2010-05-09(Sun)

そもそも何で日本の首相が海兵隊の行き先を決めなくちゃならないの?

まったく、洗脳とは恐ろしいもので、日本の首相である鳩山さんが、米軍の海兵隊の行き先を探してオロオロしていることに、違和感を感じない人が多い。

けど、オカシイでしょ。
なんで鳩山さんが、米軍の行き先を考えなくちゃならないの?

辺野古に作っても良いとか悪いとか その決定は確かに日本の側がすることだ。
「わるいね。政権が変わったし、地元も大反対だから、新しい基地の話は無かったことにしてね。」と通告するのは、これはハトさんの役目。

それに加えて、「普天間のような危険な軍事空港は、安全保障どころか危険保証だから、○年以内に閉鎖してよ。」というのも、日本の首相の役目。
えっ そんな自分勝手なことは言えないって??
誰だ そんな洗脳なことを言うのは。

もともと米軍が強制的に土地を奪って作り上げた普天間基地を 返せと言うことが何で自分勝手なのか。
講和条約までならばまだしも、その後も沖縄を占領し続けたのは たしかに日本の天皇の希望だったのだから、その意味では「自分で希望したくせに」と言われるかもしれない。
でも、それを言われるのは、保身のために沖縄を売った天皇やその当時の支配者の皆々様だ。

土地を奪われた当事者である沖縄の人が「返せ」と言うことは、自分勝手なんてとんでもない、ささやかな希望に過ぎない。
その意を受けて、今の日本の首相が無条件の返還を希望することは、あったり前田のなんとかだ。

この、基本中の基本を忘れて、自民党の橋本政権が、(大きな犠牲のうえに)やっと普天間の返還が実現するというときに、奴隷根性で「代わりに辺野古に新基地を作って差し上げます。」なんて言いやがったことが すべての間違いの根源。
その自民党が、自らの奴隷的な過ちを棚に上げて、ハトさんがオロオロするのを揶揄するなど、まったくもって盗っ人猛々しい。

しかも、ボロボロになりながら、なんとかしようともがいているハトさんを、安全地帯から罵倒する自民党やマスゴミはお気楽だが、当事者の沖縄はそんなわけにいかない。
いくらハトが頼りなくても、いくら「ゴメンなさい」とか言って寝返ったように見えても、それでも これまでの自民党よりはマシ なわけで、なんとか期待を掛けざるを得ない。

そりゃそうだ。
自民党は、辺野古に反対する人たちに、暴力的に襲いかかり、平良夏芽牧師さんを溺死させようとしたり、自衛隊を出動させて威嚇したりしてきたんだから。
それに比べれば、はんぶん涙目でゴメンチャイと言っているハトさんのほうが、よほどマシなのは間違いない。


ところで、昨日、ダイヤモンドオンラインからこんな記事が配信された。

元CIA顧問の大物政治学者が緊急提言
「米軍に普天間基地の代替施設は必要ない!
日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」
独占インタビュー チャルマーズ・ジョンソン 日本政策研究所(JPRI)所長


詳細は読んでもらうとして、5月7日というタイミングで発表された意味を考えたい。
そして、そのなかで目をひくのは、

 米国政府はグアム住民の生活や環境などへの影響を十分に調査せず、海兵隊の移転計画を発表した。そのため、グアムの住民はいま暴動を起こしかねないぐらい怒っている。グアムには8千人の海兵隊とその家族を受け入れる能力はなく、最初から実行可能な計画ではなかったのだ。

これは驚きの発言。
グアム移転は、ハナから無理な計画だったというのだ。
辺野古の空港を勝手に決めた自民党もいい加減だが、グアム移転を決めたアメリカも、たいがいいい加減だったという話。

つまり、辺野古沖に空港をつくるなんて、今の情勢ではどう考えたって無理に決まっているのに、それに米軍がコダワルのは、もし「代替施設」が出来てしまって本格的にグアムに移転しなくてはならなくなったら、二進も三進もいかないからだ ということになる。
実際はできもしないグアム移転を先延ばしにするために、実現不可能な計画にこだわって見せている ということ。
チャルマーズさんの言うことが本当ならば。

このチャルマーズさんという人は、サンフランシスコ大学の日本政策研究所の所長。
海兵隊出身で、かつてはCIAの顧問まで務めた、自称「冷戦の戦士」。
しかし、冷戦が終わったのに、巨大化した軍需産業のために軍拡が進められていくこと、そしてその戦費がアメリカを破産させようとしてることに危機感を持っている。
反体制ではなく、アメリカを守るためには不必要な軍事は縮小すべきだという考え。

で、こういう人がダイアモンドという経済誌の目玉に登場した。
ハトさんが沖縄に行った直後に。
言っているのは、「グアムは海兵隊を受け入れる能力がない」「普天間の無条件閉鎖を求めよ」

これは、アメリカの中の非産軍複合体の勢力が、本音を伝えようとしているのではないだろうか。
なんやかんや言って、アメリカが一番困っているのは、グアムへの移転計画そのものなんだということ。
計画がずさんで、実際には、とんでもない予算がかかる ということ。
それを出さないと、グアムでも暴動が起きかねないが、アメリカはすっかんぴんだということ。

なんとかしてよ と日本に頼んでいるのである。
2008年の段階で、当初100億ドルと言われていた移転費用が、さらに47億ド追加(1.5倍)とかいうニュースが。

グアム移転費47億ドル増 米太平洋海兵軍
2008年9月24日 琉球新報

さらに1年後、2009年には こんな記事も

グアム新基地建設/日米合意額の2倍以上/日本負担のインフラ整備費
2009年08月04日 しんぶん赤旗

そして、今年になってからは

グアムはインフラ不足 海兵隊移転で米紙
2010.3.23 産経

要するに、あと100億ドル出せ ということではないのか。
もとから、奴隷の自民党が「61億ドルは差し上げます」 と約束していたから、併せて160億ドル、1兆5000億円。
アメリカ(非産軍複合体)の要求は、これだ。 たぶん。

たしかに、今の日本に1兆円の追加出費、しかも日本には何の関係も無い、米軍がアメリカ領で暮らすための費用を出すのは、痛い。痛すぎる。
痛い以前に、バカらしい。バカらしいばかりでなく、腹立たしい。

けど、もうこの際、覚悟せなアカンのちゃう。
アメリカの中でも、産軍複合体の側は、何が何でも基地作れ だろう。
だから、普天間を返還させ、これ以上沖縄に基地を作らないためには、非産軍複合体の勢力と結んで、落としどころを作るしかない。
現実的には、そういうことになる。

これは、60数年間、自民党が奴隷を続けてきて、奴隷頭の甘い汁を吸い続けてきたことのツケなんだと、覚悟を決めるしかない。
全力で交渉して、どうしてもあと1兆円必要なら、国民一人あたり1万円が必要だというのなら、臨時徴収してでも払うしかないだろう。

ハトさんは、根本的な責任がどこにあるのか、つまりは自民党のお陰だということは明らかにした上で、国民に頭を下げて拠出をお願いするしかない。
まずは、法人個人を問わず、自主的な拠出を募るべきだ。
それで足りない分は、消費税を数ヶ月だけ1%上げるとか、国民がみんなで痛い思いをする。

税金というのは、いつの間にか取られていることが多いが、これについては、「取られてる」と、ギシギシ意識するように取る。
なにせ、アメリカから日本が強奪されているのだから、その痛みを感じながら払う。
しかし、同時に、その痛みを、いままでは(今でも)全部沖縄に押しつけているのだから、少なくとも基地の無い地域の人間は、コンチクショ-と思いながら払う。

ハトさんは、アホな閣僚をとっとと更迭して身辺整理をした上で、捨て身の交渉をアメリカとやらかしていただきたい。
ゆめゆめ相手を間違えないように。
交渉相手の段取りを外務省や防衛省の官僚などにやらせると、とんでもない悲劇が待っているはずだ。

そして、これ以上は無理だという線がはっきりしたら、正面から国民に向かって説明してほしい。
なんでこういうことになったのか。
これからどう進みたいのか。
そして、いま、どれだけの負担があるのか。

オープン会見で、夜通しでも語ってほしい。
岩上さんやフリーの人たちが、生中継してくれるはず。
そうそう、全然しられていないけれけど、民主党もネット生放送をやっているし。

とにもかくにも、私らの言うべきことはひとつ

沖縄に基地はいらない
日本に基地はいらない


※追記

保坂展人さんが どこどこ日記で「 沖縄の『米軍等の事件・事故』は年間1000件の衝撃」 という記事を発表している。なにせ、その数字と内容をみたアメリカの高官が絶句したというのだから 凄まじい。

more・・・ に主だった事件の部分を引用させていただく



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

保坂展人さん どこどこ日記より引用

社民党要求・防衛省提出の「沖縄県における主な事件・事故一覧(2004年以降・2009年7月31日現在)」という統計を見てみよう。

2004年
6月15日 北谷村の民家の庭 (※所属・米海兵隊) 米軍機F/A18からの部品の一部が落下。
8月13日 沖縄国際大構内 (普天間) 米軍ヘリ(CH-53D)が墜落。
8月22日 本島中部 (米軍関係者) 米軍関係者による強姦事件(後に1998年6月13日の強姦事件で再逮捕)

2005年
4月27日 伊江村 (トリイ) メインパラシュートが提供施設外に落下。
5月11日 沖縄市 (在韓米軍) 米兵による強盗致傷事件。
6月6日 宜野座村 (キャンプ・シュワブ) 水陸両用車が高架橋の側壁及び上部フェンスに衝突。
6月9日 キャンプ・シュワブ水域内 (キャンプ・シュワブ) 水陸両用車が沈没。
7月3日 沖縄市 (嘉手納) 米兵による強制わいせつ事件。

2006年
1月7日 キャンプ・フォスター内 (キャンプ・フォスター) 米兵によるタクシー強盗事件
3月30日 嘉手納上空 (嘉手納) 米軍機(F-15)からパイロットのミスにより訓練用照明弾を発射。
6月4日 読谷村 (嘉手納) 米兵による交通死亡事故。
7月4日 沖縄市 (海兵隊) 米兵による強盗致傷事件。(08年4月25日事件覚知)
7月30日 北谷町 (トリイ) 米兵によるひき逃げ事故。
8月18日 沖縄市 (海兵隊) 米兵による交通死亡事故。
8月25日 陸軍貯油施設(桑江第2タンクファーム) (嘉手納) 米軍機(F-15)からパイロットの不注意により訓練用照明弾を発射。
12月13日 トリイ通信施設沖の海上 (海兵隊) 米軍ヘリ(CH-53D)が車両吊り下げ中、乱気流を受け、安全のため同車両を海上に投下。

2007年
1月5日~ 北部訓練場(福地ダム・新川ダム) 米軍のものと思われるペイント弾、照明弾等がダム湖から多数発見。
1月15日 沖縄市 (第1防空砲兵大隊PAC3要員) 米兵による強盗致傷事件。
5月26日 沖縄市 (キャンプ瑞慶覧) 米兵による強盗致傷事件。

2008年
1月7日 沖縄市
(普天間) 米兵による強盗致傷事件。
2月10日 北谷町 (キャンプ・トニー) 米兵による少女暴行事件。
2月18日 沖縄市 (米陸軍) 米兵による強姦致傷事件。
3月16日 沖縄市 (嘉手納) 米兵による強盗致傷事件。
4月9日 鳥島村射撃場付近提供海域 (海兵隊) 米軍機が訓練中に実弾をターゲットから外れて誤投下。
8月11日 うるま市 (ホワイトビーチ地区) 米兵による交通死亡事故。
10月24日 名護市 (嘉手納エアロクラブ) 嘉手納エアロクラブ所属のセスナ機が墜落。

2009年
4月4日 那覇市 (キャンプ・ハンセン) 米兵によるひき逃げ事故。

その他の主な事件(上記表の対象期間外のもの)
1995年9月 本島北部 (海兵隊) 米兵による少女暴行事件。
2009年11月 読谷村 (米陸軍) 米軍関係車両によるひき逃げ死亡事件。(捜査中、被疑者未起訴)

(引用以上)
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どろさんの「護憲的安全保障論」を読む

  しばらく前に、『軍隊の「存在の是非」と「本来あるべき姿」と「逸脱した現実の姿」と、それらをめぐる論議についてのメモ』という記事...

「基地阻止」から「基地閉鎖」への直接行動の拡大を ? “Futenma 365” の提案 ?

末尾に追記有り(18時02分)     要約 普天間問題が全国民のアジェンダになっているかつてない機会(オポチュニティイー)を生かし,普天間基地撤去を実現するためには,同基地のゲートに連続的かつ長期間に亘って座り込む,非暴力の封鎖行動が必要かつ効果的であると...

 米軍飛行訓練を全国に分散…政府検討

もう一度言います。 米軍基地は削減縮小を続けていけば良いのです。 普天間飛行場を移設する必要などはありません、廃止すれば良いのです。 何か有った時戦争で物事を解決しようという心構えではいつになっても平和は訪れません。  米軍普天間飛行場の移設問題について

【普天間】65年前に喪った独立国家の誇りを取り戻す為には国外移設が必要だ【高橋記者改心?】

 犯罪ばかり犯して役立たずの極致である駐日米海兵隊だが、売国翼賛マスゴミや抵抗夜盗がすっかり身に付いた宦官ジミンの蠢動によって、 普天間の移設問題はすっかり政争の具に成り果てた!  そうした売国勢力の策謀もあって、鳩山首相がサンドバック状態に有る中、 沖

【普天間】65年前に喪った独立国家の誇りを取り戻す為には国外移設が必要だ【高橋記者改心?】

 犯罪ばかり犯して役立たずの極致である駐日米海兵隊だが、売国翼賛マスゴミや抵抗夜盗がすっかり身に付いた宦官ジミンの蠢動によって、 普天間の移設問題はすっかり政争の具に成り果てた!  そうした売国勢力の策謀もあって、鳩山首相がサンドバック状態に有る中、 沖

「赤旗志位之助を外務大臣に」発言を断固支持

蟷螂の斧ではあるが。僕ら、左派・市民派ブログシーンに依拠し、護憲や反自民を表明するブログの多くは、普天間基地問題に対し、断然沖縄県民の味方であり、米軍基地国外移設、基地撤去を求めている。護憲なら、当たり前だ。 然るに、その多くは、民主党を支持している...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

前略
文中に登場する平良夏芽さんについて。

平良さんは何故、辺野古から追放されたのですか?
あれだけ平良さんと蜜月関係にあった沖縄の活動家もマスコミも、皆一様に口をつぐんでいます。
「平良夏芽牧師さんを溺死させようとしたり~」という刺激的な表現を用いるなら、平良さんについての正しい情報も教えてください。

No title

アメリカ税、という名称で国民から取ればいいですね。

No title

いつの間に日本に駐留する全米軍が移転するみたいな話になっているのでしょうか。

地下資源?沖縄で中国が強引に採掘しようとしている所はなんでしたっけ?

日本の水源を買いあさっているのはどこの国でしたっけ?

地理的にも太平洋の防波堤になる日本を狙わない訳ないでしょう…

あと「アメリカが日本に存在している事」が抑止力なんだから「日本はアメリカを守る、守らない」の議論自体が愚問。

最大の貿易相手国、日本というお得意さんを攻撃したら自分たちがどうなるか、中国の支配層が一番よく分かっているはず。それに、何の地下資源も無い日本に攻めいってくる国が存在すると思う?

中国は台湾を軍事威圧しないだろうか。
中国はカンボジアのポルポトを支援しベトナムに攻めこんだ。
アメリカも中国も信用に値するだろうか。
海兵隊が本音では日本の金でグアムに行きたそうということは中国と新たに約束ができてるのでないか。
中国が第2の日本になることを見越して。
ドイツがソ連との戦争に追い込まれたようにシナリオがあるんじゃないか。

> オープン会見で、夜通しでも語ってほしい。

「日米同盟の正体」を書いた元外交官・孫崎享氏も、今日のNHK・日曜討論で同趣旨のことを語られていた。
「40分でも1時間でも」と短めではあったが。

ほとんど賛成なのですが・・

消費税はむしろ、食料品に関しては減税すべきなのではと。庶民の生活コストを下げ、貧困格差を是正するためにも。
その代わりに、「贅沢品税」を新設して富裕層へ増税すべきだと思う。貧困国から食料を奪い、地球環境悪化の原因となってる食肉用の穀物栽培のための熱帯雨林破壊を防ぐために、「食肉税」もまた・・

そうそう!

移転先を日本が提案する必要なんてないですよ。
「出て行け!」
必要なのは、たったこれだけ。
私なら、ワシントンかニューヨークに移転することを提案しますけどね(笑)。

それにしても、いまだに「日本はアメリカ軍に守ってもらってる」という人がいるのには笑えますね。

根源

やっと根源に辿り着いた記事が出ました。
その通りなのです、今私達が言うべき事は”出て行ってくれ!”これだけです。

これが元で我が国に妨害危害が発生したらそれこそアメリカが日本国の真の敵だと証明されます。
そのために堪え忍べと言われるなら草の根喰っても耐えます。
銃を獲れと言ったら取ります。
これが本当のShow the flagです。

条件反射を繰り返す被洗脳患者は次なる洗脳まで待ってなさい。(笑)

鳩山宣言して欲しいです

参考

 全國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ。
 長い間虐められて來た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々によってなされた吾らの爲の運動が、何等の有難い効果を齎らさなかった事實は、夫等のすべてが吾々によって、又他の人々によって毎に人間を冒涜されてゐた罰であったのだ。そしてこれ等の人間を勦るかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想へば、此際吾等の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集團運動を起せるは、寧ろ必然である。
 兄弟よ、吾々の祖先は自由、平等の渇迎者であり、實行者であった。陋劣なる階級政策の犠牲者であり、男らしき産業的殉教者であったのだ。ケモノの皮を剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代價として、暖かい人間の心臓を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の惡夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあった。そうだ、そして吾々は、この血を享けて人間が神にかわらうとする時代にあうたのだ。犠牲者がその烙印を投げ返す時が來たのだ。殉教者が、その荊冠を祝福される時が來たのだ。
 吾々がエタである事を誇り得る時が來たのだ。
 吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦なる行爲によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならなぬ。そうして人の世の冷たさが、何んなに冷たいか、人間を勦る事が何であるかをよく知ってゐる吾々は、心から人生の熱と光を願求禮讃するものである。
 水平社は、かくして生れた。
 人の世に熱あれ、人間に光りあれ。

参考
「人の営みにおいて,ある人民にとって,他の人民と結びつけてきた政治的な絆を解消し,自然の法や自然の神の法によってその資格を与えられている独立した,対等の地位を地上の各国のうちに得ることが必要となるとき,人類の意見をしかるべく尊重するならば,その人民をして分離へと駆り立てた原因を宣言することが必要とされるだろう.
我らは以下の諸事実を自明なものと見なす.すべての人間は平等につくられている.創造主によって,生存,自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている.これらの権利を確実なものとするために,人は政府という機関をもつ.その正当な権力は被統治者の同意に基づいている.いかなる形態であれ政府がこれらの目的にとって破壊的となるときには,それを改めまたは廃止し,新たな政府を設立し,人民にとってその安全と幸福をもたらすのに最もふさわしいと思える仕方でその政府の基礎を据え,その権力を組織することは,人民の権利である.確かに分別に従えば,長く根を下ろしてきた政府を一時の原因によって軽々に変えるべきでないということになるだろう.事実,あらゆる経験の示すところによれば,人類は害悪が忍びうるものである限り,慣れ親しんだ形を廃することによって非を正そうとするよりは,堪え忍ぼうとする傾向がある.しかし,常に変わらず同じ目標を追及しての権力乱用と権利侵害が度重なり,人民を絶対専制のもとに帰せしめようとする企図が明らかとなるとき,そのような政府をなげうち,自らの将来の安全を守る新たな備えをすることは,人民にとっての権利であり,義務である.―これら植民地が堪え忍んできた苦難はそうした域に達しており,植民地をしてこれまでの統治形態の変更を目指すことを余儀なくさせる必要性もまたしかりである.今日のグレートブリテン国王の歴史は,繰り返された侮辱と権利侵害の歴史であり,その事例はすべてこれらの諸邦に絶対君主制を樹立することを直接の目的としている.それを証明すべく,偏見のない世界に向かって一連の事実を提示しよう.
公共の利益のために最も穏当かつ必要な法律に裁可を与えることを拒否した.
緊急かつ切迫した要のある法律を通過させることを総督に禁じ,総督をして国王の裁可が得られるまでその権能において保留させることを課し,そのようにして保留させた上で(裁可すべき)法を全く閑却した.
広範な地域の人民のための他の法を通過させることを拒み,その人民に本国の立法府において代表される権利を放棄することを求めた.そのような権利は人民にとってかけがえのないものであり,これを恐れるは専制君主のみである.
立法府を普通でない,公文書の保管所からも離れた不便な地に召集した.疲弊させることにより本国の施策に従わせんとするためである.
人民の権利の侵害に対し断固とした雄々しい決意をもって反対した代議院をたびたび解散した.
そのような解散ののち,長きにわたって新たな代議員が選出されるようにはからうことを拒否した.これにより,消滅することのない立法権限は人民全体にその行使が返還されたのである.その間もその邦は外からの侵略,内なる騒乱のあらゆる危険にさらされていたのである.
これら諸邦の人口を抑制せんと努めた.その目的のために外国人帰化諸法を妨害し,この地への移民を促進する他の諸法の通過を拒み,新たな土地の割り当ての条件をつり上げた.
司法権を確立させる諸法への裁可を拒否することにより,司法の執行を妨害した.
判事を,その地位,俸給額,俸給の支払いについて,己の意志にのみ依存せしめた.
おびただしい数の新たな官職を創設し,この地へ官吏の大群を送って我らが人民を悩ませ,我らが物資を蚕食した.
平時において我らのうちに,我らの立法府の同意なく常備軍を駐留させた.
軍部を文民権力から独立させ,それに優越させようと努めた.
我らを,我らが国制にとって異質で我らが法によって認められていない権限のもとにおくべく(本国議会と)共謀し,本来の権能を逸脱した立法府の下記の目的の諸法に裁可を与えた.
 我らのうちに大規模な軍を宿営させる
 その兵がこれら諸邦の住民に対して殺人を犯しても,みせかけばかりの裁判をすることによって処罰を免れさせる
 世界各地と我らの通商を遮断する
 我らの同意なく我らに税を課する
 多くの場合において陪審に基づく裁判の恩恵を奪う
 でっちあげの罪状によって我らを海の向こうへ移送して裁く
 隣接する植民地(カナダ)において英国法の自由な体制を廃し,そこに専横的な政府を設立し,その境界を広げることによって,その地を我らが植民地にも同様の専制支配を導入するための先例とし,格好の道具とする
 我らの特許状を取り上げ,我らの貴重この上ない法を廃し,我らの政府の形態を根本的に変更する
 我ら自身の立法権限を停止し,いかなる場合においても我らに代わって立法する権限が自分たち(本国議会)にあると宣言した
我らを国王の保護の外にあると宣言し,我らに戦争をしかけることによって我らの統治を放棄した.
我らの領海を収奪し,沿岸を荒らし,町を焼き,人民の命を奪った.
現在も外国人傭兵の大軍を送ってくるところで,それにより,最も野蛮な時代にさえその比をみない,およそ文明国の元首の名に値しない残虐と不実の状況を伴って始められた死と荒廃と専制を完成させようとしている.
公海において捕らえられた我らが同胞たる市民に祖国に対して武器を取らせ,その友人兄弟を処刑するか,さもなくばその手にかかって自らが命を落とすようにしている.
我らのうちに内乱をひき起こし,我らが辺境の住人に対し情け知らずのインディアンをけしかけようと努めた.インディアンの戦い方が,年齢,性別,社会的地位に関わりなく無差別に殺害するものであることはよく知られている.
これらの抑圧のあらゆる段階において,我らは最も謙虚な言葉をもって改善を請願してきた.我らの度重なる請願は,度重なる侮辱によって応えられたのみだった.このように専制君主の定義となりうるあらゆる行動によって特徴づけられる資質をもった君主は,自由な人民の統治者たるに不適当である.
我らは英国の同胞に対しても注意を怠ってきたわけではない.折に触れては英国の立法府が不当な権限を我らに対して及ぼそうとしていることを警告してきた.我らが祖国を出,この地に落ち着いた事情を想起させてきた.同胞たちの生来の正義心と度量に訴え,共通の血が流れる絆により,彼らがこれら,我らのつながりと交渉を必ずや絶ち切ることになる権利侵害を非とすることを懇請してきた.同胞らもまた正義と血縁の声に耳を傾けなかった.したがって,我らは我らの分離を宣言する必要性を認めざるをえず,祖国の同胞は他の人類と同様,戦時にあっては敵,平時にあっては友とみなさざるをえない.
ゆえに我らアメリカの連合諸邦(the united States of America)の代表は連合会議に集い,世界の至上なる審判者に対し我らが意図の正当性を訴えて,これら植民地のよき人民の名と権威において,厳粛に公に宣言する.これら連合植民地(United Colonies)は自由にして独立な国家であり,またそうであるべきものである.英国王に対する忠誠はいっさいこれなく,グレートブリテンとの間の政治的なつながりは完全に解消されており,またそうあるべきものである.諸邦は,自由にして独立な国家として,戦争を行ない,講和を締結し,同盟を結び,通商を確立し,その他独立国家が当然の権利として行ないうるあらゆる行為をなす完全な権限をもつものである.この宣言を支えるため,神の摂理への堅い信頼とともに,我らは相互にその生命,財産,そして神聖なる名誉を捧げあうことを約するものである.」

奴隷解放宣言して欲しいですね。
独立宣言して欲しいですね。
鳩山宣言して欲しいですね。


No title

>なんで鳩山さんが、米軍の行き先を考えなくちゃならないの?

既に決まってたものを何の考えもなしに勝手にひっくり返したからです。

>沖縄に基地はいらない
>日本に基地はいらない

国防はどうすんです?
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg