検項目のうち、今回発覚した123件の点検漏れは、原発の中でも安全上、重要度が高い約1万3千件対象の調査で判明。残る約5万7千件について調べており、この中で新たな点検漏れの可能性が出てきた。

 経済産業省から定期事業者検査の実施状況の総点検や再発防止策策定などの指示を受け、中電は「総点検」「再発防止策」など4チームで構成の緊急対策本部を設置。現在、約500人態勢で原因究明や総点検結果の妥当性、再発防止策について作業中。これらは外部の専門家や弁護士の意見を反映させてまとめ、今月30日までに同省に報告することになっている。

 この日、同社の山下隆社長が島根原発で進む照合作業を視察。「原子力に対する信頼回復の土台になる。全力でやり抜いてほしい」と訓示した。



と、これが一昨日の13日の話だ。

ところが、驚いたことに、この日の朝に、点検漏れの原因分析の責任者が自殺(?)していた。

つまり、対策チームの中心的な人物が自殺(?)したその日に、何食わぬ顔をして、それには一切触れずに、中国電力の山下社長は訓辞を垂れていたのである。

yamashitatakashi.jpg

二日間、おそらくは報道管制を敷いたうえで、今日になって発表したことになっている。

中国電力の部長自殺、島根原発の点検漏れ調査担当
2010年4月15日 読売新聞

 中国電力(広島市)で島根原発(松江市)の品質保証を担当している電源事業本部の男性部長が、松江市内で自殺していたことがわかった。

 同社の関係者らによると、部長は13日午前7時頃、松江市内の宿泊先のホテル駐車場で倒れており、病院に運ばれたが死亡した。泊まっていた10階の窓から飛び降りたとみられる。室内には遺書があったという。

 島根原発1、2号機では、先月に計123件の点検漏れが発覚し、部長は、この問題を調べる緊急対策本部の原因分析チームの責任者だった。


この報道で異様なのは、各新聞社の文章が、ほとんど似通っていること。
記者が自分で書いた文章では無いと思われる。

それと、地元の山陰中央新報が部長の自殺(?)について報じていないことも変だ。
島根日日新聞にも見あたらない。
おとなりの日本海新聞には出ているのに。

ちなみに、報道管制した二日間に何があったかというと、

中電の姿勢に批判相次ぐ/市原子力発電所環境保全対策協議会/島根原発、点検漏れ問題で
2010.4.15 島根日日新聞

 松江市原子力発電所環境安全対策協議会が十四日、松江市役所であり、島根原発1、2号機(松江市鹿島町)で過去に実施した定期検査で計百二十三件の点検漏れがあった問題などについて質疑が交わされた。
(中略)
 中国電力の清水希茂島根原子力本部長は、「松江市民の皆さんの信頼を失う深刻な問題と受け止めている。改めて深くおわびしたい。徹底的な調査を行って対策を講じたい」と述べ、改めて陳謝した。
 質疑では、委員が「把握した時点でなぜ公表しなかったのか」、「自治体にすぐに報告しなかったことを謝罪してほしい」、「すぐに原発を止めなかったのは採算のことがあっての事ではないか」と中電の姿勢を厳しく批判。
(以下略)


何百箇所も点検せずに運転し続けた挙げ句、それがわかっても2ヶ月間止めなかったのだから、責任者の自殺(?)を2日間隠しておくくらいは、何とも思っていないのだろう。

それにしても、このタイミングで原因究明の責任者が自殺)(?)とは・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  もんじゅ:専門家ら、再開反対の緊急声明

本ブログも、高速増殖炉もんじゅの運転再開には反対します。 昨今の早期運転再開を望む政府や関係機関は恥を知るべきだと思います。 事故が起これば規模によっては関西全域が人が住めない地域になります。 その程度の事故ならば勿論北陸や名古屋も人が住めなくなります。 ...

不祥事続く中国電力島根原発

飛び降り自殺:島根原発調査担当・中国電力部長が  中国電力島根原発1、2号機の点検漏れ問題について、再点検や調査を行う同社の緊急対...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

民主党は原発推進派

民主党は新たに34基の原発を建設するとし、実際に原発建設を強行しています。既存の原発についても、安全よりも稼働率を優先させるとしています。さらに高速増殖炉「もんじゅ」の運転再開も決めました。
民主党は徹頭徹尾原発推進派であり、どこをどう見ても、民主党が脱原発を目指しているとは思えません。

脱原発を求めるのなら、民主党ではなく脱原発を掲げる社民党や共産党を応援すべきでしょう。

原発で地域振興なんて言っている人がいますが、実際に原発あるいは原子力産業で発展した地域なんかあるのか
東海村だけでは

石川県志賀町も全然過疎化が止まっていない
賛成している人は、なにかで甘い汁を吸っているか、もともと離れた地域に住んでいて関係ないと勝手に考えているか

エネルギー自立ていう意見もありますが、原発も燃料電池もそういうものを設置したり稼働させたりすることがすでに海外から輸入したウランや石油の消費活動なので実際には自立していないし

既得権力

こんにちは(いま4月17日8:40頃です)

島根の原発でそんなことがあったなんて、知りませんでした。
原発の記事にはすぐ目が行くほうなのに・・・。
それにしても、事故調査の責任者が自殺したなんて、
すごくいやな気持ちにさせられます。
それを大きく扱おうとしない、自分のことばで報じようとしないマスメデイア。
単なる自分の既得権を正当化する世論誘導型
商業ペーパー、商業メディアでしかない。
権力の監視なんて機能はこれっぽちもない。
だから、といっちゃなんですが、まだ既存の勢力でない
民主党を中心とした政権を後押ししなければならない。
きっと、脱原発のひともいるのではないかと思います。
そう信じたいと思います。

原発いらない。

原発の点検作業は、放射線の下で行われる命がけの作業だということが、こちらのブログの先日の記事で分かりました。
今回島根原発で点検漏れが発覚しましたが、他の原発ではどうなのでしょう。
可能性は十分にあるのではないでしょうか。

また、今回の点検漏れで緊急停止した2号機とともに、1号機は以前から点検作業中で停止しており、現在島根原発は完全停止中です。
それでも電力供給にはまったく不都合は出ていません。
中国電力自身も、火力他の発電でまかなえるから大丈夫と言っています。
それでは原発はなんのためにあるのでしょうか。
利権のためだけに存在するのかも知れませんね。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg