2010-06-02(Wed)

けっこう本気で「馬淵首相」を期待する

鳩山は、おそらく次の手を考えていた。
アメリカ議会のグアム移転予算が通り次第、日米合意を修正しようとしていたのではないか。
少なくとも、ある程度の時間枠の中で、反撃に出る気持ちはあったようだ。

対アメリカの交渉で、一方的に産軍複合体の側だけと接触していたとは考えにくい。
外務や防衛の官僚はそうだったかもしれないが、鳩山のネットワークがそれだけとは思えない。

そして、当初は国外移設の感触を得ていたのだろう。
それが、アメリカの経済の悪化、オバマの凋落とクリントンの台頭、それに並行した産軍複合体の影響力の復活。
こうした要素が、当初の方向を転換させ、ハトの思惑は外れに外れ、こういう結果にあいなった。

次に、仕組まれたのが、福島さんの罷免だ。
たとえゴマカシでも、政府方針から辺野古を削り、首相発言で乗り切る手もないわけではなかった。
しかし、実際には、福島さんが絶対に妥協できない、辺野古明記の閣議決定となった。

それで「ウルサイのがいなくなって清々した」と言うのならば、そうした鳩山の決断もありうるのだろうが、逆にそれが原因で自分が辞任するのだから、どうしたってオカシイ。
「何か」をネタに、脅迫されていたののではないか、と思わざるを得ない。

そして、その脅迫の最後の仕上げが、小沢への辞任要請。
鳩山が一緒にやめてくれ、と言えば、小沢としては嫌とは言えない。
ジエンド だ。

5月に入ってからのハトの動きは、すべて何かに脅迫され、強制されているようだ。
辺野古で合意し、福島大臣を罷免し、社民党を離脱させ、最後は小沢を道連れにして辞める。
最悪だ。

小沢一郎の力が、今後どれだけ発揮されるのか、されないのか、全くわからない。
政治とカネの問題なんて、国民は本音ではたいしたこととは思っていない。
マスゴミが大騒ぎするから、聞かれれば「セツメイセキニンが」どうのと答えるけれども、本当に大事なことは自分たちの生活を守ってくれるかどうか だ。

だから、この普天間をめぐる5月の騒動さえなければ、参議院選はまだまだわからなかった。
が、もしここで前原なんぞが首相にでもなった日には、自民党は大喜びするけれども、国民は絶望だ。
普天間で辞任した鳩山の後に、その責任者の一人がノウノウと後釜にすわるなんていうそのセンスにがっくりだし、なんといっても、前原は高速道路を値上げしようとした張本人として、国民には認知されている。

もっとも、高速道路の値上げなんていうのは、前原の数々の大罪の中ではちっぽけなモンだけれど。

下馬評どおり菅直人が首相になったとしても、増税で選挙をするような馬鹿な真似をして、勝てるわけがない。
あえて前面に出ずに温存されてきた菅直人になる可能性は大きそうだが、財務官僚に取り込まれてしまった状態では、経済政策でつまずくだろう。

そこで、可能性も何も考えずに、馬渕澄夫首相ではどうか。
馬淵さんならば、反小沢グループも文句ないだろう。
しかし、前原の下で働くことによって、反小沢グループのおぞましい実態もよく理解しているはずだ。

mabuchi.jpg

政治家としてのしたたかさと、実行力をもちながら、企業献金を受け取らないということも徹底している。
あの耐震偽装事件で活躍したことで、国民への知名度もある。

若いといっても、オバマよりも一つ上だ。

小沢一郎が最高顧問兼選対本部長になり、菅直人には官房長官になってもらって、馬淵澄夫首相。
起死回生の策はこれしかない!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

次期総理は田中真紀子氏で行けば面白くなりそうです。どちらにしても暫定的ですから、「世襲総理の短命」と云うアノマリーもここでは例外としておきたいものです。

「政治とカネ」は民主主義を破壊する

クリーンな政治、「政治とカネ」発言している政治家には期待できません。
それは検察の恣意的な捜査が私には及ばないと宣言しているのと同じだからです。
検察の恣意的な捜査で民主主義を破壊する道具に過ぎない「政治とカネ」問題の本質を理解している政治家が民主主義を破壊することに協力してはいけません。
クリーンな政治を求める鳩山首相であれば、問題発覚後に首相への就任は理屈にあいません。
迷走総理たる発言ですね。
辞める気の無い鳩山首相に、辞任を求めた小沢さんへの最後っ屁ですね。
主権在米首相では政権交代の意味がありません。
それが小沢さんの本音ではないでしょうか。
政治とカネより、フィクサー秋山資金の提供を受けていた誠司とカネの方が問題ですよ。
菅さんも財務大臣になって、官僚に意のままに増税路線突撃ラッパで、参議院選自爆テロでは、小沢さんが辞めるのも当然でしょうね。
選挙後に政界再編、それまで小沢さんも一休みでしょうか?
「国民はそろそろ自分で考えてしっかりと選挙で投票しろよ」と言いたいのかも知れませんね。
小沢一郎一人に頼る政治もなんとも寂しいかぎりです。
次の首相は最初の一歩は機密費公開が踏みえですね。
それで、主権在米か、国民主権か、判る気がします。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg