2010-08-01(Sun)

官から菅内閣が参院選に惨敗した根本的な理由

参院選が終わって3週間になる。

民主党の惨敗については、様々な解説が繰り広げられてきた。
だが、私の目にした限りでは、もっとも根本的な理由に触れている見解がないようだ。

その、もっとも根本的な理由というのは、「今回の参議院選を引き回した面々は、政権交代の当事者ではなかった」 ということだ。

もちろん、それぞれの立場で政権交代の現場には立ち会っていた。が、それは「傍観者」あるいは「尻馬に乗る」ものであって、命をかけて政権交代ににじり寄った当事者ではなかった。

証拠はあるのかって?

例の消費税発言が、まさにその証拠だ。
なぜ、自民党が10%と言って議席を伸ばし、民主党が同じことを言って惨敗するのか。それを、ぜんぜん理解していなかったことが、連中が当事者でない何よりの証拠だ。

なぜ、自民党なら良くて民主党なら許せないのか。
昨年の政権交代を、立場はどうあれ、当事者として体感したものならば、言わずとも分かる。
民主党に期待したからだ。

期待した民主党が裏切ったから、許せなかった。

自分たちが、いかに期待され、希望の的にされ、どれほど重い付託を背負っているのか。
そのことを、官から菅内閣の面々は、全く実感していない。

鳩山は、それを分かっていたからこそ、自らの裏切りを開き直ることができず、辞任するに至った。
あの政権交代は、あくまでも民意を預かったものであり、自分の力ではないことを知っていた。

しかるに、あの政権交代を傍観者として果実だけ手にした連中は、押し寄せた民意の熱を感じていない。
そんなものを預かった自覚もない。
だから、まるで自分たちのチカラで政権交代が実現したかのような幻想を、現実と信じ込んでいる。
官僚の甘言の花園で、すっかり殿様気分に浸っている。

惨敗した今でも、それは変わらない。
「私たちは分かっています。負けたのは本当は小鳩のせいです。それを口にしないあなたは、まことに器の大きい首相だ。」という官僚と取り巻きの菅言が、催眠術のように菅直人の心を満たしていく。


やつらが政権交代の当事者でないもうひとつの証拠は、両院議員総会から逃亡した前原誠司の姿だ。
よりによって、コイズミと手に手を取って結婚披露宴の鏡割りをしていたという。

欠席した理由もたいがいではあるが、何よりも問題なのは、閣僚であるにもかかわらず両院議員総会から逃亡したということだ。
これ以上は、書くのもアホらしい。

しかも、その前原を懲罰することすらしない官から菅たち。
もう、心の芯から腐りきっている。

一応付言すれば、小沢一郎が欠席したことも良いとは思わない。
ただし、一兵卒に降格された小沢一郎と、現役閣僚である前原とを同列に論じることは、ナンセンスである。

しかも、現代表は、「しばらくおとなしくしていろ」と投げつけたのだから、この暴言を訂正謝罪しない限り、官から菅が小沢の欠席を責めることはできない。

ただ、政権交代の熱を共有したものとして、やはり小沢一郎には出席してもらいたかった、と思う。
何も発言しなくても、小沢と鳩山は、国民に対する歴史的な責任という意味で、出席はするべきだろう。


もう、中途半端な態度は、不完全燃焼で一酸化炭素中毒をおこしそうだ。
「打倒 官から菅内閣」
これが、政権交代の熱気を共有した人々の、旗印である。

仮に、それが解散総選挙という事態になったとしても、恐れることなく「打倒 菅内閣」を言おう。
せっかく登り始めたハシゴあっても、それが腐りきってしまったならば、いつまでもしがみついているのは愚かだ。


自分たちと子どもたちが生き延びるために、しぶとく熱く選択を続けよう。

日々の選択のその先に、何があるのか、目をこらして見極めよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

写真点描・札幌花物語 9

 6月、札幌はライラックが先、全国的に知られた「よさこいソーラン」のイベントで、大都市としての目覚めの季節に入りましたね。外で日中は半袖でも過ごせ始める、そういう爽やか...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

民団や核マルに日教組が支持母体で問題が起きても無責任に逃げるし、危機管理も皆無。だんだん民主党がどんな党なのか気付かれてきたんでわ?キチガイじみた談話までやると言うし…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気分を変えて八月の詩をー

  八月

八月は遠い季節
労災隠しやパワハラやセクハラや
あらゆる違法行為と
それを取り上げようとしない労基監督署のエリート課長の禿頭を見飽きた
首切りのあとには
また子供時代みたいにトンボばかりが舞い飛ぶ空

八月はまるで
逃げ水の道端に倒れて寝転び
蒼穹を見上げていた自分だった

八月はいつも
夜を連れてくる
ヒメジョンの道だった

ぼくら
差別されるものに相応しいのだというように
群星と
夜光虫と

◆この列島先住民の沖縄は独立すべきで、日本は奴隷・家畜的な日米安保条約を廃棄して、日露安保をむすぶべきではと思う。(日本の唯一の弱点のエネルギー問題と友好国皆無が解消)
このままでは、抱きつきお化けのアメリカと一緒に滅びるのならまだしも、屠殺家畜の運命だから。

「税金についての世論調査」緊急アンケート

「税金についての世論調査」緊急アンケート
どんどん転載をお願いします。

たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ: 緊急アンケート
http://takashichan.seesaa.net/article/157344486.html

消費税10%発言で‥‥

無党派の人々は、左寄りの人は民主党ではナクて社民党か共産党に流れ、右寄りの方々はやはり民主党の主張は自民党と似てるんだから、それなら前回自民党ではナク、民主党に入れたのだから、今度はみんなの党か、自民党にと流れたのではないかと思います。

純粋な民主党応援団が多いと勘違いして、暴走した結果ではないかと。

無党派の人々は、気まぐれだというコトを肝に銘じた人だけが、勝利を掴むのでしょう。

No title

しかし、誰がどう見たって小鳩だったらそれ以上の惨敗だったんだから、そしてその惨敗の大きな理由が、普天間やら高速道路やら暫定税率やらの約束違反だったであろうことは間違いないんだから。

政権交代の当事者でないから、消費税増税なんてことを言いだせた、そして負けた?

それでは、期待され、希望の的にされ、思い負託を背負ったことを自覚した政権交代の張本人たる、小沢、鳩山が、なんで暫定税率廃止を、普天間県外移設を、そして高速道路無料化を、子ども手当も満額支給を、裏切ったのだろう。そのことについての説明が一切ないのは、おかしいと思う。

何も消費税だけの話ではない。政権交代後の民主党の政治姿勢全般の話だと思う。

いいかげん小沢鳩山なら何でも免責して、菅や現執行部に責任の全てをなすりつけるのは、やめたほうがいいと思う(別に菅の責任が軽いといっているのではない)

ガソリン税強行はアメリカ製エタノールのためだった
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-570.html

小沢一郎が暫定税率廃止に反対したのも、アメリカ製エタノールのためだったの?といわれてしまうよ。

出席しなければいけませんが、

小沢さんも、もちろん出席しなければいけませんが、荒れる両議院総会での各議員の発言と、小沢さんが出席していれば映像をダブらして、悪意の小沢さん演出するだろうことも容易に想像できます。
テレビが悪意である限り、行動も抑制され、慎重にならざる負えないことも理解できます。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg