2010-09-25(Sat)

中国人船長の問題は、前原の自作自演だろう

海上保安庁は、国土交通省の中にある。
その海上保安庁が、中国の船長を逮捕したのは、前原誠司が国交大臣をしていた時だった。

中国との交渉にあたるのは、もちろん外務省の役目だ。
逮捕して勾留延長までした中国の船長を、突然釈放したのは、前原誠司が外務大臣になった時だった。

那覇地検が
「我が国国民への影響や今後の日中関係も考慮すると、身柄を拘束して捜査を続けることは相当でない」
と言って、法律よりも日中関係が優先すると宣言したのは、柳田稔という電力労連が支持母体で法律の素人が法務大臣になった時だった。

それに先だって、オバマ大統領にすり寄って、すげなく袖にされたのは、国民の7割が支持しているらしい菅直人だった。

菅直人  私の内閣は日米同盟を基軸としていく。
オバマ   アジア太平洋の安全保障について日米で協力したい。そのためには中国の協力も重要だ。

時事通信 2010.9.24 より引用)

23日の日米首脳会談、他紙はこの部分を意図的に報じなかったが、非常に重要な一幕だった。
おそらく、このひと言で、菅直人は船長を釈放を決めたのではないか。


要するに、今回の尖閣諸島をめぐる中国船長の問題は、アメリカンエージェントである前原誠司のマッチポンプ、自作自演であった可能性が高い。

これまでは黙認状態であった尖閣周辺での漁船を逮捕して見せておいて、最悪の実に杜撰なやり方で釈放する。
これで、日本は中国に逆らえない、実質的に傘下に入ったと同然だ。
少なくとも、日中の政治家やものの分かっている人間は、そのような印象をもったはずだ。

それこそが、アメリカンエージェントである前原誠司の狙いであったのだろう。
素人の法務大臣と、自分では何も決められない総理大臣を据えておいて、那覇地検に「おまえら責任取れるのか」とちょっと脅かせば、ただでさえビビっている検察のことだから、泡を食って釈放する。

しかも、マスゴミは流石にこの釈放をオカシイと言っているが、その向かう先は首相と官房長官だけ。
一番の当事者でもあるはずの外務大臣、前原誠司には矛先が向かない。
「どこまで国を貶(おとし)めるのか」と書く産経ですらそうだ。

むしろ、前原は原則論を言っていたのに、菅と仙谷が裏で地検に手を回した、という印象操作をしている。

この流れをよく見ずに、いたずらに反中感情に身を任せると、かえって敵の術中にはまってしまう。
今回の事件は、アメリカと中国では話がついていたはずだ。
それに基づいて、エージェント前原が、日本中を振り回して、その流れに引っ張り込んでしまったのである。

菅と仙谷は、これからもしばらくは、憎まれ役をせっせと押しつけられるだろう。
悪いことは全部この二人のせいにされ、おそらくは年度末には使い捨てにされる。

逆に言うと、それだけ悪いことがこれからおきてくる。
そのために、当選させてもらったのが、菅直人なのであるから。

そうして、さんざん悪巧みを裏で仕組んだエージェントが、まるで正義の味方のような顔をして、来年の春には新首相になるという筋書きだろう。

最悪のシナリオは、「粛々と」進行している。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平地に乱を齎す者 前原誠司

平地に乱を齎す者 前原誠司 この者の為に、日本はどれほどの損害をこうむったことか! 中国漁船・尖閣領海内接触:中国人船長釈放 中国、...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

鋭い読みですね。

事件が、基地問題で面白くないアメリカ主導でその手先である前原が中心人物であろうとは思っていました。今回の事件で結果的に一番得したのがだれかを考えれば、日米軍一体化で日本経済をさらに落としめ、同時に中国をけん制したいアメリカの希望のみが実現し、戦略的互恵関係を模索していた日中を抑えて、アメリカの独り勝ちですからね。

尖閣諸島で第七艦隊と自衛隊とで、尖閣諸島を侵略した(笑)中国軍を追っ払うという合同演習をやってさらに日中を離間させるつもりでしょう。アフガンをみればわかるように、オバマは安保に口を出せるような力は全然なく、米軍に丸投げですから。

が、船長釈放まで民主党政権の失敗、換言すると管と仙石の失敗にバチをなすりつけるものだったというわけですがさすがにこれは思いつきませんでした。国交省大臣のときに、「粛々と国内の法律に従ってすすめる」といったわざわざ外局である海保を視察してまで大臣談話を発表したわけですから、施政権しか認められてなかった日本の主権を国内法や特に領土認定が必要な漁業法で、小平との合意を破ってやり、返す刀で、アメリカの力で嫌がる岡田さん(友情の海論者)を押しのけて外務大臣にしてもらい、検察に圧力をかけて船長を釈放させたと・・・?

でも、これは大臣としてはリスキーな行動ですよね。捜査過程の事件に政治圧力をかけることは捜査権の独立を侵害する行為ですし、事実がつまびらかになれば、権力の濫用が問題になるかもしれません。だから釈放には前原は関与してないと思っていましたが、起訴するかどうかの段階で政治判断が入ることは法律上認められているんですよね。国交大臣のやめぎわか、外務大臣になってからの微妙な時期に圧力をかけた可能性は今はあるかな、と思っています。これとてリスキーな行動ですが、アメリカにとっては前原でさえいざとなったら捨て駒の一つでしょうから。

今回は、アメリカンエージェントたちとアメリカ(軍産複合体)の圧勝という感じですが、彼らは次に集団的自衛権と9条の改正に触手をのばしてくるでしょう。ここでは絶対にくいとめなければならないと思います。

No title

この件は、だから、沖縄のあたりから兵力を引きたくないという関係各国の利害が全て一致した上での出来レースでしょう。
見え見えですね。

No title

阿修羅に時たま現れて鋭い論考を投稿する「影の闇」氏の見立てでは、首謀者は民主党政権を牽制しダメージを与えたい官僚(海保)で、その仕掛けた罠に前原が都合よく(か自覚的にかどうかは不明ですが、)嵌ったということのようです。

これは陰謀か?「時限爆弾」だったのか?
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/125.html

何故、今回中国は異様なまでに強硬な態度に出たのか? ー日本の行為は事実上「宣戦布告」と受け取られた
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/127.html

前者の投稿から一部を引用すると、

> 今回の「事件」を解くカギは、上[引用者注:フォーサイト誌の記事へのリンク]にあるように、昨年5月に、海保がそれまでの姿勢を改め、強硬姿勢に転じたことにある。 昨年5月とはどういう時期だったのか? 3月に西松事件、そしてこの5月には郵便不正事件が起きている。 即ち「政権交代」が現実味を帯びて来るとともに、検察が民主党潰しに本格的に乗り出した時期である。 つまりこれも、政権交代が実現した後に当然予想され得る外交政策の変更(対中接近)に楔を打ち込む為に、官僚(海保)が仕掛けた罠、「時限装置」付きの爆弾だったと見れば納得がいくだろう。

口先番長

この人が口先番長だということは、
メール事件で国内の有権者に知れ渡り、
今回の腰砕けでアセアン諸国にも知れ渡ったので、
今後も道化役にしかなれないでしょう。

それでも、メール事件も知らない幼い人達には、
ちびっ子ヒーローに見えるのでしょうか?
民主党の若手の意見を聞いてみたいです。

前原売相が吹けば米国が儲かる

売務大臣前原が尖閣で吹けば、米国がいろいろ儲かる仕組み。
米中軍事交流再開。
日本政府に思いやり予算増額要請。
日中の反目は米国の利益拡大。
コイズミの靖国参拝で学習していないのかな?
賢くなろうよ日本人。

チベットの件で逆ギレした時点で思ってたことだが、敢えて書かせてもらう。
バカだろお前。

国益は前原売相の政界追放。

国益を守るためには前原売務大臣の政界追放が最重要ですね。
売国族のドン、前原誠司売務大臣。
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg