2010-10-04(Mon)

小沢氏の強制起訴は誰の意向か

今回の小沢氏強制起訴については、様々な憶測が飛びかいはじめている。

審査会事務局に「厳選」された平均年齢30歳の審査員が、マスゴミを鵜呑みにして決議してしまった結果か。
もうしそうだとすれば、審査会事務局の選抜基準にこそ、その意図が込められている。
その限りにおいて考えると、「オカミに逆らわない」「大勢にしたがう」という選択された特性がもたらした、ある意味で事故のようなモノといえるかもしれない。

他方で、これはアメリカの差し金だという意見もある。
たしかに、昨年春以来の小沢タタキは、対米従属を見直そうという小沢一郎を引きずり下ろすためのものであることは間違いない。
アメリカの意向、あるいは指示が入っていないと考える方が無理だ。

今回の議決も、審査員の「選択」から、吉田という補助弁護士まで、影響を与えようと思えばいくらでも機会はある。
その意味で、アメリカの指図であった可能性も充分に考えられる。

ただし、アメリカも一枚岩ではないわけで、それが旧来の利権を守りたい勢力によるモノなのか、これからアメリカを(方向はともかく)チェンジさせようとしている勢力なのか、という問題は残る。

また、国内の旧利権にしがみつく勢力による圧力だという見方もできる。
この場合、もちろんアメリカの利権勢力との合同である可能性が高い。

もうひとつ残るのは、仙谷や枝野のような、政権をとってはじめて利権を手にした連中が、自分たちのためだけに小沢を追い落としたということ。
これは、完全に代表選とリンクする話で、サポータ票が非常に不透明に扱われたということとも、一体の話だ。

ただ、新参者の仙谷たちに、そこまでの深い影響力を行使する力があったのかどうかは良く分からない。
むしろ、他の力が働いていたところに、仙谷たちも便乗したと見るほうが自然なのではないか。


こんな時に、何の情報源もない私が見るのは、各新聞の見出しの一覧だ。
粗大ゴミならぬ五大ゴミともいわれる新聞のネット見出しを、ざっと眺めてみる。

すると、各社の傾向と、全体にどういう方向に持って行こうとしているのか、マスゴミ界の意向が見えてくる。

で、今回の強制起訴について見てみると、これがやや拍子抜けの感がある。
もちろん、マスゴミが小沢氏に対して完全に公正な報道なんてしないけれども、かつての勢いはどこ行ったの?というくらいおとなしい。

まず、読売アメリカン

* 民主「陳情対応本部」を新設…本部長に枝野氏 (10月4日 19:37)
* 「陸山会」起訴の石川議員「ノーコメント」 (10月4日 19:21)
* 小沢氏起訴議決、菅首相「コメントは控える」 (10月4日 19:04)
* 裁判で無実を確信…小沢氏が談話 (10月4日 18:29)
* マニフェスト修正応じられぬ、と藤井元財務相 (10月4日 18:26)
* 起訴議決「分からない」と小沢氏…平野氏に (10月4日 17:51)
* 小沢氏離党必要ない、と側近の松木氏 (10月4日 17:39)
* 検察審批判発言も、小沢氏支持議員の一部から (10月4日 17:32)
* 起訴議決「なぜこの時期なのか」民主・三井氏 (10月4日 17:13)
* 「党の対応、慌てることない」民主・輿石氏 (10月4日 16:50)
* 小沢氏「自ら身を引くべき」…民主・牧野氏 (10月4日 16:31)
  *小沢氏強制起訴へ、検察審2度目の「起訴議決」(10月4日 15:46)


と、最初は反小沢のコメントからはじめたモノの、すぐに腰砕けである。
それどころか、小沢氏が徹底して排除した陳情利権を、枝野がちゃっかり手に入れたことを報じていたりする。

次に、アメ経 ならぬ日経

*首相「コメント控える」 小沢氏強制起訴で (18:56)
*民主鉢呂氏、小沢氏強制起訴「自らがどういう形をとるのかだ」 (18:49)
*自民逢沢氏、小沢氏の辞職勧告案提出へ「野党で議論尽くす」 (18:40) [有料会員限定]
*小沢氏、強制起訴は「誠に残念、無実を確信」 (18:26)
*小沢氏が声明「無実が必ず明らかになると確信」 (18:21) [有料会員限定]
*自民・谷垣総裁、小沢氏は「議員辞職すべきだ」 (17:16)
*官房長官、小沢氏の強制起訴「政権への影響わからない」 (16:59)
*五十嵐財務副大臣、小沢氏強制起訴「大変驚いている」 (16:43)
*岡田氏、小沢氏の国会招致「慎重さ必要」 (16:35)
*小沢氏強制起訴 官房長官、政権への影響「分からない」 (16:31)
*岡田氏、小沢氏への民主党対応「本人が考え示してから言うべき」 (16:27)
*岡田・民主幹事長、小沢氏の強制起訴「大変残念」 (16:17)
*「小沢氏は自ら身を引くべき」民主国対委員長代理 (16:13)
*陸山会事件「再捜査は不十分」指摘、検察審 (16:06) [有料会員限定]


これまた、歯切れが悪い。
まあ、余りに無理筋の強制起訴なのは、ちょっと事情を知っている記者ならばわかっていることだから、歯切れが悪くなるのかもしれないが、それにしても、代表選以前の小沢=犯罪人といわんばかりの勢いはない。

お次は、お口が開きっぱなしの朝日

# 菅首相「まだ十分把握していない。コメント控えたい」(10/4)
# 民主・岡田幹事長「小沢氏の考えが示されるのが第一」(10/4)
# 谷垣・自民党総裁「小沢氏は辞職するべきだ」(10/4)
# 「裁判で無実明らかになると確信」 小沢氏がコメント(10/4)
# 小沢氏起訴議決、仙谷氏「コメント差し控えたい」(10/4)


口が開きっぱなしのくせに、えらく口数が少ない。

さて、先立つものに追いまくられて球団でも○○○○でも売ってしまおうかという毎日

  *陸山会事件:小沢元代表「裁判で無実明らかに」(最終更新 10月4日 19時27分)
*陸山会事件:小沢氏を強制起訴へ 検察審査会が議決


あれ? 代表選の間は、小沢憎しの報道をあんなにがんばっていたのに、これだけ??

最後に控えましたるは、ジャパニーズ右翼の希望の星 産経
こちらは、さすがに詳しく、時系列ではなく項目分けされている。

* 小沢氏強制起訴へ 検審「起訴すべき」(10月4日)

小沢氏自身は…
* 口を真一文字に結び 「陸山会」事務所を後に(10月4日)
* 「分かんないんだよな」(10月4日)

検察審査会の議決要旨
* (上)「十分な再捜査が行われたとは言い難い」(10月4]日)
* (下)「検察官の判断は首肯し難い」(10月4日)

* 側近の松木謙公氏「大変残念」「小沢氏は大切な方…」(10月4日)
* 「小沢氏は離党すべきだ」と民主党国対委員長代理(10月4日)
* 仙谷官房長官「有罪確定まで推定無罪」(10月4日)
* 民主党の岡田幹事長「大変残念だ」(10月4日)
* 馬淵国交相「進退は自ら決めるべき」(10月4日)
* 石井副代表「代表でなくてよかった」(10月4日)

「秘書に任せていた」は全面的に退けられ…
* 小沢氏、再び不起訴 特捜部 平成19年分虚偽記載容疑(9月30日)

野党の反応は
* 谷垣総裁、小沢氏は議員辞職すべき(10月4日)
* 「小沢氏はけじめを」 たちあがれ、平沼代表(10月4日)
* 厳粛に受け止めるべき 新党改革・舛添代表(10月4日)
* 「まずは国会で説明を」 みんな・渡辺代表(10月4日)

アメリカも注目
* 米、政権への影響を注視(10月4日)


この最後の記事など、アメリカも注目といいながら、アメリカの誰に何を聞いたのかも書いていない。
完全な記者の憶測をひと言書いているに過ぎない。
こんな中身のない記事を書くというところに、産経のなにか後ろめたさがあるのではないか。

ちなみに、産経の良いところは、議決分の要旨を載せたり、一問一答を全部書いたりする。
小沢一郎は汚職をしたと信じているような、洗脳され切ったマスゴミ信者はともかく、ある程度冷静にものを見る人であれば、これだけ詳しくなんやかんやと報道されれば、むしろ中立的に見ることができるのではないか。

とにかく、今回の強制起訴という議決にたいするマスゴミの態度は、これまでとは明らかに違う。
少なくとも、政官財外電の悪徳ペンタゴンが、一枚岩で進めてきたモノではなさそうだ。

おそらくは、外:アメリカの一部利権屋(知日派)、官:小沢を永遠に葬りたいほとんどの高級官僚、政:仙谷や枝野という新興権力亡者 が悪徳ペンタゴンの中の他の勢力の止めるのも聞かず、突っ走ったということだろう。
議決が9月14日、すなわち民主党代表選の日であったこと、そしてその発表までに3週間もかかったことが、それを裏付けているように思われる。

万が一、代表選で小沢氏が勝利した場合や、サポータ操作がうまくいかなかったときは、即時に議決をリークするつもりだったのだろう。
ところが、代表選は菅の勝利に終わり、しかも、小沢タタキの嵐はなぜか去ってしまった。
悪徳ペンタゴンも、内紛の時を迎えたのである。

しかして、議決はしたけれども、世に出すタイミングが見当たらず、ついに3週間もたってしまった。
こんなストーリーが透けて見える。


強制起訴されることは、決して望ましいことではないが、この際、あらゆるウミを裁判で白日に曝すことで、検察も含めた悪徳ペンタゴンの汚い姿を詳細に描き出す機会とされることが良いのではないだろうか。
そして、悪ペンの内紛を激化させ、自爆を誘う絶好の機会ととらえるべきだろう。

当の本人の小沢氏にはお気の毒だけれども、これもまた政治活動として、裁判闘争を闘っていただきたい。


※ちなみに、今回の検察審査会は、この男が申立人だ。

sakuraimakoto_convert.jpg


一番後で、お笑いの司会者みたいな格好をしている、トンデモ右翼、通称 桜井誠。
こんなヤツがかみついたせいで、日本の政治が大混乱するというこの検察審査会という制度じたい、よくよく考え直した方が良い。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日中対立と小沢攻撃は、米帝金融資本による日中ガイドライン遂行とドル防衛のための策動だ!

★a href="http://blog.with2.net/link.php?177159">ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 9月8日に中国漁船衝突事件が起き、日本と中国は領土紛争の様相に陥り、せっかく進んできた日本と中国の経済交流、いいかえれば東アジア経済共同体にひびが入る状況に...

小沢元民主党代表、強制起訴へ

いよいよ検察と、小沢氏との最終戦争が始まったといえるのではないか。 検察審査会は平成16・17年の政治資金報告書への虚偽記載について、起訴すべきであると再び判断した。 これにより、小沢氏は強制的に起訴され、裁判の場で争うことになる。 裁判の決着は、...

小沢擁護のネット言論がひどい。

 あらかじめ断っておきますが、これまでも書いてきたように、私は小沢一郎と言う政治家を信用していません。裏切りや変節を繰り返し、改憲は主張していないものの、それは自民党が取ってきたなし崩し的解釈改憲でなんでもできると言うやり方と、同じ方向性を持っているも…

【ニュース】検察審査会、小沢一郎氏を強制起訴相当と判断。

 つい30分ほど前にニュース速報が流れました。ネット上でも次々にニュースが報じられています。  民主党元代表、小沢一郎氏の政治資金規正法違反事件(いわゆる「陸山会事件」)について、東京第五検察審査会は、これまでの、不起訴不当 ⇒ 検察が再聴取後不起訴、に…

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

黒幕は防衛利権組

日中をもめさせたままにして、
沖縄を脅して辺野古基地容認知事を選ばせ、
辺野古基地を強制執行させ、
思いやり予算を増額させ、
さらに高い武器を買わせることで、
利益を得る防衛利権組が、黒幕でしょう。

民主党は、M、N,
自民党は、I

谷垣総裁は、検察の証人喚問を要求しようとしたのに、Iが止めた。一味でしょう。

小沢一郎と庶民革命

小沢一郎と庶民革命。

小沢一郎に庶民が力を与えませんか。
小沢一郎に、陸山会に、個人献金しませんか。

百万人が一万円で百億円。

禁煙で浮いたお金で献金は?(笑)

悪者たちの王手飛車取の一手。どちらもとられるべからず。

 検察上層部などのこの国の支配者が放った王手飛車取の一手。決して王も飛車も取られてはならない。
 検察審査会の制度も、その強制起訴権限も、多くの罪もない人の命を屁とも思わないクズ検察への民主的刃としてやっと勝ち得たもの。明石花火大会歩道橋事故の強制起訴で、みんな「ああ、とんでもない起訴だ」と思ったのだろうか?
 また、日本に小沢一郎はなくてはならない人。
 今回の強制起訴は検察審査会の強制起訴権限と小沢という政治家の政治生命のどちらか一方でも駄目になれば、奴らの思うつぼ。

 ところで、もっとたちの悪い町村の土地ころがしはどうなった?あれも不起訴処分に対して検察審査会に審査を求める手続きがとられたはずだが?

審査会は「検察を審査」するとこです!つまり検察身内や利のある関係を庇ってるぞ、と言う時に意義申し立てするために、そもそも存在したと思う。

こうなると審査会システムに疑問も。「嫌疑不十分」の被告について、検察は公判で何を問うの!?‥‥罪?

●嫌疑不十分である人に、どんな求刑するのか!?
●検察の冒頭陳述なんてありのままにいえば、「我々(検察)は嫌疑をもって捜査したが、不十分と判断している。しかし、システム上起訴となり出席している。裁判長!我々は問える嫌疑がない人に何を問えばいいのでしょうか??」となる。

…‥論理的に言って二回も「嫌疑不十分で不起訴」を出している検察に公判で何を訴えろというのか!訴えようがない。システムの破綻だ。

公判があり得るとしたら、起訴と言った審査会メンバーが法廷の通常検察席に、とって変わって立つしかない。

そんな負担は国民には重責すぎる、というなら…

あるいは(被害者の)弁護士とか専門家が検察資料を全て借り受け、立つか??

検察は「これこれこうだから嫌疑不十分で不起訴にした」と審査員に説明しただろう。…それに不満なのだから、その不満(起訴にした)の「審査員の意見・見解」を検察が聞いておいて、裁判官と被告・弁護人に対して代弁して主張する…ぐらいしか(争うと言う意味で)公判にならないだろう。

検察にも仕事をさせるとすれば、嫌疑を持った経緯と断念した経緯を時系列で説明(公開)させることか。あくまで説明で、被告と呼ばず「小沢さん(氏)」あるいは「参考人」と呼ぶ空気感で粛々と。
もちろん審査会の会議の詳細も。

No title

この際、議決に関わった全ての者たち、補助弁護士、検察事務官はもちろん、11人の審査委員まで、全員を裸にして、審議が如何にして誘導されたのかなど、明らかにならなければ納得できない。

No title

これが正しければ、補助弁護士が選ばれてからたった一週間しか審査期間がなかったことにあります。
検事の前田恒彦容疑者の証拠捏造が話題になる直前を狙った駆け込み判決ではないですか。

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51606499.html
>補助弁護士が決まってからたったの1週間である。審査は全く行われないまま、議決がなされたわけで、これでは「始めに結論ありき」だったとしかいいようがない。
>審査員による審査放棄である。一回目の議決要旨が踏襲されているという。
>それにしても、9月14日に早々と議決をしておいて、3週間も公表しないで暖めていたとはいったい何事なのか。
>国民を愚弄するにもほどがある。

そして、そのわずか1週間の間に追加された容疑の分まで審査を終えてしまったことになります。これは明らかに変でしょう。

陸山会事件:弁護士が検察官役 起訴まで長期化も
ttp://mainichi.jp/select/seiji/news/20101005k0000m040088000c.html

>一方、第5審査会は4月の議決で土地購入費の支出約3億4000万円を翌年に記載した点を容疑とした。
>今回の議決は小沢氏の手持ち資金4億円を記載しなかった点を容疑に追加。起訴状にこの4億円を含め
>た場合、「1回目の審査内容を超えて議決した判断の是非が問われ、起訴の有効性が争われる可能性が
>ある」(法曹関係者)という。

No title

選挙とは直接関係なく選んだ審議機関に審議させておいて、その結論は尊重しなければならないとする手法が次第に露骨になりはじめましたね。
裁判員制度の件から一気に加速しました。
「無作為に選ばれた市民代表」だから、その判断を非難するのはふさわしくないという論調を作って、
市民が選んだ議会は批判できるのに、市民代表機関への批判はタブーとされ、「市民の判断」という権威として振りかざされる。
何ともおっかないシステムです。

No title

あんたみたいな左翼は人間の血が通っていないんだな。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg