2010-09-15(Wed)

まず現実を見ることから 【菅政権】

時間がないけれども、二つの記事を紹介しておきたい。

どちらも、当ブログを見ている人ならば既に読んでるかもしれないが、見落としのないように。

田中良紹の「国会探検」
やはり「政治文化」を変える必要がある

The Journal 2010.9.15

(略) 今回の選挙で勝利した菅氏は党員・サポーター、地方議員、国会議員のいずれでも勝利した。もし国会議員票だけ小沢氏が勝つようなことになれば、メディアは「民主党議員は世論と乖離している」と猛烈に攻撃しただろう。後に混乱をもたらすようなややこしい勝ち方はさせないのが永田町である。
(略)

 選挙で小沢氏の政治手法を批判した以上、政権運営で小沢氏に協力を要請することは難しい。そうなると来年度予算を成立させるためには自民党に協力してもらうしかない。大連立と言えば世間から批判を浴びるから、裏でこっそり手を組むのである。昔の自民党と社会党の関係再現である。表で激しく批判し、国会で激突して見せたが、自民党と社会党はしっかり手を組んでいた。国民の判断を誤らせるために存在するメディアが報道しなかっただけである。
(略)

 菅氏をはじめ前原氏や枝野氏などはかつて自民党と連立を組んだ経験がある。自さ社の連立政権で、細川政権から自民党が政権を奪い返した時に重要な役割を演じた。その時の自民党の中心人物は加藤紘一氏であり、現在の谷垣総裁の後見役として控えている。

 「テレビ用の幹事長」に就任した石原伸晃氏が「菅政権となら手を組める」と口走ったそうだが、それはそういう話が進行していることを伺わせる。

(以下略)


 まさに、菅勢力こそが 「旧勢力」であることを喝破している点で、注目に値する。55年体制への執着、アメリカの庇護の元でおこぼれを預かってオイシイ思いをすることに、どこまでもすがりつく「旧勢力」。

 また、この中の、「ややこしい勝ち方はさせない」というフレーズは意味深だ。

ということで、気弱な地上げ屋さんの登場

菅総理再選! 雪崩を打って寝返る・・四十七士。
それは・・12時15分から始まった。


(略)
「なんだよ? 確かなスジって? 予め予想してたとおり・・選管事務局がリークしたの?」
「ウチの議員のトコに・・ついさっき電話があったんです。 エエ・・・菅選対の○○です。 こんなこと言ってたそうです」

もう、そっちにも廻ってると思うけど・・。
出所は知らないが・・
どういうわけだか、党員・サポーター投票結果が出回ってるね?
聞いてるでしょ?
驚いたね?
オザワさんは50ポイントしか取れてないそうじゃない?
もうチョット取れると思ったけどね・・・。
ウチは250ポイントだから・・・
ここだけで200ポイント差。
地方議員はそれほど差はついてないそうだけど・・
それでも20ポイント差だってさ。
この220のポイント差は大きいよね?
国会議員110人分だよ。
議員票は、そっちが優勢なのは判ってるけど・・
110は開いてないでしょ?
今・・・、将来がある人たちを一生懸命説得してるんだけど・・
負け戦に馳せ参じるほど義理無いんじゃないの?
選挙をちょこっと手伝ってもらっただけでしょ?
誰がなんと書いたかなんて・・判らないんだから・・・
コッチにお出でよ!
キミのことは・・総理も心配してるんだよ・・・。

(以下略)

だいぶん話が具体的になってきた。

しかし、民主と自民の「旧勢力」が、小沢氏言うところの「地下茎」でつながって旧態依然たる政治に回帰していくというシナリオは、うまくはいかない。

もし、本当にそれ一本の人事をやるならば、日本の首相は結局「コロコロと」することになることだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とりあえずは、だが・・・。

民主の代表選は、菅総理が勝利、ということになった。 下馬評では小沢氏の勝利かも・・・って声もあったみたいだけど。 僕自身は代表選は...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

このブログでも消されるのかな?

小沢信者とは自信の無い根無し草が、排他的な歪んだ願望に取り付かれて「自身に都合の良いネットからの情報を鵜のみにする愚者」という認識しかありませんし、質の悪いネトウヨと同根の病巣を持っているように思います。

たぶん洞ヶ峠を決め込んだ政治家への踏絵だったんだろう

前原が、新人議員を恫喝する映像が沢山流されてるのを放映していた。
たぶん地方議員・サポーターの管支持多数なのを伝えて、「勝ち馬に乗るのか、負け犬になるの!」と恫喝していたのではと・・

その映像を観てランボーの詩句を連想した。
とことん腐りきって糞まみれになるのが、この劣等奴隷国日本人には相応しいのだろう。

ーー戟叉の一撃
 火の雫
 いいとも、けっこうさ

もう一度
探しだそう
永遠を

それはきらめく太陽と海

待ちわびた魂よ
ともにつぶやこう

空しい夜と
烈火の昼の
せつない思いを!
       (アルチュール・ランボー)

民主党代表戦関連情報

既にご存知かもしれませんが,昨日の『民主党代表戦』の党員,サポーターの得票結果について,選挙管理委員長の“小平忠正”議員のホームページに一覧が公表されておりますのでご覧ください。

その時,『都道府県統計ランキング』↓の先般の参議院選の投票率が参考になろうかと思います。
http://todofuken.ww8.jp/tm/kiji/13114

そして,これらから何が読み取れるのか考えましょう。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg