2010-07-13(Tue)

カンカラ菅内閣の恥知らずを読み解く

菅僚に菅全に洗脳された挙げ句、菅違いして菅敗した官から菅内閣が、菅璧な恥知らずぶり、というか、本気の本気の洗脳かと思われる続投宣言をした。

結果については、100000000人中100000000人が惨敗と認めるなか、辞めるでもなく、かといって自らを改めるでもなく、何事もなかったかのように続投宣言をした官直人の姿は、薄ら寒く気味悪いものであった。

とはいえ、冷静にこの官から直人の行動を分析してみることも必要だ。

落選議員をそのまま大臣にするという、前代未聞の恥さらしも含めて、国民の目から見ても最悪の敗戦処理を続行中の官から直人の頭にあるのは何か。

どう見ても9月の内閣改造を官が得ていることは間違いない。
それも、ただの改造ならば、それ以前に党の代表戦で官から直人は無役にたたき落とされる。
そうならない内閣改造とは。

これは、あちこちでウワサが飛びかっている、オリジナル民主党+自民の大連合しか考えられない。

強引に自民との合流を進めて、反対する小沢グループを除名する。または、分離を余儀なくさせる。
細かい戦術は分かりようもないが、こうした戦略の上に、恥知らず続投宣言があるのだろう。
続投だけでなく、「二人目」をあえて落選させたことも、予定のウチということだ。

わざと落選させ、その挙げ句、度はずれた恥知らずを敢えて強行することで、小沢グループを挑発しているのである。
それで、小沢グループが行動を起こせば、反党分子とレッテルを貼って除名し、邪魔者がいなくなったら、さっさと自民党と合流する。

それも、単純に自民との合流とはならないだろう。
自民の中にも、骨のある議員はいないことはない。
自民は自民で、民主党との合流という無理無体を押しつけ、反対するものを切り捨ててくるだろう。

その不足分を補うのが、民無い党だ。
国民のことなど、ぜったい見ない民無い党と、コイズミ的自民党と、マエハラ的民主党が合流し、史上最悪の政権を作ろうとしている。

誰が作ろうとしているのか?
もちろん、宗主国である米国さまだ。

菅違いな音は、近いうちに使い捨てにされ、端的に言って、マエハラ、コイズミ、ワタナベ という3人の米国エージェントによって、私たちは支配されようとしている。

菅違いな音には、適切な処分を下した日本の有権者であったが、その先まで見通さなくては、自らの選択によって自らの未来を閉ざされてしまう。

マエハラ コイズミ ワタナベ。 オリジナル民主、自民党ネオリベ、民無い党。この動きに、目玉を見開いて監視しなくてはなるまい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョージ・オーウェルの『1984年』を2010年に再訪

Richard Mynick 2010年6月12日 大衆的語彙の中に初めて登場して以来、“オーウェル的”という言葉は、典型的な“全体主義国家”の姿を呼び起こす。秘密警察だらけの一党独裁、自国民をスパイし、異議を唱える連中を弾圧し、恣意的逮捕や、囚人の拷問を行い、永久戦争を遂

参院選分析

一票の格差を考慮すれば、単純に得票数の多い人が当選すれば良いことになる。 その格差が5倍を超えると言うではないの。 それでは、民意を反映した選挙結果とはいえない。 そこで、選挙区の候補者を、単純に得票数順に並べ替えてみた。 選挙区での改選数が73なので、 上位...

シャキッ!とすれよ。菅直人!

 今回ほど力の入らない選挙も珍しかった。民主党のマニフェストの変節にも落胆したが、菅直人の変節振りには怒りを通り越して哀れみすら感じるのです

菅首相の「逆進性の強い消費税」発言について 勝てた参院選で敗北した民主党 敗因は消費税増税!

★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/db3e9... 軽減税率や還付が前提 首相、消費増税で(共同通信) 内閣支持下落50%、消費税発言響く 朝日新聞世論調査(朝日新聞) 首相「消費増税、食品など軽減」 低所得者給

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

解散っつっても、もはや9月までにやる気力はないでしょう。9月にはクビになるはずだし。

てか枝野早く辞めないかなぁ。。。

今年中の衆議院解散

 ひょっとして、菅総理は今年中の衆議院解散を目論んでいるんじゃないか、これが一番心配です。

小沢さん戦略?

小沢さんが二人候補を立てたのは、民主党にまだ追い風があれば大勝して自分が力をつけるし、民主党に逆風が吹く場合は民主党はもう用済みなので、二人目が落選すれば民主党が大勝することなく、自分への脅威にならないため都合が良い。という具合にどちらに転んでも自分に不利にならない戦略だと思います。選挙に長けているからにはそれくらい完璧にやると思います。

民主党の敗北、その理由について(5)

もちろん沖縄の問題や、記者会見オープン化不十分、ネット選挙断念、故人献金問題など民主党にとって打撃となる出来事はいくつもありました。しかし、最大の問題は景気対策だと思います。リーマン・ショック以降の不景気の中で、ちゃんとした対策を怠り、仕分け(という見世物)で公共投資を削って、挙句の果てに消費税10%を打ち出したわけですから地方の怒りと失望はおさまらないでしょう。
 今回の参院選の焦点は景気・雇用対策だったと思います。そして(これだけたくさんの政党がありながら)多くの党は景気浮揚・デフレ解消にたいしてなんら効果的な対策を盛り込んだ公約を出せませんでした。内閣府の計算ではGDPの8~10%すなわち50兆円のデフレ・ギャップが存在するようです。ならばこの分は紙幣を発行してもインフレにはなりません。
 国債を発行するなり、政府紙幣をするなりしてデフレ対策を講じるべきでした。赤字を増やしたくないのなら、(多少の)法改正をして政府紙幣を刷れば良いのです。それで景気対策をすべきでした。ところが民主党は衆議院に300の議席を保有していながら、逆に歳出カットに専念しました。今回の参院選では1人区で民主は惨敗しましたが、地方の人たちの怒りを代弁しているのではないでしょうか。(もともと民主党という政党は都市型と呼ばれ、地方を軽視していました。それゆえ地方では人気がなかったのですが、菅政権になりその「元の民主党」に回帰してしまったように見えました。)
 結論としては、歳出削減だけにまい進しつつ、景気対策の中身がなかったということが民主党の敗因でしょう。

民主党の敗北、その理由について(4)

菅さんは、財務大臣就任当初はインフレ・ターゲットや所得税の累進性強化という比較的まともなことを打ち出していました。しかし徐々に財務官僚にコントロールされるようになり、消費税増税や国債発行抑制など緊縮路線になっていきました。
補正予算でも亀井さんと衝突するようになり、国民新党が20兆円規模の財政支出を唱えていましたが、結局、(民主党内の事情もあって)7兆円程度の景気対策しかおこないませんでした。しかも其の7兆円のうちいくらかは事業仕分けで捻出した(額のわびしい)お金であって(と私は記憶しています)、いわばGDPを削ってGDPを元通りにするというような意味不明の政策になっていました。
 ここでやるべきだったのは、国債をしっかり発行して大胆な景気対策をうつことだったのです。そうしなければ益々景気が悪くなります(特に地方)。にもかかわらず民主党は(この不景気の中で)歳出カットに走りました。たとえムダだと思える事業でも間違いなく(多少なりとも)名目GDPを成長させるでしょうから 、削減するのは慎重であるべきです。特に公共事業を削るのは最悪です。景気悪化の際には有効需要を政府が作るのは当然であり、やらなかったら恐慌になってしまいます。菅さんたち民主党は、地方の人々がいかに落胆しているかを察知できなかったのでしょうか。

民主党の敗北、その理由について(3)

鳩山さん夫妻がゴージャスな外交や有名人との会話を楽しんでいる間、亀井さんは日本の経済・社会状況の深刻さを認識し「金融モラトリアム法案」を提出しました。また、菅さんは経済担当大臣として、有識者と懇談を重ね2009年秋に「デフレ宣言」をし、日銀への圧力をつよめました。モラトリアム法案・金融緩和、両者ともやって当たり前のことでしたが、それ以前の政権では無視されていました。
 ですが、それら2つは「金融政策」であり、本当に必要なのは「財政政策」だったわけです。おそらく日本は「流動性のワナ」という状態に陥っており、金融政策はあまり効果がないと思います(もちろん0ではないのでしょうが)。思い切った政府支出をして、デフレを解消し景気を上向かせる責務が財務大臣にはあったはずです。ですが、(高橋是清のファンだと公言していたくせに)藤井さんは動きませんでした。藤井さんは大蔵省出身であり、財務官僚と息が合うのか知りませんが緊縮財政派であったことは間違いありません。その藤井さんを任命したのが鳩山さんでした。
 小沢さんがそれをどう思ったかは知りませんが、今年1月に藤井さんは辞任。後任として菅さんが其の地位をえました。

民主党の敗北、その理由について(2)

2008年に米国でリーマンショックが起こり、(米国FRB元議長のアラン・グリーンスパン曰く100年に1度の)金融危機となりました。その被害はすさまじく、米国ではGMが破綻し、失業率も一時10%を超えました。そして現在ヨーロッパに飛び火し、ギリシャ危機によってユーロの存続が危ぶまれています。新自由主義の末路とは如何なるものかを先進国の多くの市民が感じたはずです。
日本はオーストラリアと同様にリーマンショックの影響は比較的に小さかったのですが、それでも景気悪化は不可避でした。「政権交代こそ最大の景気対策」を掲げていた鳩山さんは麻生政権を上回る景気対策をするのだなと国民は思ったはずです。
 しかし、現実には藤井さんが財務大臣に就任し、国債発行額を44兆円以下にするという緊縮財政をおこないました。100年に1度の金融危機で景気が非常に悪いというときに、政府支出を削減するのは国民をひどく苦しめることになります。特に地方は、都会と違って需要もそう多くはないでしょうから、公共事業削減でもっとも被害を受けたはずです。(はたして其の痛みを都会の人が実感できるでしょうか?)

民主党の敗北、その理由について(1)

率直に言えば、事業仕分けなどの「歳出カット」が民主党の敗北要因でしょうね。公共事業を削れば地方が苦しむことになる。2001~2007年の間に自民党がネオリベ政策を採りつづけた結果、地方は疲弊しました。自民党に愛想をつかしたところへ小沢民主党が「大きな政府」を標榜し、2007年の民主大躍進へつながったわけです。
小沢さんが代表だったときには、民主党はケインジアン路線に転向したのだという感じがしました。しかし小沢さんはその後代表を辞任し鳩山さんが後継者になりました。その彼(鳩山さん)は「政権交代こそが最大の景気対策」といっていたわけです。ならば、民主党は積極財政をとるのだなと市民は思うでしょう。
けれども、思い出してください。鳩山さんは政権交代直後から派手な外交や著名人たちとの交流に明け暮れ、国会を開くこともしぶり、しかも何一つしっかりとした景気対策をしませんでした。麻生内閣での補正予算も執行停止(一部通過)させましたね。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg