2010-09-29(Wed)

長島昭久の建白書を読んでみる・・(最悪だ!)

右翼を気取る、実はアメリカンエージェントの長島昭久が、最悪の建白書なるものを、まるで日本の意見のような顔をして世界中にばらまいているという。

とんでもないことだ。

以下、産経新聞に掲載された全文を見てみる。

<>内は、私のコメント。

「尖閣周辺で日米共同軍事演習を」 民主党の長島前防衛政務官ら43人が「建白書」
2010.9.27 産経新聞 より引用

 「菅政権への建白書-国益の旗を堂々と掲げ、戦略的外交へ舵を切れ」
             民主党衆参国会議員有志
    平成22年9月27日

1.はじめに

 沖縄県尖閣諸島沖で起こった中国漁船衝突事案をめぐる今回の結末は、日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難である。日本国の政治家、いや、日本国民として、まさに痛恨の極みである。しかし、同時に、すべての責めを現政権にのみ帰することもできないと考える。すなわち、台頭する中国への戦略的な対応を怠り、我が国領土への理不尽な挑戦を拒否する断固たる姿勢を欠いたこれまでの日本政治そのものが招いた危機であったといわざるを得ない。


<三国干渉とは、日本が中国の遼東半島をぶんどったことに対し、フランス、ドイツ、ロシアがダメ出しをしたこと。今回の件を三国干渉に例えるというということは、尖閣は遼東半島と同じように本当は中国の領土と言いたいようだ、この人たちは。>


 したがって、私たちは単なる現政権批判には与しない。もちろん、国民の間に「弱腰」「屈従」という非難が巻き起こっていることも認識している。同時に、その苦渋の決断に至るまでには、政府でなければ知り得ない判断材料があったことも想像に難くない。にもかかわらず、今回政府が危機回避を企図して行った一連の措置は、少なくとも3つ意味で将来に禍根を残すものであったとの深刻な憂慮を禁じ得ない。

<何を言っているのか分からない。批判するならする、政権にすり寄るならすり寄る。はっきりしなさい。>

2.事案解決における3つの憂慮

 第一に、あくまでも法と証拠に基づいて粛々と法執行を貫徹すべき検察が、「今後の日中関係」という高度な政治判断を行うなどということは、本来あってはならないことである。従って、政治的な意志決定なしに行政機関たる検察が独断で判断したと信じている国民は殆(ほとん)どおらず、総理はじめ閣僚が「検察の判断」と繰り返すことは却って責任転嫁との批判を免れない。このように中国からの圧力によって国内法秩序が歪められてしまったことは、今後、類似の事案における法執行に悪影響を与えるおそれがある。


<そもそも、前例のない「逮捕」という行為に出たことには、ひと言も触れないのか? 前原のように「逮捕は当然」とまだ言うのか、それとも、域外退去を優先すべきだったと言うのか。立場を意図的に隠す卑怯な戦略>


 第二に、今回のような事案の解決には、短期的な危機回避とともに、中長期的な東シナ海の海洋秩序づくりという視点が必要であったが、その点でも政府の意識は希薄であったといわざるを得ない。不透明な決着は、結果として、日本の尖閣領有という歴史的事実を真っ向から否定する中国政府の主張を明確に拒否できなかったと取られかねない。延いては、将来的な域内秩序の形成における我が国の役割に暗い影を落とすことになった。とくに、近年南シナ海で中国の圧迫を受けてきたASEAN諸国は、今回の日本の対応を注視していたであろうから、この結末に大いなる失望を抱いているに違いない。

<東シナ海の盟主になろうというのか、この人たちは。さりげなく、こんなことを言って、話を大きくして中国を余計に刺激しようという、姑息な意図がミエミエ>

 第三に、この2週間余りの海外メディアによる報道ぶりを振り返ったとき、とくに国際世論に対し、我が国の領有権主張と国内法秩序をめぐる一連の措置の正当性を理解してもらうべきであったが、確かな支持を獲得するためのパブリック・ディプロマシーの努力が決定的に欠如していたことは甚だ遺憾である。

<そもそもアメリカ主導のマッチポンプに乗っておきながら、「理解してもらう」なんてあったもんじゃない>


3.今後の課題

 今回の結末は、我が国の国力の実態と対中戦略の欠如という現状を鋭く反映している。長年にわたり、尖閣諸島に対する不十分な実効支配を放置し、レアアース等戦略資源の供給や市場を中国に過度に依存し続け、「戦略的互恵関係」という抽象的なスローガンに胡座をかいて、増大する中国の経済力や影響力に対し長期的な視点で具体的な関与戦略を構築して来なかったツケを一気に支払わされたと解さざるを得ない。


<戦略的互恵関係までを否定し、とことん中国とケンカするつもりなのか。この43人は本気でそう思っているのか>


 そこで、今回の教訓を「臥薪嘗胆」として、以下、今後政府が優先的に取り組むべき課題を列挙し、提言としたい。

<臥薪嘗胆 がどんなに悲惨な歴史を招いてきたのか、知ってて言うのならば犯罪的。知らずに言うのならばアホ>

<参考:故事成語 臥薪嘗胆 http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/koji/kj049.html>


 ○総合的安全保障体制の確立 官邸を中心に、軍事安全保障、経済安全保障、資源エネルギー安全保障、食料安全保障、情報安全保障の5本柱を包括する総合安全保障戦略を策定、実施していく体制を早急に確立すべき。とくに日米同盟の深化と並行して、我が国の自主防衛態勢の強化を急ぐべき。

<米軍を補強するための自主防衛 という最悪の選択>


 ○ロシア、ASEAN、中央アジアへの関与戦略の確立 中国との友好関係を堅持すべきことは当然であるが、過度な中国依存を避けると同時に対中牽制の意味(現代の「遠交近攻」策)から、ロシアとは、早期に平和条約を締結し、シベリア・サハリン(樺太)開発や対中央アジアへの共同支援などを通じ戦略的提携を急ぐべき。また、「世界の工場としての中国」の代替になり得るASEANへのインフラ整備と投資促進の支援を強化すべき。

<遠交近攻 って 何を言っているのか分かってるのか? 中国は敵だ と宣言しているのと同じだ>


 ○日中関係の根本的見直し 船長釈放以後もなお謝罪と賠償を求めるなど、理不尽かつ不誠実な姿勢を続ける中国政府に対し、拘束中の4人の民間人を即時釈放し、報復措置を全面解除するように求めるとともに、この機会に日中の「戦略的互恵関係」の具体的な意義と内容について再検討すべき。

<根本的に日中関係を悪化させよと煽っている。馬鹿かこいつら>


 ○戦略資源の供給リスクの分散化 レアアース等の備蓄体制の強化とともに、資源エネルギー安全保障戦略の速やかな策定と実行を図るべき。また、中国の日本に対するレアアース等の禁輸措置が確認された場合には、WTOに早急に提訴すべき。

<そんなことは、日中関係を破壊しなくてもできること>


 ○南西方面の防衛体制の強化 『防衛計画の大綱』見直しプロセスおよび日米同盟深化の協議を通じて、沖縄本島を中心とした南西諸島方面への一層の防衛態勢の強化を図るべき。併せて、海上自衛隊(および米海軍)および海上保安庁による海洋警備体制の強化を図るべき。また、できるだけ早い段階で、尖閣諸島の周辺で日米共同の軍事演習を展開すべき。

<どこまで挑発すれば気が済むんだ。もっとも、アメリカは乗ってこない。自分でやると危ないから、日本にケンカさせているんだから>


 ○尖閣諸島における実効支配の確立 早急に、現状の民間人所有による私有地借り上げ方式を改め、国が買い取る形で国有地に転換し、灯台や警戒監視レーダーなど構造物の設置を進めるべき。

<まず、君たちが住んでみたらいかが>


 ○西太平洋における海洋秩序の構築 域内諸国のシーレーンが通る東シナ海および南シナ海における航行の自由を確保するため、米国やASEAN、韓国、豪州などと協調し、海洋秩序に関する国際的な枠組み作りに着手すべき。

<漁船一隻で、ここまで言うか>


 ○日中間の危機管理メカニズムの構築 日中間の危機における対話のための管理メカニズムを構築し、海上における偶発的な事故防止、危険回避システムを確立すべき。

<あれだけ煽っておいて、対話のメカニズムをどうやって作るんだ。メカニズムを壊しているのは君たちだ>


 4.結語

 本事案は、国家としての尊厳について我々に鋭く問いかけていると思う。いたづらに政府対応を批判するのではなく、臥薪嘗胆を旨として、将来にわたり凛として自立する国家を目指し、今こそ国民的議論と行動を興すべき時である。


<だから、臥薪嘗胆は、未来永劫に渡って憎悪の連鎖で殺しあいを続けていく という意味なんだってば>

     ◇

 有志43人

 代表世話人 吉良州司▽長島昭久

 賛同国会議員 近藤洋介▽古本伸一郎▽田村謙治▽石関貴史▽金子洋一▽北神圭朗▽鷲尾英一郎▽石井登志郎▽梅村聡▽大西健介▽緒方林太郎▽岡田康裕▽風間直樹▽勝又恒一郎▽神山洋介▽木村剛司▽熊田篤嗣▽坂口岳洋▽柴橋正直▽杉本和巳▽菅川洋▽高橋昭一▽高邑勉▽玉木雄一郎▽中後淳▽道休誠一郎▽長尾敬▽中野渡詔子▽中林美恵子▽橋本博明▽畑浩治▽初鹿明博▽花咲宏基▽福島伸享▽藤田大助▽三村和也▽向山好一▽村上史好▽森山浩行▽山本剛正▽渡辺義彦(敬称略)


<日中間の危機を煽ってアメリカの袖にすがる政治屋と、それにマンマと騙された政治のわからん政治家もどきの一覧でした>

(引用以上)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少子化対策に関して一言

菅内閣の少子化対策チーム『待機児童ゼロ特命チーム』が発足した。 村木氏や岡崎トミ子氏もいれて保育所の拡大などを目的としているようだが...

【大阪地検特捜部長逮捕】この事件にはそもそも政争の影があったのでは?

 さて、尖閣諸島に関する事件については、これ以上は書くつもりは無い。今後、両国関係は、関係修復に向かうであろうことは間違いないが、にわかナショナリズムに火がついた人間は両国に多いであろうことは容易に想像がつき、それぞれ相手国への悪感情が醸成されてしまっ…

【尖閣諸島事件】私の見解と立場

 またまた連日の記事更新となる。どうもブログを休止していた間に、私自身の中に、いろいろと溜まっていた物があるようである。 今日も駄文にお付き合い願いたい。  さて、急きょ思い立って再開したブログなので、今話題の尖閣諸島漁船衝突事件を取り上げることとなっ…

現在のマスコミは、どちらの方を向いているか?

 不定期更新と言いながら、今日で3日連続の記事となる。出だし好調で、アクセス数がどんどん伸びているので、アクセス数至上主義は採らないつもりだったが、もう少し読者を増やしたくて、今日も記事を書く。  毎日記事の主旨があちこちに飛んで申し訳ないが、今日は、…

大西洋共同体(NATO)に日本を組み込む ブレジンスキー

『オバマ危険な正体』(ウェブスター・タープレイ著)にはブレジンスキーの著書『セカンド・チャンス』の話がでてくる。 同書、185ページから引用しよう。 ブレジンスキーは、オバマの外交政策を担当しているだけではない。オバマのイメージ戦略を、あらゆる意味で創り上

「アジェンダ政党」が聞いて呆れる「みんなの党」

 ブログ再開最初から、ブックマークしてくださった方が数十名いて、超弱小ブログながら、幸先の良い滑り出しとなったことに御礼申し上げる。  さて、自画自賛になってしまうが、尖閣諸島問題については、さっそく中国側から関係修復への秋波が送られ始めたようで、ほぼ…

精神病棟#17 防衛本能欠損症

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。尖閣諸島沖で海保の巡視艇と衝突したシナの漁船の船長が逮捕されたものの、シナの圧力に屈した那覇地検(政府の関与も噂されている)が処分保留のまま船長を釈放したことに端を発して国民はおろか政権獲得以来売国政策を画策・遂行...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

長島昭久は言ってることが一番まとも、正しい国家観の持ち主、信頼にたる政治家だと思っています。この人になら日本を任せられそうです。良識、国際感覚、スケールの大きさ、品格、誠実です。親米派というだけで彼を毛嫌いする人も多いが器が小さすぎますよ。私の一番尊敬する大好きな政治家です。防衛・外務大臣は勿論のこと、将来、総理大臣になってほしい人です。

KYで危ない人々

はじめまして。我がふるさと選出の吉良州司が音頭とりをしていることを恥ずかしく思います。この43人もの外交。安全保障音痴が建白書を出したりするから、政府はまたまた迷走する。ここは大人しく、毅然と安全保障の勉強会でもやってくれてたほうが国民のためだということに気がつくべきです。
もうスタンドプレーじゃ外交はできない。実のない外交を米国やロシアで実体験しているでしょうに、懲りない人々だ。こんな民主党を支持してきた国民は悲劇だ。
与党内野党にがんばってもらわないと明日の日本がない。

天木直人氏 x B.フルフォード氏対談(2007)より

天木氏「アメリカのやり方は常に分割統治ですから、対立を友好関係に変えさせない。何かあると必ず敵対関係にさせ、互いに牽制させる」
B.F氏「あのね、アメリカのやり方は昔から同じ。例えば、近所で仲良くしている二人がいるとするでしょ。そこで、片方の飼い犬を殺して、『隣の人があなたの犬を殺したよ』と言ってケンカさせるんですよ」
天木氏「そう。だから、極めて単純なね、卑劣なやり方を、我々はもっと気が付かないとダメだと思うんですよ」

 *

もうみんなが気付いている「ジョーカー」(本名・前原誠司)を、どうして誰も捨てることができないのか?!

政治家は冷静冷徹に

皆さんに同感です。
政治家は冷静かつ冷徹であっていただきたい。

目立ちたい、票が欲しいで、
日本の安全を脅かすのはヤメテ欲しい。
>43人+前原さん

No title

アメリカのエージェントの諸君(43名すべてではないだろうが、それに被れている者たちを含め)は、日中外交問題に口出しするな、・・・ということでしょう。

No title

全面的に同意します。国会議員は国民のレベル以上にはならないことの照明でしょう。こいつらの行動は非常にあやしいし、無知、無能、無責任の菅内閣と50歩100歩です。落胆することなく、着実に進みたいものです。

唯一お馬鹿議員リストとしての

建白書の価値は唯一お馬鹿議員リストとしての価値だけですね。(笑)
こんな議員永久保存して選挙で淘汰しないとね。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg