2011-02-01(Tue)

有罪とは思わずに起訴する指定弁護士

小沢氏を検審起訴した指定弁護士は言う。

「私たちの職務というのは、必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴することが法令で決まっておる。その中で、起訴しない条件はなかった、と判断したから起訴したということです。」村本弁護士

「私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した、ということではありますけども、(中略)、当然、検察審査会の議決に従って有罪判決が得られるよう、できるだけのことをしたいと思っております」山本弁護士

「私たちは、起訴議決に記載された犯罪事実を起訴するようにというのが職責なので、(中略)、その通りの事実で起訴して裁判所の判断に委ねるのが職責。被告人からの4億円というのが我々独自に削ってよいものだとは理解できなかったということで、公訴事実に含めた。」大室弁護士

引用した朝日新聞の一問一答 http://bit.ly/fN80FA を見ると、3人とも有罪を確信などしていない。そのまま率直に語っている。たしかに、郷原信郎氏の言うとおり「同情すべき」かもしれないが、しかし、あくまで起訴できないと主張できなかったか?


いずれにせよ、この会見を聞いて、小沢氏に「離党」とか「議員辞職」とか言う人間は、欲と憎しみのあまり、人の話を普通に理解する能力までぶっ壊れている。
マスゴミ各紙は、さすがにヤバそうだと悟ったのか、誰それの言葉という形をとって、なんとか小沢氏のイメージを悪くしようとすることしかできない。正面から「議員辞職せよ」と言っているのは産経新聞くらいだ。

もっとも、産経新聞は政治部長の乾正人が、議論で圧倒されたタクシーの運転手に、本人の居ないところでクダをまく程度の新聞だから、何を言っても驚かないが。

【一筆多論】産経2011.1.31 政治部長 乾正人

毎日新聞は、予算を通すためとかなんとか、もってまわった言い方で、「離党せよ」と言う。
一説では、倒産寸前と言われている毎日は、もはや操り人形化して、後先のことなど考えられないのだろう。
無罪になったときに、責任を問われるという恐怖よりも、そのときまで会社が存続するかどうかの方が深刻なのかもしれない。


壊れている人たちやマスコミはともかく、多くの人が言うように、「とっくに決まっていたことを、今さら何騒ぐの? それより予算審議が大事。」というのは正論。

だけど、むしろこの検審起訴はチャンスかと。小沢氏は弾圧されることで、政治家としての本領を発揮している。一連の弾圧がなければ、私も陸山会入会はあり得なかった。

既存報道機関に対し、「話する意味が無い」とまで言い切る政治家が他にいるだろうか。おそらく、昨年の代表選あたりから、小沢氏は民衆政治家としての腹を固めたのでは。

小沢氏は最初から民衆政治家であったわけじゃない。政治思想は自立と共生であり、民主主義の成熟であり、二大政党であった。ところが、まわりが一気に劣化悪化していくなかで、小沢氏は「取り残された」。同じことを言い続けていたら、いつの間にか突出していた。

そして、かつては身内であったはずのものが、次々と裏切り敵対し襲いかかってきた。と同時に、これまでは自らの政治の「対象」であった民衆が、小沢氏を支持し担ぎ期待し始めた。ネットで、あるいは街頭でその声は溢れ始めた。

弾圧されればされるほど、弾圧されるが故に、小沢氏の支持は民衆の中に広がった。それは同時に、小沢氏の心象に大きな影響をもたらしたであろう。一方的な「対象」ではなく、「双方向」に融合していく過程が、この2年間であったように思われる。

小沢氏の主張の全てを支持するものではないが、今この時に民衆の圧倒的な声が小沢氏を支え、小沢氏を支える同志たちに確信を与えることで、ある意味で「裏切れない関係」が生じる。そんな空気を、岩上安身氏によるインタビューなどを聞いていて感じる。

まあしかしそれにしても、小沢一郎のタフなことよ。これほどココロがタフな人を他に知らない。心身共に健康に気をつけられ、怒濤の無罪を勝ち取られんことを願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢氏の強制起訴・雑感

小沢氏が強制起訴されることになった。 僕はこれについて、あまりうまくは語れないが、 マスコミもいちいち小沢氏の言をねちねち取り上げるのもやめてほしい 確かにあまり語らないけれど、たまにしゃべっ...

サカナの街で

またちょっとブログの更新が滞ってしまいました。こちらの問題の報告もしたいのに、なにやらエジプトが大騒ぎになってるし、日本ではわれらのオザワン(小沢一郎)さんが「予定」どおり(怒)、でっちあげの検察審査会で「強制検審起訴」されちゃうし、仕事を終えて家に戻...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

今年も宜しく!

もう一年くらい貴サイトを読ませて貰ってます。
私も本サイトの主張に賛同して、こんな菅政権に税金を払うくらいなら、より有効に活用して貰いたいと昨年末に陸山会に寄付しました。
さらに、菅およびそれを支えている一派を失墜させるべく、小沢グループの議員の政治団体に会員加入の手続きも済ませました。
抗議をすべく民主党本部にいくら電話をしても繋がりもしない。菅直人がこれほどに権力志向で、国民目線を忘却した人間だとは思いもよりませんでした。
菅一派を打倒すべく、お互い頑張りましょう。
貴サイトをこれからも楽しみにしております。

まさに王道

>まあしかしそれにしても、小沢一郎のタフなことよ。これほどココロがタフな人を他に知らない。

他の政治家が失脚したり忘れ去られたりするなか本当に凄い人だと思います。その理由は政局ではなく政策、「覇道ではなく王道」を行く人だからと思います。
よく言われる言葉の「百術は一誠に如かず」です。
それに比べ他の政治家は足元にも及びません。

今回の一連の騒動、悪徳ペンタゴンが仕掛ければ仕掛けるほど墓穴を掘り自滅してゆきます。検察官僚がその良い例です。検察審査会も弘中弁護士にあぶり出されます。

「天網恢々疎にして漏らさず」

傳田みのり事務局長は塚部貴子検事のように告発すべきだったのにしなかった。だから表に引っ張り出すしかない。


刑事訴訟法の第239条
2 公務員と告発
(1) 法令の規定
 法第239条第1項では「何人でも犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」とし、第2項では「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない」としています。

日本の裁判は‥‥

石川知裕秘書の証人採用を検察側の強い拒否を受け、裁判所から留保されているという話を聞いても、日本の司法制度はどうなっているのかと思いますし、逆に変だったコトが、もう隠せない時代になっているのかもしれないとも思います。

「疑わしきは罰せず」というのが、スタンダードであるべきなのに。

民意と言うなら

謎の11名を民意と言うなら、民意を担保するためにも検察審査会の実態を公開すべきでしょう。
裁判員が公開の場に登場しているのに、検察審査会が謎のままである必要はないでしょう。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg