2006-03-01(Wed)

イラク戦争のガセネタ

雑談日記さんからTBもらって、今叫ぶべきことに気が付いた。

irakugaseneta.gif


テレビを見ていると、前原の卑劣さばかり鼻につくものだから、どうしても前原批判に脚をすくわれがちだが、そんなこと言っている場合ではない。

そう。とんでもないガセネタを、正々堂々と開き直って殺戮の限りに手を貸したのは、他でもないコイズミ本人ではないか!!

大量破壊兵器の存在を証明できなかったブッシュと、そのガセネタをもとに、ブッシュを支援し自衛隊を今もなおイラクに侵略させているのは、このコイズミ本人だ!!

くだらないメール問題を、大騒ぎすること自体どうかしている。コイズミの厚顔無恥に比べたら、このくらいのことは、「人生色々、メールも色々」と笑い飛ばしたらいいのだ。
(おっと、Watermarkさんも同じ文句を書いている)

コイズミも自分で言っている。永田の入院について、「これくらいのストレスで入院するなら、自分なら毎日入院だ」と。
まったくそのとおりで、これくらいの間違いは、笑い飛ばして突き進むくらいのエネルギーをもたねば、この冷酷で神経のブチ切れたコイズミに勝てるわけがない。

前原の卑劣な振る舞いは確かに民主党にとって足かせだ。また、素性がどうであれニュースソースを守りきれないのは、今後の民主党にとって大きな障害になるだろう。

しかし、いま反コイズミ陣営が論ずるべきは、そんなことではない。

最大のガセネタはイラクの大量破壊兵器。それをつかんで戦争=殺戮を支援したのはコイズミ。これを言わずして 何を言う。

雑談日記さんに感謝。

民主党が言いにくかったら、社民党が、共産党が言わずしてどうする!

足の引っ張り合いをしているほど、余裕があるのだろうか。
ぜひとも、野党の一致した攻勢を期待したい。

バナーを広めようという呼びかけ、賛同します。
3月いっぱい、ブログの冒頭に貼り付けます。
ここからでも、オリジナルの雑談日記さんからでもコピーして、じゃんじゃん貼って欲しい

irakugaseneta.gif


※民主党は馬淵議員、社民党は保坂議員のブログにTBさせてもらったが、共産党はブログ付けてる人いないのかな? 衆議院議員のHP全部見たがパターンが同じ。ブログは無い。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべては9.11から始まった

このところまったく更新していなかったので、なにから書き始めるべきかと迷ったが、考えてみれば、そもそもこのブログにしてからが、そんなに継続的に書かれてるわけでもない。そんな中で気が付くのは、臨場哲学通信からの連続の中でみてみると、アメリカ・イギリスによる対

アンケートの結果発表ですッ!

質問:ライブドア問題について、メディアにどのような報道を望みますか?アンケートの結果が出ましたので、お知らせいたします。皆さん一人々々にお礼をいたしたいところですが、ままなりませんので、この場をお借りして、お礼申し上げます。クリックしていただいた方、トラ

それであのネタはどこへ?

今日、韓国は3.1独立運動を記念した日なので祝日です。そんなんでまったりと過ごしております。ところで、ここんとこNHKは見てません。なんでかっていうと、メールがどーたらこーたらとウザいからです。なんかこのニュースを見ていると(見たくなくても目に入ってくるー!)

緊急アンケートです(3月7日0:00締め切り)

 ブログの共同管理のテストケースとして、今回「逍遥録-衒学城奇譚-」の発掘屋がこの記事を書いています。 アンケートを実施しております。TBで回答するタイプとクリックで回答するタイプです。よろしければ回答お願いします。質問:ライブドア問題について、メディア

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

論争

イラクと中東をめぐるこの種の論争は、多くのの場合アメリカや
「有志同盟」の論理や現実認識は意図的に歪められたものであり、
それに対立する立場のものは論理的一貫性が見られる、というのが
私の観察です。

今回もやはり自由 #-さんのご投稿は、万人を納得させるだけの内容が
ありました。付け加えればイラクはアラブ圏内、イランはアジアですから
(だいたい昔はペルシャで、アレクサンダー大王と戦った地域でしょう)
軽々にフセインとサウジアラビアとイランが手を組んで、などとなるわけが
ないのです。

ちょっと話題はずれますが、イスラム理想主義のビンラーディンと、
フセインが、思想的にも政治的にも絶対に手を組むことはあり得ないのは、
事情をちょっと知っている人ならば、すぐさま理解できた
ことですが。それでもアメリカはビンラーディンとフセインが共謀している
かのごとき噂を流し、いまでもアメリカ国民の50%近くはそれを信じている
というのですから、何をか言わんやですね。もっとも日本人もそれと全く
変わらないのかもしれませんが。

そうかなー

<もしサダムをあの時点で排除しなければ、ファハド<の死後(〇五年五月死去)石油埋蔵量一位のサウ<ジと同一位のイラクは確実に手を握る。

なぜ確実に手を握るんでしょうか?ウィキペディアで調べてみると「前国王が1995年に脳卒中で倒れて以来、皇太子の地位にあったアブドゥッラーは事実上の摂政として、政治の実権を握ってきた。」となってます。よって国王が死んでも関係ないんじゃないですかねー。それにサウジアラビアは親米ですから、なぜアメリカと敵対してまで落ち目のフセインと組む必要があるんでしょうか?これを読む限りは原理主義者ではないようですし、ブッシュとも親友のようですね。もし、裏でなにか画策しているのであれば、アメリカが新国王に圧力をかけるなり排斥すればいいだけだと思います。フセインを取り除いても、新国王が反米勢力の集結を画策していれば、いつまでたっても裏でアメリカに反抗し続けるでしょうから。

<米国と反目するイランもその輪に加わるだろう。
これもなぜでしょうか?イランとイラクは敵対してるんじゃないですか?戦争もしてましたし。調べてみるとイラクはアラブ民族主義でイランはイスラム原理主義ですから、宗教的にもイデオロギー的にもフセインとはくっつかないんじゃないですか。風刺画問題を見ていても、かなり原則を重んじているようですから。独ソ不可侵条約を締結したようには行かないんじゃないですか。むしろフセインがいなくなったほうがイラクとイランは、くっ付きやすいんじゃないですかねーイラクでシーア派の政権ができれば当然反米・親イランでしょうから。

<この戦争ならまずサダム。反米のアラブ民族主義<者。世界第二位の石油埋蔵量を背景に強大な軍<事力を持つ。もう二度も戦争を起こした行動派だ。
紹介してある佐藤守さんのブロクでは、こう書いてありますけど、あの時点でイラクが強大な軍事力って無いんじゃないですか?経済封鎖やアメリカに完全に制空権を握られて、事あるごとに空爆されて弱体化してたと思いますけど。
それと佐藤守さんは「フセインとフランスなどが、ユーロ建て取引を画策」したことがイラク戦争の原因ではないかと思ってるようですね。

<大事の前の小事で火を止めるための防火破壊家屋と同じ原理でしょう。
開戦動機はどうあれ、だれが火をつけたか?ということが問題だと思います。火をつけては消すのマッチポンプを繰り返しているうちに、取り返しのつかないことになって、関係ない国々にも被害が発生することになると思います。

イラク戦争は必定です。

軍事評論家佐藤閣下のブログをお読みください。
「イラク戦争の真実」が掲載されています。他の書物にも多数似たような内容の記事の掲載は読んでいます。分かりやすいと思います。
大事の前の小事で火を止めるための防火破壊家屋と同じ原理でしょう。http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/
もしサダムをあの時点で排除しなければ、ファハドの死後(〇五年五月死去)石油埋蔵量一位のサウジと同一位のイラクは確実に手を握る。シリアのアサド大統領も、米国と反目するイランもその輪に加わるだろう。イランは石油埋蔵量世界第四位。

 ということは空前の規模で石油と軍事力が結びついたアラブ・イラン連合が現実のものになる。これを背景にパレスチナではハマスとハシュディムが歯止めの利かない衝突を始める。つまりかなり高い確率で中東戦争が勃発し、同時に第二の石油ショックが出来(しゅったい)することになる。

遅ればせながら

Lichfield名で、下に投稿したものです。

貴ブログへの初めての投稿でしたが、ご挨拶いたしておりませんでした。
失礼いたしました。

いつも拝見させていただいております。今後ともご活躍をお祈り申し上げます。

イラク

# 自由 #-さんの投稿に尽きていると思いますね。

どうやらイラクの内情はゆるやかな内戦になりつつあるようです。
各宗派や政治的グループの対立は今後しばらくは収まることは
ないでしょう。まさにパンドラの函を開けてしまったというところ
です。もちろんアメリカがですよ。中東に蒔かれた憎悪の感情は
今後何百年も消えることはなく、ブッシュの代償をアメリカ国民は
これからずっと払い続けて行くのでしょう。

主権国家の不可侵、つまり他の国に武力で攻め込み主権を奪い支配しては
いけない、という国際的理解は、長年の悲劇的な歴史の末に作られた国際法の
基本的枠組みです。イラク戦争ではアメリカがこれを破るのを、国際社会は
止められず、日本などに至っては積極的に支持するという愚を犯してしまいました。

国家主権を無視した侵略がいかに愚かな行為であり、中長期的にどれだけ
大きな不幸を招くかということは、歴史が証明している
ところですよね。特にアメリカの対外政策の歴史が。

しかし次は何らかの形でイランを血祭りにあげようということになるので
しょう。西側のマスコミはイランを基本的に「悪」として、報道を
続けています。アメリカはこの線に沿って国際世論を形成し、
ある時点で何らかのアクションを起こそうというわけでしょう。
イランは現状では原子力発電所を作っているだけなのにね。

アメリカの思想が基本的にキリスト教原理主義であり、文化的他者に対して
「反キリスト」のレッテルを貼り、これを攻撃する強い性向があることは
ネットの世界でも最近だいぶ理解されてきたようです。これは宗教的
イデオロギーであり、人々を不幸に陥れることを厭わない思想ですから
キリスト教国民でも国家でもないわれわれ日本人はこんな思想や政策に
つき合う必要は毛頭ないのです。

追加

>長い目で見ればフセインがいなくなってよかったと思うようになるでしょう。だって原油の安定供給や地域を考えたとき、クウェイトに進行したりイランと戦争したり、イスラエルに脅威を与えたりされたらまずいわけですよ。
これは逆じゃないですか。今のイラクはせっかくフセインが恐怖政治で宗教対立や民族対立を押さえ込んでいたのに、アメリカがフセインを取り除いたことによって、宗教対立や民族紛争が顕在化してるでしょ。かえってアメリカの侵略によって、地域不安は増大しています。フセインが強力だったのもアメリカが支援していたからです。イランと戦争した時もアメリカが支援してましたし、クエートに進行するときも、イラクは事前にアメリカに打診してアメリカは問題にしないと言ってたんですよ。たぶん打診されたときに問題ありといってれば侵攻しなかったんじゃないですかね。結局、この地域が安定しないのはアメリカの責任だと思いますよ。
>おとなしく独裁してりゃよかったのにね。
あなたの言うように、おとなしく独裁してたのに、アメリカが自国の利益のために侵略するから問題なのではないですか。

寒い日が続いておりますさんへ

事実関係の認識がそもそも間違ってます。国連による大量破壊兵器の査察はイラクは受け入れています(900回以上)。それでも見つからなかったのに、アメリカは決め付けで開戦に踏み切ったんですよ。もし疑惑があるなら、その場所に行って査察すればすんだのにです。小泉もあなたと同じ事をいつも発言しますが、これも大嘘です。

大量破壊兵器があるから戦争したんじゃないでしょ。ないことを検証させないから武装解除して調べたんですよ。無ければ無くてよかったねと言うだけです。子供の被害もイラクの大人の責任です。それに開戦時最後通牒はたしか48時間以内にフセインは出て行けでしたよね。だれも大量破壊兵器があるから戦争するなんて言ってないんですけどね。少し長い目で見ればフセインがいなくなってよかったと思うようになるでしょう。だって原油の安定供給や地域を考えたとき、クウェイトに進行したりイランと戦争したり、イスラエルに脅威を与えたりされたらまずいわけですよ。おとなしく独裁してりゃよかったのにね。

心が痛む

毎日読ませて頂いています。ありがとうございます。
さて、本日からはじめられたTB、というのですか、死んでいった供たちの写真にはショックをうけました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アメリカのイラク侵略戦争、それが引き起こした内戦で亡くなった子供たちの写真をみて心が痛みます。日本国民の一人として本当に申し訳ないと思います。

 「フセインは核兵器をもっている、生物・化学兵器を保有している、果てはアル・カイ-ダと連絡がある」などという嘘を口実に始められた戦争でした。

 あろうことかわが国の政府は、イラクの侵略戦争が始まった年(2003年)の4月から1年の間に、およそ2100億ドルもの米国債を「外国為替資金特別会計」をつうじて買い入れ、ブッシュの侵略戦争を助けたものでした。20兆円をゆうに超える大金です。

この金がなかったなら、果たして米国はイラク侵略戦争をはじめられただろうかと悔やまれます。確実なことは、上の20兆円の少なくとも一部はイラクでの米軍の戦費に支出されたのです。

日本の納税者の金で戦争が遂行され、その結果写真のように多くの子供たちが、イラクの人々が殺されたのです。

決して他人事ではありません。私たち日本の納税者は加害者です。

小泉売国奴内閣が、また類似の米国追従内閣が続く限り、私たちはまたこれと同じ過ちを繰り返すことになるのだと思います。残念です。



 
 

賛成!!!大賛成!!!

はじめまして こば☆ふみです
下品な「ガセネタ」で戦争始めたのは誰だ! 
それを支持したのは誰だ!
今度はイランか?
ホントですよね。
仲間にも広げますね!
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg