2010-05-28(Fri)

海兵隊は「アメリカに対する」抑止力

またまた ひと言だけ

海兵隊が北朝鮮や中国への抑止力だという、笑えないボケをかますヤツらがいる。
着ぐるみでも着て、いかにもアホですという格好で言うのならばスベッても罪はないが、エラそうな顔で最もらしく言うから始末が悪い。

一説では、海兵隊を含めて日米安保は、日本の再軍備への抑止力だという話もある。
これまた、もっともらしいが、それにしては自衛隊という名の日本軍が、ずいぶんりっぱなものになっているのは、どうしたわけだ。

世界で7番目の軍事費を誇る日本が、再軍備していることは、小学生でも知っている。
ただ、在日米軍は、日本軍の鼻先をつかんでいる、ということ。
限りなく 在日米軍の日本人部隊にしたい。

その在日米軍に対して、鳩山首相という個人も含めて、まったく歯が立たないという悲惨な現実を目の前にしている。
辺野古水域と明記したばかりか、1600メートルだった滑走路に200メートルもおまけをつけてあげる始末。
1800メートルという長さは、嘉手納の非常時の代替にするためだという話もある。

「両政府は,オーバーランを含み,護岸を除いて1800mの長さの滑走路を持つ代替の施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置する意図を確認した。」
外務省ホームページ <仮訳>共同発表 日米安全保障協議委員会

それにしても、いわゆる2+2というこの形は、首相や大統領の名前もなく、もちろん国会で議論も了承もなく、決められていく。
だからさすがに、言い回しは 「決意した」とか「意図を確認した」 てな言い方になっている。

つまり、少なくとも形式上は、担当大臣が 「こういうつもりです」と確認したにすぎないのである。
だから、これも少なくとも形式上は、共同声明に「辺野古」と書いてあり、閣議決定に書いてなかったら、書いていない閣議決定の方が優先される。

2+2は担当大臣の「つもり」にすぎないからだ。

とは言え、現実は、選挙でえらんだ国会や閣僚よりも、秘密裏に官僚と担当大臣が決めた「つもり」のほうが優先される。
これが、属国である日本の現実だ。

もし、海兵隊をすべてテニアンにお引き取りください と正面から提案していたら、アメリカはどういう手に出ていたのだろうか。
最低でも鳩山由紀夫の老後は悲惨なものになっていく。田中角栄のように。

その程度で済めばいいが。
断末魔のアメリカは、何をするかわからない恐ろしさがある。
その凶暴さは、北朝鮮なんて目じゃない。
オバマなんて所詮操り人形だということ。

このアメリカの暴発を押さえるための「抑止力」が、沖縄の海兵隊への至れり尽くせりのおもてなしというわけなのだろう。

沖縄は、またしてもこの屈辱的な接待役を押しつけられることになる。
橋下徹は、蚊帳の外から「大阪府民は安全をただ乗りしている」なんて正義仮面をかぶっているけれども、実態はちがう。
安全をただ乗りしているのではなく、ご主人様への過剰接待を沖縄に押しつけているのだ。

危険なのは、北朝鮮よりも中国よりも、まずは暴君であるアメリカなのだから。

ハトは、敗れ去ることで、この現実を表に出すことに少しは成功したと言えるだろう。
せめてもの功績だ。

沖縄の怒りを、少しは理解できる人が増えたこと。増やしていくこと。
これが、これから向かうべき方向だろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海兵隊は「アメリカに対する」抑止力

反戦な家づくりhttp://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-876.htmlまたまた ひと言だけ海兵隊が北朝鮮や中国への抑止力だという、笑えないボケをかま...

牙を抜かれて

Kathy Kelly 2010年3月30日 もしも、アメリカ国民が、アフガニスタンで過去十カ月の間に起きた、民間人に対する残虐行為を映し出す鏡を、しばらく、じっと眺めれば、アメリカ人に何の悪意も持たない無辜の一般市民に対して犯された戦争犯罪に、協力し、その為の資金を出し...

福島消費者相、罷免~鳩山政権、重大局面に~

閣僚が罷免される、というのはそうあることではない。 今回が、わずかに5例目である。 これまでのケースは、戦後の混乱期や、政局が混乱したとき、あるいは発言の責任を取らされた場合といったものだった。 基本的な政策の違いによる罷免ははじめてである。 鳩山...

日銀と大蔵(現財務)省が、日本経済を破壊した。今も・・。

 玄葉光一郎氏という方は、政権交替するまで顔も名前も知らなかったんですが、福島選出の民主衆議員で、ニセ黄門さんと7奉行の一角にいる...

アメリカ軍の抑止力とは?

今日の志村建世のブログ(5月15日)の記事 「貧困大国アメリカ?」を読む(2)にはショックを受けました。 アメリカでは最近ホームレスを...

持ち直せるか?

鳩山内閣の支持率が急落し、20パーセント台、危険水域か。 こんな時に普天間問題は結局現行案というのもまずかろう。 (やっぱ、大阪がよかっ...

「日米同盟原理主義」と「沖縄差別」に抗する

  「福島瑞穂・社民党党首の沖縄訪問への民主党からの批判を批判します」の記事の続きのようなものです。 福島みずほ大臣の沖縄訪問と、...

【デッチアゲ犬察】 厚労省・村木元局長事件 「無罪」確定で検察の赤っ恥

★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください [にほんブログ村 政治ブログへ]にほんブログ村 http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/183.html 投稿者 ミスター・ホワイト 日時 2010 年 5 月 27 日 17:17:57: qq0ZSCX0eZ.vM http://gendai.net/articles/vi...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

閣議決定に辺野古と徳之島記載

これって福島さんじゃなくてもひどいって思う。
その福島さんが閣議で孤立…かつ罷免。
辞めるべき人間違ってません?

「アメリカが本当に望んでいること」(N.チョムスキー著/1994)より

> 危険なのは、北朝鮮よりも中国よりも、まずは暴君であるアメリカなのだから。

-ケナンは米国の政策立案者の中でも...戦後世界を形成するにあたっての中心人物であった。
彼の著作は穏健派の立場を描き出したものとしてとても興味深い。その一つに1948年に...書いた政策計画研究23(PPS23)がある。これは、米国について理解したいときに目を通すべき資料の一つである。以下にその一部を引用しよう。

「我々の人口は世界の6.3パーセントに過ぎないが、世界の富の約半分を所有している。・・・・・・こうした状況では、我々が羨みと憤慨の対象となることは避けられない。今後我々が本当にしなくてはならないことは、この均衡のとれない位置を維持できるような国際関係の様式を作り上げることである。そのためには感傷主義と夢想は捨て、あらゆる面で、我々の国家目的に注意を集中しなくてはならない。・・・・・・人権や生活水準の向上、民主化といった曖昧で非現実的な目標について語ることをやめなくてはならない。我々がはっきりと力によって問題に対処しなくてはならない日が来るのはそう遠いことではない。そのときに、理想主義のスローガンに邪魔されなければされないほど好ましいのだ。」

もちろん、PPS23は当時の極秘資料であった。というのは、政策立案者たちがこうした話を進める一方で、人々をなだめるために(現在でも頻繁に行われているように)「理想主義的なスローガン」を大きく吹聴する必要があったからである-

罷免

正論を吐いてた福島瑞穂が罷免とは…

あまりにも酷すぎます。

一体どうしたんだ鳩山…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg