2017-06-06(Tue)

安倍官邸独裁と政治主導の違いはゲシュタポの存在

安倍官邸の独裁政治がとまらない。

20170606-1.jpg国会はまったくその機能を失い、「神のみぞ知る」とか「同姓同名」とか、コントのネタならば面白いかもしれないが、それがリアルに答弁され、質問した野党議員もそれをヘラヘラ笑って済ませている図は、心胆寒からしめるに十分だ。

繰り返すが、このような答弁ばかりが並び、それが笑って許される国会は国会ではない。
官邸と官僚が、国民をあざ笑う場である。国民嘲笑会議である。

そして、あざ笑われた野党議員が、烈火のごとく怒るのではなく、「そんな偶然あるんですかねえ」などと呑気に微笑んでいるのだから、もう終わっている。

ところで、こうした官邸独裁は「政治主導」の結果だという説がある。
橋本行革からはじまって、小泉内閣で大きく官邸主導が進み、民主党政権でも政治主導は唱えられ、安倍政権でほぼ完成した、という見方である。

なるほど、官僚がすべてを仕切り、実際の権力を握ってきた日本の権力構造はいびつだ。
選挙で選ばれる政治家がお飾りであるならば、選挙の意味はほとんどない。それを如実に示したのが、民主党政権だった。
官僚のサボタージュと巧みな誘導で、ものの見事に国民の期待を裏切ることになった民主党政権。このテイタラクを見た国民が「選挙なんて意味ないじゃん」と感じ、投票に行かなくなってしまったことは、ある意味で正しい観察だ。

そんな官僚支配に対して、選挙で選ばれた政治家が主導すべきだという主張は、正しいと言わざるを得ない。
では、現在の安倍官邸の一極集中は正しい姿なのか?



20170606-2.jpg問題は、こういう連中がいるかどうか、だ。
ゲシュタポのような秘密国家警察がある政治主導と、ない政治主導は、180度ちがうものなのは、言うまでもなかろう。

本気で独裁政治をやりたいものにとって、選挙による政治主導と、官僚によるエリート支配のどちらが都合が良いのか。
一般的には官僚支配のほうがやりやすそうだが、そこには省益や既得権や前例主義や、良い悪いは別にして、独裁者の意のままにならない様々な壁が立ちふさがっている。官僚支配は、民主主義にとっても桎梏であるが、少数の独裁者による支配にとっても大きな障害になるのだ。

では政治主導はどうかと言えば、大義名分は立つ代わりに、選挙で権力を失うリスクを常に抱えている。
逆に言えば、選挙で負けないかぎり、「国民の負託」を背景に非常に大きな権力を振るうことができる。
問題は、どうしたら選挙で負けないか だ。

そこで登場するのが、情報操作やねつ造である。
メディアを管理することはもちろん、主要な人物のプライベートに渡る言動をすべて調査し、何もなければ仕掛けたりねつ造したりして、膨大なファイルを作成する。

その典型が 山口敬之だった。
強姦で逮捕されるところを救ってもらい、決定的な弱みを握れらた山口は、まさに安倍官邸の犬としてどんなに恥ずかしい場面でも安倍を擁護し続けた。

前川前事務次官の出会い系バーにしても、高級官僚はすべてプライベートを監視されているということの証明だ。
釜山の森本康敬総領事が、プライベートの食事で安倍政権を批判したら、あっという間に更迭されたという件も、同じ。

私的な食事で官邸批判したのが筒抜けでクビ!
釜山総領事更迭前川前次官攻撃の裏に公安のドンが率いる官僚監視の秘密警察
2017.6.4 リテラ




20170606-3.jpg現代日本のゲシュタポを率いるのは、この男だ。
北村滋・内閣情報官。内閣情報調査室の責任者だ。
そう、強姦魔・山口敬之が相談メールを送ろうとした(間違って新潮に送ってしまった)相手である。

警察庁の警備公安畑を進み、第1次安倍内閣で官邸に入り、いまや安倍官邸支配の要となっている。
200人ともいわれる内閣情報調査室(内調)と、本籍のある警察庁の警備公安を駆使して情報収集に努めている。

警察庁警備局公安課は、もともと右翼や左翼を弾圧するための情報収集をするのが仕事なのだが、現在の日本でそんな仕事はかなりヒマなはずだ。
代わりに何をしているのか。その実態がほとんど知られていないのをいいことに、政権にとって大きな影響をもつ人物の情報収集にあいつとめていたとしても、おかしくない。
少なくとも、前川氏や釜山総領事のことを見ても、だれかがやっているのは間違いなく、それに一番適任なのが警察庁公安課であり、官邸のアイヒマンと称される北村滋情報官である。

このアンダーグランウドの諜報組織に、キャリア官僚の殺傷与奪の件を握る内閣人事局と、自民党議員の公認権を一元化したことにより、官邸の権力は絶対的なものになった。
その絶対権力を誇示し、国民をバカにしてせせら笑って見せているのが、今の国会だ。

民進党や共産党が、国会を止めることをせずに、ヘラヘラ審議に応じているのも、おそらくは怖いのである。
何を捕まれているかわからない。逆らうと何を暴露されるかわからない。
幹部の腐敗を暴露されれば、党が崩壊しかねない。そんな恐怖で、ヘラヘラと審議時間を浪費しているのだ。

ゲシュタポを駆使した官邸独裁は、決して選挙で選ばれた政治主導ではない。
まったく異質の、暴力的な独裁であり、国会占拠である。



この安倍官邸独裁の弱点はないのか。
それは、カネだろう。

自民党の支配ではなく、安倍官邸というかなり個人的な支配体制を維持するためには、党のカネや官房機密費だけではない、自分のカネが必要だ。
もちろん、収支報告書などには出てこない金を、少なくとも年に数億くらいは動かせなくては、ゲシュタポや親衛隊を自分の傘下につなぎ止めておくこともできない。

では、そんな金をどうやって手に入れているのか。
そこにモリとカケが登場する。

以前から書いている通り、学校法人はもっともカネの流れを隠しやすい団体だ。
寄付に税金がかからないのは、今では学校法人と宗教法人だけ。
税金がかからないというのは、単に支払いが少ないと言うだけでなく、出所のキタナイカネでも探られることがない、ということ。

森友疑獄も、加計学園問題も、「なんで安倍官邸や安倍家ここまで無理筋を通すのだろう? ただの友達にしてはリスキーすぎるのではないか」 と感じるが、そうした背景を考えると、なるほどな と思うのである。

安倍独裁のためには、こうした独自の金づるが必要なのである。
そして、その流れこそが、もっとも国民の目に 「ずるい!」と映っている。
だからこそ、責めるべきは モリとカケ。森友と加計に集中して責めるべきだ。

大阪の市民運動や、山本太郎さんの街頭記者会見など、わたしが関わる場でも共謀罪の話題で持ちきりだけれども、ちょっと攻め所が違うような気はする。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2017-06-02(Fri)

扇動せよ!

国会がおとなしく開かれている。

なるほど国会は言論の府だ。
言葉の応酬で物事を決める場だ。

しかし、それは「言葉が通じる」という前提があってのことではないのか。
少なくとも、聞かれれば答える、証拠を示されれば説明する、という程度の最低限の「言葉が通じる」状態があってはじめて、国会は言論の府でありうる。

20170602-1.jpg 安倍&菅の二人を筆頭に、何を言われても、どんな証拠物件を示されても 「知らない」「確認できない」「あたらない」で押し通し、30時間経過したら「ハイ採決」 のどこに言論が存在するのか。
こうした国会運営は、武力によるクーデターで国会が占拠されたのと同じだ ということを理解しなければならない。

見た目には暴力は振るわれていないように見えるが、言論をまったく無視するという意味では 暴力的な占拠と言ってもいい。
また、反抗的な官僚は日常行動を監視して更迭したり、御用記者は強姦をやってももみ消したり、安倍官邸のやりかたはまさに暴力といっても過言ではない。

現政権によるクーデターなので、政権の交代はおこらないが、政治の仕組みは激変する。
議論と妥協による決定から、命令と非妥協による決定に、完全に転換される。
いま、国会ではその激変がおきているのである。

いまの国会の中でやられていることは、安倍官邸が国会議員に命令を下し、それに対して野党がブツブツ文句を言うけれども、安倍官邸はそれを無視して時間が来たら機械的に決定する。
その繰り返しだということは、誰の目にもすでに明らかなかのではないか。

20170602-2.jpgにもかかわらず、相変わらず議事堂の中でブツブツ言いつづけている野党に、なにかの意味があるのか?
何の効き目もないのに性懲りもなく怪獣にレーザー銃を打ち続ける科学特捜隊よりも 役に立たない。

今するべきは、効き目のないことが証明されている口撃をつづけて採決の時間を待つことではなく、安倍官邸に暴力的に占拠された国会を止めて、国民に呼びかけることではないのか。

マスコミは、それなりに仕事をしている。
これまでは寿司と機密費でからめとられ、ものの役に立たなかったマスコミが、今回はかなり踏ん張っている。
クーデターまでしなければ維持できない安倍政権は、本質的に命脈が尽きていることを、感じ取っているからだろう。

しかし、国民のリーダーであるはずの国会議員が、占拠された議事堂の中にチンと座ったままでは、国民に声は届かない。
まずは、覚悟をもって国会を止め、その一方で街に出て国民に訴えよ。

安倍官邸によるクーデターを終わらせ、最低限の言論を復活させることが、火急の問題なのだ。
自民党の中にすら、その危機感を持ち始めている人間はいる。
その部分とも連携しながら、まずは安倍官邸による暴力的なクーデターを潰えさせよ。

扇動することを、恐れてはいけない場面がある。
おとなしく論理的な説明だけでは伝わらない危機が、いまここにある。

扇動せよ!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2017-05-31(Wed)

籠池、前川、詩織 各氏が人生を賭けてるときに、粛々と国会進める民進党

フツウならば表に出てこない政権の暗部が、次々と明らかにされている。

いずれも、当事者による捨て身の暴露・告発である。

籠池氏は切り捨てられたという理由があるにせよ、あれだけのネタを持っているのだから、水面下で救済を求めることだってできたはずだ。しかしそれをせずに、証人喚問に出向いたというのは、彼の意地だったのだろう。
とにかく、あの証人喚問によって森友問題が大阪だけの問題ではなく、安倍官邸の権力犯罪へと世の認識を大きく変えたことは間違いない。

前川前事務次官はなおさらだ。
いくら引責辞任だったとはいえ、5600万円の退職金についてはかなり報道を賑わしたし、一般人よりはよほど悠々自適の老後ライフを満喫できるはずだった。
げんにその時間を使って、NPOの手伝いなどをしていたという話も、広く知られるようになった。

「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気
キッズドア 渡辺由美子 オフィシャルブログ 2017.5.27


そんな平穏な日々をあえて投げ捨てて、これほどリスキーな場に登場するのは、よほど腹に据えかねたからに違いない。
前川氏には案の定、官邸から読売新聞にスキャンダル情報がリークされ、これもまた大騒ぎになった。
ただ、この出会い系バーについて、産経が興味深い記事を書いている。内容は産経なので貶めるつもりで書いているのだが、情報としては見逃せない。

「加計問題」で“反安倍”狼煙か 「またか」の声も…石破氏は前川氏擁護、岸田外相は改憲案に異議 (2/2ページ)
ZAKUZAKU 2017.05.31


 ただ、前川氏は25日の会見で、捜査当局が「管理売春」(売春防止法違反容疑)で内偵していた東京・歌舞伎町の「出会い系バー」(連れ出しバー)通いも追及された。

(引用以上)

やはり前川氏がバーに出入りしているのを確認したのは 捜査当局 なのである。
その捜査当局のつかんだ情報が安倍官邸につつぬけになり、さらに読売新聞にリークされたのである。

もちろん、内定しているところにマンマと前川氏が登場したなどということはできすぎた話しだし、張り込んでいた現場の刑事が文科事務次官の顔を知っていたというのもにわかに信じがたい。
おおかた、ヒラメでない高級官僚には弱みを握るための尾行などをつけていたのだろう。安倍官邸のアイヒマン・北村滋なら考えそうだ。
同じ素行調査なら、自分とこの議員にやった方がいいのだが。

それはともかく、そういうリスクを冒して前川氏が決起したことにより、加計学園問題も森友疑獄を上回る権力犯罪として広く認識されるようになった。

そして、詩織氏の実名会見である。
どんな思いで顔を出して会見に臨んだのだろうか。心中察するに余りある。

安倍官邸御用達記者の山口敬之が詩織氏を強姦し、その逮捕をもみ消したの安倍官邸の官房長官秘書を直前までやっていた中村格刑事局長。報道されて山口が泣きついたのが 安倍官邸の情報官である北村滋。

もはやこの事件は、卑劣な強姦事件であると同時に、私たち全員にかかわる権力犯罪であることがあきらかだ。
詩織氏の怒りと誇りと勇気の会見をうけて、強姦魔山口敬之はもちろん、なんとしても安倍官邸ぐるみの犯罪を許すまじ、と思った人は少なくないはずだ。



こうして3人の人々が、必死の告発をしている一方で、その代表のはずの国会はどうなっているか。
まなじりを決して、前川氏の証人喚問を求めて戦っているか?
なんとしても安倍を権力の座から引きずり下ろすために戦っているか?

何のことはない、衆議院と同じである。
あれこれ追及の真似事はするけれども、安倍やスガに 「知らない」「あたらない」「問題ない」と逃げ回られ、共謀罪の審議時間だけが着々と消化されていく。

今の安倍内閣にむかって、犯罪の証拠になるほどの物証なしにいくら追及しても、すべてしらばっくれて終わりだということは、いい加減野党も学習したらどうなんだ。
審議拒否、委員会室のピケ封鎖、フィリバスター、牛歩、ありとあらゆる手段を使って国会を止める以外に、あの安倍政権に通じる言葉など一言半句もあるはずがない。

いや、むしろそれはわかっていて、人畜無害な「国会の追及ショー」で自分の人気取りだけするつもりなのか。
そして粛々と会期末の6月18日をむかえ、共謀罪の採決には否決されるはずのない反対票を「ハンターイ」とか声を上げながら投じてみせて、チャンチャンというわけだ。

やはり、民進党の議員というのは、2012年に心を亡くしている。
口ではいくらイイコトをいう人でも、辺野古移転に賛成し、原発再稼働に賛成し、消費増税に賛成したときに、心がぽっきりと折れてどこかに落としてきてしまったのだ。
口だけは残っているけれども、心は亡い。

わずかでも心が残っているならば、籠池氏や前川氏や詩織氏の決起に、動かされないわけがない。
温和しく国会運営を続けている民進党は、動かされるべき心が残っていないのである。

このちゃらんぽらんな、真剣味のまったく感じられない国会の姿こそが、国民の「無関心」の原因である。
無党派が40% 選挙に行かない人が50%というこの国の異常な姿は、ちゃらんぽらんでやる気の見えない国会が作っているのである。

戦術的に民進党と共闘することは否定しないが、しかし、民進党を頼ったり、「忖度」したりするのは もうやめよう。
こんなものにいつまでも引きずられているから、本当の野党ができないのだ。

人として生きる誇りを取り戻そう



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 22

21 からつづく

 奇跡的に仕事が続いていた理由の一つは、やはり本を出版したということだったのだろうと思う。ボクのようにまったく知名度がない建築家にとって、わずかな部数でも彰国社から本を出したということは信用力になった。同じような本はたくさんあるけれど、ほとんどが自分の会社やどっかの○○工法の宣伝だったりして、読む人はちょっと眉唾になる。ところが、彰国社はそういう営業本を許してくれないのだ。ちょっとでもそういう書き方のところがあると、削除命令がくる。なにせ明月社の連絡先すら掲載してもらえなかったのだから。でも、そういう会社の方針のおかげで、「彰国社から本を出す」ということが信用力になったわけだ。

 この本をまとめてみてあらためて思ったのは、家づくりは総合力だなということ。何かが突出してすごいことよりも、いろんな要素がバランスよくまとまっていることが、いい家の条件なんだってこと。でもこれ、建築家にとってはとても厳しい話なのだ。
 建築家にしても住宅屋さんにしても、自分の特徴を前面に出した方が営業的には良いに決まっている。デザイン、耐震性、自然素材、省エネ、断熱、バリアフリー、ローコスト、などなど。うまくやっている会社は、だいたい2つくらいの要素をバーンと前面に出して、「ウチはこれです!」という売り方をしている。その手の用語で言うと、差別化とかブランディングとか言うのだろうか。

 それぞれの要素をよく知ってみると、お互いに相矛盾するところもあるので、全部を満足させようなんて考えると、苦労ばかりするわりに目立った特徴がない、というつまらないことになってしまう。おそらくは、皆さんそれが分かっているから、いくつかの要素に絞って得意分野をうち出しているのだろう。
 ところがボクの場合、ここに至るまでにあまりにも多種多様な現場を経験しすぎてしまったのは、ここまで縷々書いてきたとおり。建築とは無縁の経理屋さんから始まって、ゼネコン、ビルやマンションの設計事務所、小さい工務店、店舗デザイン、産直住宅と林業、シックハウスのNPO、またまた工務店でリフォーム営業と耐震診断、と自分でもあきれるくらいの経験をさせてもらった。そして、そのどれもがおろそかにしていいとは思えないのである。

 ああ、いっそ何も知らずにフリきった家を作りたいなあ、と思うこともしばしばある。ボクだってやはり建築家を志した以上は、かっこいい建築作りたいと思わないわけではない。構造をちょっと無理して、長年の耐久性は見ないふりして、法律以上にはシックハウスのことなんて考えなければ、デザインの自由度はバーンと広がる。さぞや楽しいだろうなあと思う。

 しかし、これまでの経験だけでなく、短大の先生から言われた言葉が頭にこびりついている。あの毎晩居酒屋に連れて行ってくれた夜間の短大の先生は、「用・強・美・聖」いつも言っていた。「建築は強・用・美の理が保たれるように」というは古代ローマのウィトルウィウルスという人の「建築書」というのに書かれていて、大学とかで建築を勉強する人は一度は耳する。強度、実用性、美しさのバランスをとるべしと紀元前から言われてきたのに、いまだにそれを兼ね備えた建築は多くないということは、それだけ難しいということだ。
 この三つでも難しいのに、かの先生はそこに「聖」を加えた。宗教的な意味ではない。良い建築は一種の神秘性のような言葉にならない説得力をもつという意味だったのだろうと思う。たしかに、これまで色々見学しに行った建築の中で、ほんの数回そんな「聖」を感じたことがあった。それは、抽象的なものではなく、建築に伴うさまざまな制約や時代性にたいして、立ち向かっていった建築家の執念なのかもしれない、と今は思っている。

 もちろんボクの建築はとてもそんな域には達していないが、でも出発のころにそんな理想を聞かされていたことは、三つ子の魂百までじゃないけど、ずっとボクの心の中に沈殿している。わりきって、ふりきって、かっこいいデザインをしても、その家はきっと「用・強・美の理」は保てないし、まして「聖」は獲得できっこない。そう考えると、どうしても施主が望む以上にあれこれこだわってしまい、やや自縄自縛になりながら唸りつづけている。

(23 につづく)






2017-05-26(Fri)

前川元事務次官の証人喚問実現まで国会を止めよ!委員会室にピケを張れ!



これが、いま国会でやらなければならないことのすべてだ。
そのためには、市民側も声を合わせる必要がある。色んなことを言ってはいけない。
ただ一つのことを、ぶつけるのだ。

前川元事務次官の証人喚問実現まで国会を止めよ!

再稼働反対 や 戦争法反対 のように 一点に絞って声を合わせなければならない。
私たち在野のものには見えない国会の流儀があるらしい。それを知っている人たちから見ると、今の民進党の「追及」などは茶飲み話に等しいように見えるようだ。テレビにでて目立ちたいだけで、本気で政権を追い込む気迫など、これっぽっちも見られないということを、過去のたたかいを知る人は憤慨している。

20170526-1.jpg
(日刊現代2017.5.22 クリックすると阿修羅へリンク)

そもそも民進党というのは、小沢氏のこうした本気さについて行けない口先だけの根性無しの連中が、財務省の子飼いである野田たちにすりよってできている党だから、期待するほうが無理なのかもしれない。
しかしそれでも、中には良心の呵責に耐えきれなくなる議員もいるかもしれない。党内がガタガタに揺れれば、執行部とて仕方なく審議拒否という決定をする可能性はゼロではない。

前川が籠池とちがうのは、一般向けの信用度もさることながら、誰が見ても当然秘密を知っている立場であるということだ。
そして、それをバラした「守秘義務違反」で責められる時は、同時に秘密が真実であることを、官邸が認めてしまうことになる、という構造がある。
出会いバー程度のことしか、前川を黙らせる手段はないのであって、彼が出会いバーの件を開き直った今となっては、もう前川に怖いものはない。彼が裁かれるときは、官邸が「トップレベルの圧力」を認めるときになる。

籠池の場合は、三つの契約書などあきらかに違法と見えることがあったり、経済的に破綻に瀕していたり、自らの身を守ることを考えながら暴露する情報をコントロールしているようだが、前川の場合はそんな複雑ではない。
ただ一点、官邸のトップレベルの圧力があったこと、それによって判断がゆがめられたこと それを証明するだけだ。



それにしても、目を付けられた有力者は、プライベートの行動までしっかり調査されているのだということが、出会い系バーのニュースでわかった。
20年前に大蔵大臣と日銀総裁が辞任したノーパンしゃぶしゃぶ事件はより大きな背景があったわけだが、あれは大蔵省ぐるみの事件であった。
ところが、前川の出会いバーは、まったくのプライベートな行動であり、事務次官に在職中から公安や内閣調査室の類が貼り付いていたとしか考えられない。

前の記事でも書いたけれども、共謀罪が成立していない現在でも、すでに日本という国はここまできているのである。

だからこそ、安倍官邸に歯向かう「裏切り者」が二人も登場したこの好機を、なんとしても逃してはいけない。
言うべきはひとつ

前川元事務次官の証人喚問実現まで国会を止めよ!委員会室にピケを張れ!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



2017-05-24(Wed)

共謀罪を恐れすぎるな

昨日、共謀罪が衆院を通過した。

もはや、強行採決ということばすら陳腐である。
「そもそも」議論をしないのであるから、採決ですらない。
中身に一切関係ない、安倍官邸への忖度でしかない。

来週から参院に送られ、このまま行けば成立する。
もちろん、都議選があるし、森友や加計に蓋をするためには大幅延長はしないのではないかという観測もある。
参院野党が、本気で審議を止めまくり、なんとか時間切れに持ち込めれば、今国会は流れる可能性もなくはない。
しかし、残り15日間に強引に30時間を割り振って、会期内に「採決」してしまうことも、今の安倍官邸ならばやるかもしれない。

ネットの意見を見ていると、共謀罪が衆院を通過しただけで、足が震えたり食欲がなくなったりする人もいたようだ。
本当に成立してしまったら、共謀罪恐怖症でぶっ倒れるひとが出るかもしれない。
たしかに、共謀罪はそれほどに恐ろしい法律ではある。

先の記事にも書いたが、小面倒な解説をするよりも、治安維持法の復活と思っておけば間違いない。
昨日の夕方に梅田で行われた緊急抗議街宣でも、弁護士の方がマイクで学習会のような事細かなことを話しておられたが、道行く人は1分も聞いていないのだから、ワンフレーズで語らなければならない。
治安維持法の復活 という言い方に統一すればいいのに。

治安維持法こそは、軍事大国としての合理性すらぶっとんだあの戦争を支えた法律である。
戦前の日本は、軍国主義であることが問題だったと言うよりも、軍国としての合理性すら欠いていたこと。軍国日本としての合理的な判断をしようとするものまでを、弾圧してしまった、と言うところに最大の問題があった。

その象徴が、あの吉田茂の逮捕拘留である。
当時は外交官であり、戦争終結のための動きにかかわったとして、特高のスパイに捕まり、40日間ブタ箱に入れられた。
もとより、吉田茂や終戦工作をした人たちが反戦だったわけでも、まして共産主義者であったわけでもない。
おなじ軍国主義者であり、戦争での勝利を願っていたけれども、国家として生き延びていくためには終戦工作が必要だ と判断したに過ぎない。

共産主義を憎むこと、特高警察に勝るとも劣らない吉田茂、すなわち麻生太郎のじいさんまでも逮捕してしまうのが、治安維持法なのである。
一度成立してしまえば、条文などあってもなくても同じ。治安警察に全能をあたえてしまう。
罪や証拠はあとからいくらでも作れるのだから。

そんな治安維持法が、72年の時をこえて復活するのである。
そりゃ 体調壊すぐらい恐怖しても当然である。



その上で言いたいのは、共謀罪を恐れすぎるな ということだ。

なぜならば、共謀罪が成立しても、治安警察や公安の捜査の方法はさほど変わらないからだ。
逆の言い方をしたほうがいい。今でも、十分すぎるほど監視社会になっているからだ。
ただ、そのやり方が「合法化」され、別件逮捕ではなくそのもので逮捕できるようになるのが共謀罪だ。

これまでは、有印私文書偽造とか、威力業務妨害とか、公務執行妨害などで別件逮捕していたのもが、そういう迂回をせずに直接共謀罪で逮捕されるようになる。
治安警察にとっては、非常に使い勝手が良い法律だが、しかし、もしこれがなくても、同じような情報収集も弾圧もやってのけるのが、忍者以来の歴史を誇る日本の警察や公安だ。

警察にとっては、便利だけれど必須ではないのが共謀罪なのである。
恐れるな、と言うより、すでに恐ろしいことになってるんだぜ ということ。

ではなんで安倍官邸はこれほど強引に共謀罪を進めるのか。
わざと野党の標的になるような金田を大臣に据えて、会期ギリギリまで共謀罪で大騒ぎするのか。

それは、森友や加計を薄れさせるためだ。
とくに、森友は関係者の中枢である籠池が「裏切る」という、これまで安倍晋三が体験したことのない事態に立ち至っている。
加計も、文科省の元事務次官の前川が「出会い系バーの何が悪い」といって籠池なみに開き直るならば、安倍にとって一気に事態は深刻化する。

この二つの事件を封殺することが、安倍官邸にとっての最大の問題なのだ。
そのために、共謀罪を強引に推し進め、挙げ句の果てにほとんど意味のわからない改憲案まで出してきた。

今私たちに求められるのは、共謀罪を必要以上に恐れることではなく、本当に安倍晋三がまいっている森友と加計を責め続けることだ。
あわよくば耐えられなくなって辞職させるか、せめて自民党内での求心力を一気に低下させること。

この問題を責めることは、他でもたくさんやっているはずの、官有物を使った錬金術を抑止し、自民党の資金源を絞る効果がある。
安倍晋三が総裁でいるうちは、自民党議員は地元でも悪いことができない、という非常に窮屈な状況を強制することになる。

そうやって、安倍晋三と官邸チームの首をしめていくのである。
そのために、まずは森友と加計の問題で、責めて責めて責めまくろう。

共謀罪を恐れすぎたり、改憲に目を奪われたりすることは、チーム安倍の思う壺だ。
恐れすぎてはいけない。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 21

20 からつづく

 本の内容は原稿を書いた時点から10年以上が経ってしまって、今では古いこともある。独立していくつも家を設計(つく)ってみて、ちょっと実務的に無理があるかなという部分もあった。しかし、基本的な考え方は今でも同じだと思っている。
  
 本の準備はとにもかくにも進んでいったが、なにせほとんど稼ぎがないので事務所を借りることもできない。しかたないので、ただでさえ狭い自宅の5畳の納戸を半分占領し、2畳半のスペースを確保した。まるで待庵である・・・なわけないか。ちなみに、現存する唯一の利休の茶室といわれている待庵は、2畳と床の間なのでちょうど2畳半。なのだが、にじり口から中を覗くと、とても2畳とは思えない広さを感じる。見学には、このネット社会にあって1ヶ月前までに往復はがきで予約しなければならずかなり面倒だけれども、その艱難辛苦をのりこえて一見する価値はある。

 それはともかく、待庵のような幻想空間ではなく現実空間である私の初代事務所は、とにもかくにも狭かった。しかもエアコンがない上に、背中に密着した窓からは容赦なく西日が差し込むので、夏の夕方は無料でサウナに入れるという特典付きである。家具を買う金もないので、ホームセンターで材木を買ってきてデスクも本棚も自作した。なにせヒマだけはたくさんある。その棚に、手品のようにデスクトップパソコンと図面を書くための大きめのディスプレイとA2判が印刷できるでっかいプリンターと、書籍やら資料やらを詰め込んで、もらい物の肘掛けいすに腰掛けたら、もう身じろぎもできない。ある意味集中力抜群の事務所となった。

 意外と効率は悪くなかった事務所だったが、致命的な泣き所は客を呼べないということ。当時は、打ち合わせは東急インの喫茶室を使っていたが、これはなんとか解決しないとどうにもならない。それに加えて、徐々に資料が増えてくる。もととも手品のように詰め込んでいたのだから、増えた資料は行き場がない。天井近くまで強制的に空間利用しても、1年ほどで限界が来た。

 そんなころ、地元吹田市の市報をなにげなく手に取ると、「インキュベーションの入居者募集」という見出しが目に飛び込んできた。インキュベーションってなんだっけ、と思いながら記事を読むと、なにやら起業する人向けの格安事務所だという。家賃を半分吹田市が出してくれるのだというではないか。ぬあんと、そんなオイシイものがこの世にあるのかと目を疑ったが、本当にあるらしい。速攻で応募した。

 ほどなく面接日が決まり、吹田商工会議所に希望者が集められた。一人ずつ呼び出されて面接室に入ると、向こう側にどういう人かは分からないけれども、ずらっと5~6人の厳めしいおっちゃんが並んでいる。何を聞かれたのかはもう覚えていないが、緊張しながら5分くらい受け答えをした終わった。居並んだおっちゃんたちは、市役所、商工会議所、吹田市が委託しているコンサル、吹田で起業した大先輩の経営者、などの面々だったらしい。後日この方々と親しくなってから聞いたところでは、この面接は形だけのものだったとか。緊張して損した。

 というわけで2016年の年末には、吹田市のインキュベ-ション施設であるエビック吹田に入居とあいなった。はれて、2畳半から6畳一間に大出世である。まじめな話、ほんとに広いなあと思った。しかも、共用の会議室や談話室があるので、打ち合わせには困らない。ありがたかった。打合せコーナーばかりか、受付まであって昼間は女性がひとり座っている。なんだかホンモノの事務所みたいだ、とピンぼけなことを思いながらせっせと引っ越し荷物を運んだ。

 市の起業支援政策として運営されている施設なので、いろいろと普通の事務所とはかなり違うところもあった。その第一は、エビック会の存在だ。自治会のようなもので、持ち回りの役員を決めて毎月1回定例会がある。運用上の問題点やら、各自の近況報告やらをやる。夜なのに市の担当者も参加して、たぶん市議会に説明するための情報収集につとめる。

 でも、エビック会の本番は会議が終わった後。談話コーナーに移動して、飲み会となってからだ。そのころになるとインキュベーションから巣立っていったOBもちらほらやってきて、なかなか賑やかになる。総菜と缶ビールの実費だけだから1000円かそこらで、深夜まで延々と飲んで話した。この時期、この飲み会でボクは生きていられたと行っても過言ではない。勢いで独立して空気がキラキラしていた時期が過ぎて、そこころはもう不安で不安でどうにもならない毎日だったけれど、同じような時期に起業した連中が周りにいて、月に一回あれこれとぶっちゃけ話をすることでボクのか細い神経はものすごく救われた。

 それまでボクの周りに自営業とか経営者という人はいなかった。普段あまり会わない叔父さんが電気工事会社を経営していたが、身近なところにはサラリーマンしかいない。だから、勢いで独立したものの、ちょっと落ち着いてみれば「給料日が無い」というのはかなり強烈に不安だったのだ。たまたま奇跡的に仕事がは途切れずにやらせてもらうことができていたけれど、この奇跡がいつまで続くのかは神のみぞ知るだったのだから。

(22 へつづく)

※明月社のホームページもよろしく
                     → 木の家プロデュース明月社

2017-05-16(Tue)

改憲だミサイルだと騒がし今だからこそ「森友疑獄」を追及すべし

余り時間がないので、結論だけ完結に書いておきたい。

5月3日の憲法記念日に、わざわざ発表した安倍晋三の「新改憲案」は、森友疑獄で追い詰められたあげく、苦し紛れでぶち上げた超弩級のメクラマシである。

森友疑獄は、安倍晋三にとって致命的な事件だ。
籠池という身内の「裏切り」によって、どこまで物証がでてくるのかわからない恐怖に、安倍晋三はうち震えている。

フツウの国ならば何度も内閣が瓦解するはずなのに、安倍晋三がいまだに首相の座におさまっているのは、ひとえに野党第一党の民進党が裏で握っているからだ。
解散総選挙をしたくない民進党は、人気取りのために森友の追及はするけれども、木で鼻をくくったような答弁ばかりされても審議を止めることすらせず、粛々と日程をこなしている。

逆に言えば、この民進党の手厚い保護なしには安倍一強は崩れ去り、自民党の中からも安倍おろしが始まる。
この薄氷を踏むような毎日から、どうやって脱出すれば良いのか、安倍晋三とそのブレーンたちは必死で考えた。
連休中も、のんびりゴルフをしているふりをしながら、どうやってこの苦境を乗り切るか、必死になって考えていたはずだ。
そして思い至ったのが、「あえて虎の尾を踏む作戦」である。

もうちょっと説明するならば、「9条に手をつければ、左翼や革新は他のテーマは全部投げ捨てて、9条に集中するはずだ」作戦である。
自民党草案では、公明や維新との前処理に手間がかかって、一気呵成に進めることができない。2020年に時間を切って、今すぐ始めるぞ!という緊迫感を出すために、9条3項の追加と教育無償化だけに絞った。

この「あえて虎の尾を踏む」作戦は、それなりに効果をあげ、森友は薄れて「改憲阻止」一色になりかけた。
ところが、そのタイミングで、安倍官邸がお抱えのジャーナリストもどきである山口敬之の強姦事件が明るみに出てしまった。

20170510-2.jpg しょせん民間人のスキャンダルだが、森友事件をめぐって、安倍晋三の代理人のようにしてテレビに出まくっていたから、国民の印象としては、「森友で安倍晋三を擁護していたのは 強姦魔だったのか」ということになる。
一般紙やテレビは、唯一産経は花田紀凱が反論記事をかいて墓穴を掘っている以外は、新潮の記事を黙殺して安倍官邸への忠誠を見せている。

花田の反論を含めて、非常に冷静に事件を分析している記事があったのでリンクしておく。
 【週刊新潮】 山口敬之 被害女性の正体は誰!?今後逮捕やテレビ出演は?

安倍晋三が、いよいよ困ったときには、北の方からナニが飛んでくる。
なにか冗談かトンデモのように語られる、安倍-金関係だが、統一協会(家族連合)という実態のある強力な仲立ちがあるのだから、決して荒唐無稽なことではない。

「対話」機運ある中で…ミサイル発射のナゼ
日テレ 2017年5月15日


何より、安倍晋三本人が、ミサイル飛んできたのに慌てることなく、のんびり朝飯食っていたらしい。

北ミサイル発射をスルー 安倍首相はもはや“撃つ撃つ詐欺”
日刊ゲンダイ 2017年5月15日


東京・富ケ谷の自宅を出たのはミサイル発射から1時間も経った午前6時半。随分ノンビリとしたもので、その後、国家安全保障会議(NSC)に出席したものの、昼前には官邸を出て自宅にさっさと帰ってしまった。
(略)
4月16日の日曜日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した時、官邸にも出向かず、自宅で過ごしていた。『失敗』との報告を受けたからでしょうが、首相自身が今にもミサイルが飛んで来るかのような発言を繰り返していたのだから、本来は官邸で会見を行うべきでした。しかも、外出したと思いきや、都内の高級ホテル内のフィットネスクラブで汗を流し、そのまま絵画鑑賞
(引用以上)

とりあえず、これでテレビはミサイル一色になるだろう、とひと安心したのかもしれない。



たしかに、テレビでは「森友疑獄」が取り上げられることはほとんどなくなった。
国民の関心は薄れてしまったのだろうか。

20170416.jpg 先週の土曜日(13日)に、豊中で大きな集会があった。
木村市議らの「森友学園問題を考える会」が主催し、メインキャストに白井聡氏をむかえ、500人のホールだった。

主催者は、最近の情勢から「人が集まるかな?」とかなり心配していたとのこと。
しかし、ふたを開けてみれば、満員御礼。3時間にわたる長丁場にもかかわらず、非常に集中した良い集会だった。

内容については、IWJが公開してくれているので行けなかった方は確認いただきたい。

 2017/05/13「森友学園問題」の本質に迫る!!

私が協調したいのは、まだまだ「森友は熱い」ということだ。
しかも、あっちこっちの集会で見る顔ばかりではなく、ご近所感の強いオッチャンおばちゃんも多かった。
平均年齢がかなり高かったのはちょっと残念だったが。

もちろん、安倍の「新改憲」もただのブラフではなく、本気でやるつもりだろう。
共謀罪も辺野古も緊迫している。
だからこそ、今集中すべきは 「森友疑獄」なのだ。
敵のアキレス腱を攻めずに、他の部分を散発的に叩くのは愚の骨頂だ。

問題が多いからこそ、集中が必要なのだ。

先日の 野党共闘の前に市民共闘の実現を でも書いた通り、力を結集しなければならない。

また、集会後の懇親会で実感したけれども、この問題に取り組む人たちの多様さだ。
無所属の木村市議をはじめ、共産党、社民党、自由党、環境派、市民運動、労働運動、教育問題 ・・・ これだけの幅の人たちが入り乱れてザックバランに議論している場は、なかなかない。
その意味で、森友事件は、今集中すべき課題であると同時に、今後の力の結集のための準備の場でもある。

自己満足の「闘争」ではなく、現実に敵にダメージをあたえ、見方を増やしていくこと。
結集のための、相互理解の場をつくっていくこと。

あらためて、森友疑獄事件で、安倍晋三を攻め立てよう。
安倍昭恵の証人喚問を求める国民運動が必要だ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



※  「なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり」はお休みです。

2017-05-13(Sat)

野党共闘の前に市民共闘の実現を

野党共闘を求める市民 という構図がこの数年定着してきた。

そして、それなりの成果もあがっている。

それ自体の価値は認めつつも、何変わりきれない印象がずっと私の心の中にわだかまっている。



いろんな集会に出向くと、入口で分厚いチラシの束を渡される。
ずらっと並んだ人々から次々と手渡される場合もあれば、資料の中にはじめから入っている場合もある。

私も生活フォーラム関西のイベントなどのチラシを、そのようにして配布をさせてもらったことも一度や二度ではない。
同じような関心を持っている人にお知らせすることは、一番集客効果は大きいので、当然と言えば当然のことだ。

ただ、毎回そのチラシの束を見る度に、「なんでこんなに多いんだ??」と感じてしまう。
「なんで、同じような思いを持った人たちが、一つにならずにバラバラにあっちコッチで集会やら学習会やらデモやら やるんだ???」
と言う意味である。

集会や学習会を主催することは、かなりのマンパワーを必要とする。
これだけの数をこなすパワーを、一つに結集したらかなりスゴいんじゃないの、と思うのは私だけなのだろうか。
月に1回の大集会とか、大街宣とかにしたほうが、明らかに社会的に影響をあたえることができるのじゃないだろうか。

もちろん、個別課題として色々なテーマを扱わなければならない事情はわかる。
それは、大イベントのなかで情勢に応じて扱えばいいのではないか。

詳しい学習に大集会は適さないこともある。
大イベントの枝イベントとして位置づければ集客に苦労することはないし、あちこちで同じようなイベントが被ることも防げる。

地域に根ざした運動を目指すとき。
であるならば、同様の集会で集客するのではなく、地域で街宣やポスティングをするべきだ。
地域の集会に金太郎アメ(失礼)のメンバーが集まってもしかたない。

もちろん、言うは易しで、実際には一つに結集することがどんなに大変かわからないわけではない。
これまでも何回か書いてきたが、昨年秋の憲法カフェ@大阪は、そういう意識をもって私としては取り組み始めたのだが、色んな成り行きからメインキャストが山本太郎さんから三宅洋平さんに変わり、そのタイミングで三宅さんが安倍昭恵を高江にアテンドしたという事件がおきたため、私の狙いは脆くも崩れ去った。
良い悪いは別にして、市民運動の半分からはスルーされた。というか、むしろ争いを避けてあえて大人の対応をしてくれたという印象を持った。
おかげで、なんとかイベント自体は大過なく終えることができたが、思っていたものとは違うものになってしまった。

このときの私の思いや総括は、こちらを読んでいただきたい。

 憲法フェスの総括とこれから その1 ~四年間をふり返りながら~
 次のステップへ (憲法フェスの総括その2)

この総括の最後に「塊にむけた場を作る活動を、自分のフィールドとしてやっていきたい。」と書いたのだが、正直言ってフェスで転けたことで足がすくんで、この半年間前に進めなかった。

しかし、ここにきて、やはり何とかしなくては、と言う気持ちがジワジワとわき上がってきた。
野党共闘を言う前に、まず自分たち、つまり市民の側が共闘しろよ という話である。



野党共闘で語られることの8割以上は、「民進党はもっと頑張ってくれ」「民進党がしっかりしないと」云々 という話である。
つまり、痩せても枯れても野党第一党である民進党が動かないと機能しないのが野党共闘であり、もっとあけすけに言えば、民進党に下駄を預けているのが野党共闘ということになる。

結論を言えば、私は野党共闘が大嫌いになった。
選挙のときの選挙区調整は必要、必須であるが、戦略的に民進党に期待(依存)する野党共闘は、無意味であり時間の無駄だと思っている。
これも詳しくこちらを
 政権交代への近道

これを、「野党共闘を求める市民」の側から見るならば、市民運動の主体性を失わせ、「民進党のせい」にする逃げ道を恒常的につくってしまうことになりはしないか。
もともと市民運動というのは「政党なんて頼りにならないから、自分たちでなんとか声を上げよう」というものではなかったのか。
そういう雑草のような市民運動の生命力を、野党共闘に依存することで失ってしまう危険を、私は感じる。

逆の言い方をすれば、民進党は煮え切らずにつかず離れずの態度を続けていれば、市民運動を適当に期待させておいて最後には潰す、ということを永遠に続けていくことができるのである。
まさに、民進党は安倍政権をささえる、最大の支持基盤であると私が指弾する所以である。

森友事件という「絶好」のテーマをもってしても、まったく安倍政権を揺るがすことのできない現実は、まさに野党共闘運動の弊害を如実にあらわしている。
 いまや安倍晋三の太鼓持ちは強姦野郎だけ



では、市民共闘ができたとして、その塊は何をするべきなのか。

ひとつは上記に書いたように、集会やデモや街宣を、もっとも効果的な形に統一していくことだ。
自分たちの自己満足ではない、自民党は嫌だけど民進党もまっぴらという、声なき1000万人にどうやって存在を見せるのか。
そのことを、絶対の共通認識として知恵を寄せ集めることだろう。

もうひとつは、政策を作ることだ。
もちろん、そのまま使えるような詳しいものである必要はない。「どうやったら死ぬまで生きられるか」の原理を作るのである。
少なくともこの先50年くらいのスパンで、「こうやったら、贅沢はできなくとも、みんな困らずに生きていけるよ」という国のあり方の大枠が、絶対に必要だ。

自民党に政権を任せた上で、それを修正していく55年体制のときは、野党は反対が仕事だったしそれでよかった。
しかし今は、任せた自民党に修正能力はない。任せること自体が地獄への道行きとなる。
にもかかわらず、野党にもそれに変わる「国民の生き方」を提示するものはない。相変わらず、反対政党に留まっている。

であるならば、市民共闘がそれを提示するべきなのではないか。
地味なように見えるが、私はそれが、情勢を大転換させる軸になるのではないかと感じている。


最後に、私は「市民」という言葉は好きではない。
 国民、人民、市民、大衆、民衆 なんでもいいけど、生きてる人間の生活が第一

が、便宜的にここでは市民共闘と書いた。ご理解いただきたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 19

18 からつづく

 しんどくなると会社の空き部屋とか営業車の中で唸りながらゴロゴロする。不思議と丸一日全部ダメということはないので、半日くらいすると少し動けるようになってそのすきに仕事をこなす。クリニックで抗うつ剤を処方してもらうと確かに具合はいいのだが、これを飲み続けていいのだろうかと不安にもなる。ウツ病で入退院を繰り返しながら、なぜか医学部に入り直して医者になってしまったというツワモノの友人もいるけれども、ボクにはそんな真似はできそうにない。このまま症状が悪化したら生活できない。どうしよう。そんな状態で1年くらいが過ぎていった。

 2005年の年が明けたころ、相変わらずウツにつきまとわれながらグダグダとつとめていたボクに、連れ合いがひと言いってくれた。「もういいよ」と。それまでも、何回も会社を辞めて独立しようかと画策はしてきたけれども、いざとなると生活していくアテがなくて躊躇していた。そんな様子を見て、わがパートナーは優しくお許しを与えてくれた。もしかすると、煮え切らないボクをみてぶち切れたのかもしれないが。

 とにかく、何のアテも無いけれども独立しよう。そう決めた。あらためて自分の心の中をのぞいてみると、やっぱり「家を設計りたい!!」という思いが渦巻いていた。押さえに押さえてきたその思いが、独立しようと決めたとたんに吹き出してきた。そして不思議と、これだけの思いがあればきっとうまくいくんじゃないかという根拠レスな確信が生まれ、不安な思いがどこかへ流れていった。
 こうして2005年5月、明月社が誕生した。風が光っていた。

 工務店に勤めていた間に勉強させてもらって、いまだに役に立っているのは耐震診断の技術だ。現地調査をしてから専用ソフトに入力して計算する。評点というのを出して、0.7以下ならかなり危険、1.0以上ならまあ大丈夫、などと評価していく。座学の部分はさほど難しくはないが、耐震診断が大変なのは床下と天井裏を這いずり回らなければならないことだ。

 イマドキの家の床下は地面がコンクリートなので移動は楽だが、耐震診断する家はほとんどが1981年以前に建てられた家なので、地面は土のまま。それもきれいな土ではなくて石ころやコンクリートのかけらばゴロゴロしている。低いところでは頭がなんとか通るような高さしかなく、四つん這いにもなれない。前腕と足首を動かして匍匐前進するのは、なかなか大変なのである。
 屋根裏はもう少し広いけれども、なにせ足を滑らしたら天井を踏み抜いてしまうので、蜘蛛のように梁に手足をかけて移動していく。断熱材は天井の上に敷いてあるので、屋根裏空間は焼けた屋根の熱がそのまま貯まっていて、夏は灼熱地獄だ。断熱材の効果を体感できるし、小屋裏換気の必要性を身をもって学ぶことができる。

 床下や屋根裏は、いわばその家の「腹の中」である。表面はにこやかでも、腹の中は真っ黒という人は世に多い。家だって同じだ。大工や職人がどんな思いでその家を建てたか、床下と屋根裏を見れば伝わってくる。ピリッとした緊張感が何十年も経った今でも感じられる家もあれば、あまりの手抜きに絶句するような家もある。それは家の外見の豪華さとはほとんど比例しない。

 手抜きではなくても、そこそこに数をこなしている仕事とか、大工はいいけど他の職人がいい加減だなとか、腕は良いけど知識がないとか、いろんなケースがある。いろんな家を見るにつけ、大工、基礎工事、設備工事は、資格制にすべきだってこと。設計は国家資格制でも、それを実物にする職人がしっかりしててくれないとどうにもならない。とくに、建築構造をぜんぜん知らない設備工事屋さんとか、基礎のことを知らない基礎工事屋さんとか、考えただけでも恐ろしい人たちが、普通に現場で作業している。電気のことしか知らない電気屋さんは、大事な大事な家の梁に平気で穴をぶち開けてくれる。基礎なんて家が乗っているだけと思っている水道屋さんは基礎のコンクリートをバリバリと削りまくる。基礎を知らない基礎屋さんは穴だらけの基礎を作っても、目に見える外側だけきれいにモルタル塗って平気な顔だ。

 もちろん、ちゃんとしてる人もいる。床下を見ていてうれしくなるような家もある。けれども、どちらが多いかというと、何かと問題のある家のほうが圧倒的に多い。今まで見たなかで、これは「最高峰」かなという話をしよう。ちょっとした高級住宅街に建つ2階建ての木造住宅で、今はもうないけれども昔は少々名の知れた住宅メーカーの建築だった。2階の床が北側の外壁にむかって傾いているというのだ。見に行くと確かにかなり傾いている。いろいろ調べたあげくに、最後はその下の部屋の天井を破って見てみることになった。床を支えている梁が細すぎるのではないかと思ったからだ。ところが、ちゃんと大きな梁が入っている。おかしいなあ、と思ってよくよく懐中電灯で照らしてみると、その梁の先っぽが宙に浮いているのだ。直交する梁に架かっていなければならないはずの先っぽが、直交梁にわずかにとどかず宙ぶらりんになっているのである。

20 へつづく

※家にご興味のある方は明月社のホームページもよろしく → 木の家プロデュース明月社

2017-05-09(Tue)

いまや安倍晋三の太鼓持ちは強姦野郎だけ

すでに多くの人が目にしているだろうが、あらためて引用しておく。

“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕
2017.5.10 リテラ

(略)
中村元刑事部長は現在、警察庁の組織犯罪対策部長の職にあるが、第二次安倍政権発足時に菅義偉官房長官の秘書官をつとめ、菅官房長官から絶大な信頼を得て、いまも「菅官房長官の片腕」として有名な警察官僚。
(略)
中村元刑事部長は「週刊新潮」の取材に対し、忖度や圧力は否定しているが、「事件の中身として、(逮捕は必要ないと)私が判断した。(捜査の中止については)指揮として当然だと思います。自分として判断した覚えがあります」と、逮捕を阻止したことを認めている。前述したように、準強姦事件に、警視庁の刑事部長が直接判断を下すというのはありえない。

(引用以上)

まずこの内容に驚き、さらに、これをあの新潮が書いたと言うことに驚く。

第2次安倍政権になってから、どちらかと言えば自民党よりかと思われていたジャーナリストが、徐々に安倍晋三を批判するようになった。象徴的なのは毎日の岸井成格であり、最近では後藤謙次であろう。最近の後藤のするどい安倍批判は、「あの後藤謙次が・・・」と驚きをもって受け止められている。

そんななかで、恥も外聞もなく安倍親衛隊を続けていたのは、山口敬之と田崎史郎である。森友問題をもっとも力をいれて報道していた朝日のモーニングショーに、いわばバランサーとして連日出演していた。極端な安倍主義者を出しておけば、少々つっこんだ報道をしても中和されるという朝日の「忖度」だったのだろう。

それほどにアベッタリの二人であるが、田崎史郎については最近ちょっと様子がおかしい。もちろん、相変わらずなんとか安倍政権への追求をかわすキッカケを虎視眈々と狙いながら、スキあれば余計なことを言って話をそらずということを続けてはいるのだが、このところその言動が鈍いのだ。
田崎ス史郎と言われるほど、安倍晋三とはズブズブの寿司友のはずなのに、森友の特集をやっていたことのように玉川徹と激しくバトルこともなく、ほとんど役に立たずに去って行くことが多い。

田崎のような男の目から見ても、もはや安倍晋三の賞味期限は切れかけているように見えるのだろう。これ以上あからさまな寿司友をやっていたら、ポスト安倍になったときに総スカン食らってしまう。くわばらくわばら てなものだろう。


20170510-2.jpgもうひとりの山口敬之はどうか。こちらは森友以降も、元気はつらつである。
連休前にも 北朝鮮からミサイルが飛んでこないと言うやつは、北朝鮮の毒まんじゅう食らったバカなやつだ と言い放っていた。
(連休にのんびりゴルフ三昧していた男は 毒まんじゅう食ったのだろうか)

これだけ「もどき」も含めたジャーナリストが安倍を見放しているのに、なんで山口敬之だけはこれほど忠誠を誓うのか、むしろ疑問だったわけだが、その理由が見事に暴かれた。
強姦をもみ消してもらったのだから、何があろうと逆らえるわけがないわなあ。

この卑劣な強姦野郎のニュースは、大手紙やテレビでは報じていないようだが、ネット上では充満している。
「山口」でググっても4番目に出てくる。
もはや隠しおおせることは不可能となれば、新聞テレビも後追いする。森友と同じパターンだ。



こんな鬼畜行為を握られている男しか追従しなくなってしまった安倍政権。
万全のメディア対策をして、どんな悪事を働こうが、いかなる不祥事が勃発しようがまったく音無しで過ぎ去っていた数ヶ月前までの安倍政権がウソのようだ。

やはり、森友学園問題は、安倍晋三のアキレス腱なのだ。
同様の事件としては、規模的には加計学園のほうがずっと大規模だが、二つの点で安倍へのダメージの程度が違う。

ひとつは、教育勅語だ。
教育勅語は、大日本帝国が鬼畜米英と闘うために唱えられていたものであり、精神的支柱であった。こんなものの復活を宗主国である米国が許すはずがない。
「朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗~~」「安倍首相がんばれ!」のあの映像は、我々が思う以上に大きな衝撃をもたらしたはずだ。


20170510-1.jpgふたつめは、安倍昭恵の深い関わりだ。
森友学園が勝手に安倍晋三頑張れと言っている分には大きな問題にはならない。しかし、安倍昭恵が籠池夫妻と三人四脚で手を取り合って「教育勅語学校」を建設しようとしていたことは、もはや物証がありすぎて誰にも否定できない。
安倍昭恵を通して、安倍晋三という人間が、表向きは米国にもトランプにも媚びへつらっていいるが、心の中は「鬼畜米英」なのだということがばれてしまった。

これが、安倍政権の万全のメディア対策のほころびの始まりだった。
森友事件については、メディア規制ははずされた。そして「メディア規制が外された」ということ自体が、(自称)ジャーナリストにとっては「安倍政権が宗主国に見切りをつけられた」ということであり、政権の終わりの始まりを敏感に嗅ぎ取った。

本当は、鬼畜山口敬之も逃げ出したかったろう。しかし、菅あたりから「わかってるだろうな」と言われれば、従わざるを得ない。
完全に浮いているのを自覚しつつも、自棄のやんんぱちで安倍親衛隊をつとめてきた。

しかし、せっかく頑張ってきたのに、ついに秘密は暴かれてしまった。
さすがのテレビ業界も、山口は使えないだろう。もう、直球で安倍晋三を擁護してくれる(自称)ジャーナリストはいない。
安倍政権は、もう風前の灯火なのである。



ところが、この安倍政権をがっつりと支える支持基盤が存在する。

その名は 民進党。

安倍政権を倒したいならば、野党がとりあえずやるべきことは三つだ。
ひとつ。国会審議をストップさせる。
ふたつ。国民運動を呼びかける。
みっつ。米国側に安倍の本音(鬼畜米英)を詳しくチクる。

せめて、国会を止めることぐらいやったらどうなのか。
しかし民進党は、粛々と審議に応じ、「健全」な国会運営に協力している と山本太郎さんが先日の会見で皮肉山盛りで嘆いていた。

民進党の頭の中にあることは、
自分の議席だけは守りたい。そして、もう二度と政権は取りたくない。 ということ。
ここを間違えてはいけない。民進党は、議員にはなりたいけれど、政権は取りたくないのだ。あんな大変な思いをするのはもうまっぴらごめんだ、と思っている。

そうなると、できるだけ解散は後回しにしてもらって、安倍政権が長期安定に続くことが、民進党にとってうれしいことなのである。
そしてこの民進党の性根こそが、風前の灯火の安倍政権を支えているのである。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

本日は 「なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり」はお休み。
次回から再開します。

これまでのリンクを貼っておきますので、興味のある方はかため読みをどうぞ

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 1
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 2
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 3
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 4
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 5
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 6
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 7
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 8
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 9
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 10
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 11
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 12
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 13
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 14
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 15
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 16
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 17
なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 18

ひーひー言いながら自力でリニューアルした明月社のホームページもよろしく → 木の家プロデュース明月社
2017-05-08(Mon)

護憲は安倍改憲に勝てるか

安倍晋三の改憲宣言は、改憲派からも護憲派からも唐突感をもって受け止められた。

安倍改憲の本丸「9条改正」に待ち受ける関門
ついに改憲をブチ上げた首相の戦略とは?
2017年05月08日 東洋経済


首相は現行憲法が施行70年を迎えた5月3日、改憲派の集会に自民党総裁としてメッセージを寄せ、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」「9条1項、2項は残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」などと語った。併せて「教育は重要なテーマ」として改憲による「高等教育の無償化」にも意欲を示した。
(引用以上)

改憲派からは、これまでの自民党草案とはまったく違う内容に戸惑いがある。

自民・石破茂氏が首相改憲メッセージにさっそく疑義 
「党内議論になかった考え方だ」「自衛隊と9条2項の関係は…」
2017.5.3 産経


一方で護憲派には、共謀罪(テロ対策法)の強行採決を目前にして、輪をかけて世論を刺激することはしないだろうという、油断があった。いくらヒールでも、凶器を振り回しながら、同時に目つぶし攻撃をしてくるとは思っていなかった。

もとより幹部のなかに改憲派をかかえる民進党は、明確な対応はできず、何を言いたいのかわからないことをモゴモゴ言っている。

3日に安倍晋三が発表した改憲の方向性は、三つある。

① 九条を残して、但し書きのように自衛隊を明記する
② 教育無償化を憲法で定める
③ 憲法の規定に則って正面から改憲を提起した

①は公明党、②は維新を取り込むための内容であることは論をまたない。
そしてさらに、、③は民進党(の一部)をとりこむものである。戦争(安保)法案で民進党が反対の最大の根拠にして、まがいなりにも野党共闘の軸になったのは、「立憲主義」である。
解釈改憲によって立憲主義を踏みにじるのはまかりならん、というのがおそらく半分は改憲派であり、安保法制自体は必要だと考えているであろう民進党と、他の野党との最低限の共通点であった。

しかし、憲法をまもり、憲法の規定に則った正面からの改憲議論に、民進党は反対することはできない。一応のポーズはとるだろうが、ずるずると取り込まれていくことは間違いない。
まして、2020年と年限を切った安倍晋三の迫力に、すでに民進党は飲まれており、すでに勝負はついているともいえる。

他の少数野党がいくら頑張っても国会審議を止めるところまではできないので、国会での発議は、少なくとも現状の両院2/3を確保しているかぎり、まず間違いなくいつ出しても通る。

また、九条を残すということは、原作者の米国に対する配慮でもある。
米国は、軍産側もトランプ側も、突出した日本の軍事大国化は望まない。米国にとって都合のいいだけの、適度な軍事力は強要してくるものの、あくまで米国傘下、統制下に限定されている。
世界第5位の自立した軍事大国がアジアに出現することは決して許さない。
九条を残すことで、「米軍の要請があれば世界中どこでも行きますが、勝手に領海からは出ていきません」と宣誓しているのである。

これは米国のみならず、リベラルの中の専守防衛ならOKという人たちにはかなりの説得力をもっている。
護憲派のみなさんは、そんなのゴマカシだと言うだろうが、論理的にはそういうことになるし、すでにこのような意見が表明されている。




もちろん、この二人も安倍晋三の改憲の進行には賛成はしないだろうが、「リベラル」といわれる人の中でもこういう意見は多くでてくると言うことだ。



とはいえ、最後は国民投票が必要になる。
いかに安倍自民党が盤石に見えても、これは必ず通るという保証はない。
選挙でいつも自民党が圧勝するからと言って、国民投票でも圧勝するとは限らない。選挙で自民党が勝つのは、これまでの惰性というか、一種の慣性の法則があるが、現状を変更する改憲については、はるかに大きなエネルギーが必要だ。

しかも、改憲をしかける側にとっては、やる以上は必勝でなければならない。
絶対に勝てるという確証がない限り、中途半端に発議して、万が一否決されてしまうと、打撃ははかり知れない。
つぎのチャンスまで、また何十年も雌伏を強いられるかもしれない。

その意味で、2020年と時間を切って改憲を提起したことは、安倍晋三にとっても並々ならぬ決意のあらわれであり、反対派にとっては安倍的なものにとどめを刺す好機となる可能性もなくはないのである。

民進党はともかくとして、生粋の護憲派はどのように対応しているのだろうか。まずは共産党。

安倍氏「改憲」明言 9条破壊の暴走加速許されぬ
2017.5.5 しんぶん赤旗


首相が改憲項目の冒頭に9条をあげ、自衛隊を憲法上位置付けると表明したことは、改憲の「本丸」が9条にある本音を示すものです。自衛隊を9条に書き込むことは、「戦争放棄」の1項や「戦力不保持」の2項と矛盾するもので、従来の「歯止め」をなくし、海外での武力行使を文字通り無制限にすることにつながるものです。発足以来、海外で一人も殺さず、一人も殺されることのなかった自衛隊の性格を、根本から変える重大な改悪にほかなりません。
(引用以上)

ポイントは、一項、二項と矛盾するということ。これは、立場は違えど石破茂の主張と同じである。

社民党は、なんと公式には声明を発していないのだが、福島みずほ氏のツイートを引用する


集団的自衛権だから、専守防衛にならない、というが反対のポイントのようだ。

自由党は護憲派ではないが、安倍晋三の改憲には反対している立場なので、こちらもチェックしておく。社民党と同じく公式声明はないので、こちらも小沢一郎事務所のツイートから。


こちらは、そもそも安倍晋三が立憲主義ではないから反対、ということ。改憲の内容には触れていないのは、鳩山氏や米山氏と同じく原理的には自衛隊を憲法に明記すべきだというのは、自由党の考えでもあるからだろう。

いずれにしても、かつての護憲派のような 「平和憲法を守れ!!」的な高らかな憲法賛歌と、それに手をつけようとするものを無条件に悪の権化と見なす論調は影を潜めている。
よく言えば慎重、悪く言えば、言い訳がましいのである。



長く続いた選挙での連戦連敗で、護憲派は自信を失っているのだろうか。

しかし、先にも書いたように、国民投票と選挙は同じではない。しかも、敵は万が一にも負けられないのだが、もし今回の改憲内容が九条三項と教育無償化だけだとしたら、通ってしまったとしても日本の姿はすぐには変わらない。
改憲という実績を作られてしまうことは大きいことではあるが、自衛隊はこれまでどおり自衛隊だし、教育が無償化されるとしたら国民はむしろ喜ぶ。国の姿が変わると言う意味では、むしろ、戦争法案のほうがはるかに大きかった。
国民の命にとっての正念場は、「次の改憲」ということになる。

つまり、今回の改憲については、安倍晋三のほうが背水の陣なのであり、しかも勝てるという保証はない。
経済政策では、金持ちが集まって予算権を握っている自民党は圧倒的に強いけれど、憲法論議は北朝鮮脅威を必死にあおっても、なかなか安倍の思うようにはなっていない。

不戦「9条が貢献」75% 安倍政権で改憲「反対」51% 世論調査
東京新聞 2017.4.30


20170508-1.jpg
(引用以上)

他社の調査も同じようなものだ。
安倍晋三の、いわば「新改憲提案」は、こうした情勢を睨んで、自民党草案ではとても通らないと判断したのではないだろうか。

安倍晋三といえども、決して楽勝ではない。
しかし、今のそれぞれの対応を見ていると、野党は安倍晋三の迫力に負けている。最初から「どうせ勝てない」と諦めている。
目を覚ませ!!



では、これまでの「護憲一本槍」で勝てるのか。

それは残念ならが無理だろう。
上にあげた東京新聞のグラフにあるように、改憲自体はもはや多数派である。内容にかかわらず、無条件に指一本触れるな式の護憲運動では、むしろ逆効果にもなりかねない。

それにしても、圧倒的多数が九条のおかげで平和だったと認めながら、なぜ護憲運動には冷たいのか。
それは、現行憲法の秘密が関わっている。

詳しくは 1年前の記事を読んでいただきたい。少しだけ自家引用しておく。

憲法という「ゆりかご」
2016.6.6


この憲法は妥協の産物として生まれた、ということが明らかだからだ。
つまり、左手には9条、右手に1条、頭の上には日米安保+地位協定がのっかり、足下には沖縄を踏みつける。これが憲法の歴史的な位置である。

憲法は良いけど、安保や沖縄切り捨てはよくない、というのは居酒屋論議としては結構だが、歴史をふまえない話であり、まったく意味をなさない。この条件でなければ生まれなかったのが日本国憲法なのであり、この全体像のなかの一部を担うのが日本国憲法だったのである。


(略)

日本国憲法は民主主義の「ゆりかご」だったのである。

ところが、戦後の民主主義を先導する人たちは、この憲法こそが民主主義だ。民主主義の完成形だ と勘違いした。
これから、いちから創っていかなければならないのに、もう手の中にあると思い込んでしまった。

「ゆりかご」の心地よさを、戦後民主主義と称して満喫し、いちから創る努力を怠り、憲法の本質を議論することには「改憲派」とレッテルを貼って排撃した。
「ゆりかご」から飛び立つのではなく、「ゆりかご」のなかで70年間を過ごしてきてしまった。

(引用以上)

民主主義を標榜する「左翼」や「革新」こそが、国体護持の象徴である現行憲法ではなく、本当の自分たちの憲法を作ろうという改憲運動を起こすべきであった。
現行憲法のいいところはもちろん残しながら、自分たちの憲法を自分たちで作るという、最高の民主主義を実現するために何をするべきなのか。そこから逆規定して、政治に取り組むべきだったのだ。

それをまったくネグレクトして、ゆりかごの中の日本の民主主義を息絶えさせてしまった責任は、すくなくともその半分は「護憲派」にある。
そのような、民主主義圧殺の前科をもつ護憲運動には、日本人の過半の心をつかむ生命力はない。自分たちの運命を自分たちで決めるのだというワクワク感を、70年間押しつぶしてきたという自覚と反省なしに、国民の心に届く言葉を発することはできないだろう。

もちろん私自身も、安倍政権下での改憲には1mmのブレもなく反対だ。
安倍政権でなくとも、ここまで民主主義が腐敗してしまった日本で、そう簡単に改憲はできないと思っている。
いかに使い古した「ゆりかご」でも、もうしばらく使わせてもらわなければ、元も子もなくなってしまう。

しかし、あくまで「ゆりかご」は「ゆりかご」であって、やはり将来的には「自分たちで自立する」ことが絶対に必要だと言うことは明示すべきなのだ。
その大きな目標を提示することで、初めて人は独り立ちを意識し、個人が政治にリンクする。

そのような緊張感を持った議論の中でこそ、「安倍晋三の改憲はダメだ」「性急な改憲はダメだ」「今やっと議論が始まったところじゃないか」という話ができる。リアリティをもつことができる。

それは、鳩山氏や米山氏のような、九条三項はOK みたいな話ではなく、もっと大きな「自分たちの憲法」をつくるための大きな運動、運動と言うより大議論をこれまでの護憲派の側からよびかけていくことで、70年越しで1億2千万の臣民を国民に生まれ変わらせるのである。

私は、これが安倍改憲にたいする戦い方であり、これを起死回生のチャンスとする戦略であると思う。

安倍の迫力にタジタジとなりながら、退却しながら防戦する「護憲」運動では、時間とともに国民に見放され、本当の正念場である「次の改憲」に立ち向かう陣形も残らない。

護憲派も、原則改憲派も、「自分たちの憲法」とはなにか、を深く深く考えて、議論することが必要だ。
そのような場を作ることが 絶対的に必要だ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 18

17 からつづく

 それはともかく、シックハウスについては、こうやってひとつひとつリスクを減らしていくことしか、今のところできないだろうと思っている。それは技術的に難しいこともあるのだけれども、それ以上に、あまりにもそこにこだわると、せっかくの家づくりが楽しくなくなってしまうという理由もある。いま苦しんでいる方はそれ相応の対処をしなければならないが、これまで特に何の対策もとっていない賃貸住宅などに住んでいて特に症状が出ていない人の場合、シックハウス対策にあまりにも神経を使いすぎるよりも、もっと他に考えることがたくさんあるはずだ。シックハウスというマイナスをゼロに戻す作業よりも、プラスを積み重ねていく家づくりにした方が、ずっと楽しくて実りがあると思うのだ。
 そんなわけで、T町の三セクを追い出されたボクは、シックハウスの世界ともちょっと距離をおくようになった。

■ 山の世界から床下の世界へ

 高知県T町の第三セクターをクビになったボクは、地元の工務店に拾われた。もともとその三セクの店を開くにあたって千里界隈に根を張っている工務店にいろいろ協力してもらっていた。その会社から「来るか」と言われたので、当面何のあてもなかったボクは世話になることにした。リフォームの営業のようななんだかよく分からない部署にいたけど、ボクのような中途半端なやつはよほど使いにくかったと見えて、やがて上司も部下もいない一人部署になった。会社の看板だけ使って千里ニュータウンで勝手に営業して勝手にリフォームやらを受注するという暮らしを数年続けた。

 会社とつきあいのある信用金庫のお客さん向けイベントで園芸教室の助手をしたり、自分で勉強会を企画してチラシまきしたり、お客さんの御用聞きのようなことをしたり、実に不思議な数年間だった。本当は新築住宅の設計をやりたかったけれども、設計部は別にあるので自力で受注しない限り自分で設計はできない。かなり頑張ったけれどリフォーム以上のことはできなかった。

 この会社に入ってまずビックリしたのは、工事を請け負う前に見積もりを作らないことだった。もちろん、大きな工事は見積もりするけれども、リフォーム程度で「見積もりお願いします」と工事部に依頼すると怒られるのだ。何をするにも事前に見積もりを出すのが当たり前だと思っていたボクは、頭の中が???だった。よくよく話を聞いてみると、この会社はもともと大地主さんの仕事ばかりしており、そういう旦那衆は修繕工事の見積もりなど要求しないのだ。かかったらかかっただけ後から請求する。それを黙って払ってくれる。そういう関係のなかで育ってきた会社だから、リフォームの見積もりを頼むと怒られるのだった。

 しかし、高度経済成長期に農地が宅地にかわって、濡れ手に粟で大地主になった人たちは、その頃には代替わりの時期を迎えていた。大地主にべったりで生きてきたその会社も転換点にあったのだが、その転換は上手くいっているようには見えなかった。地主さんの二代目からはむしろ疎んじられて、大きなお客さんが次々と離れていく様子がボクのような外様社員にも見えた。経営者一族もかなりの地主だったからすぐにどうこうということはないにしても、ちょっと危なげだなあというのは多くの社員が感じていた。

 労務管理もかなりユルユルで、まあおかげでボクのような不良社員もいられたわけで、とても感謝はしている。なんというか、根性の悪い会社ではなかったと思う。話は少しさかのぼるが、千里に高知県の出店ができるとき、この工務店を含めて多くの関係各位が集まってきた。県と町の補助金事業だったので、いわば公共事業ということで、高知県人会とかどっかで高知につながっている皆々様(ありていに言えば有象無象)が大集合して、何かオイシイ仕事にありつこうとした。そういう方々をさばくだけでも大変だったくらい。そんなときに、この工務店はオイシイとこ取りをするのではなく、真剣に出店の手伝いをしてくれた。経営的にはいろいろ問題はあったし、地主の御用聞きはボクの性には合わなかったけれど、やはり善意の会社だったのだろうと思う。

 この会社に勤めている間にこっそりやったことは、本を書いたことだ。厳密には本の原稿。最初は自分の知識をまとめておきたくて、簡単な冊子をつくった。でもそれでは無味乾燥なので、ちょっと読みやすくして「まぐまぐ!」のメルマガにして発行することにした。週に1回半年間。Kさんという架空のおばちゃんを登場させてボクとの対話形式にしたところ、結構評判が良くて、自分でも面白くなってきた。25回分が終わったところで短大時代の恩師に原稿を見せたところ、出版してみろといって彰国社の編集者を紹介してくれた。それが「家を建てる。家づくりはたたかいだ」になったのだが、この話はまた後日。

 設計はできなくともリフォーム営業でそれなりに数字をあげていたボクは、気持ちの無理が蓄積したらしく心身の状態がおかしくなってきた。たぶん2004年の春くらいからだったと思う。それまで何でも一人だったのが、そのころから新しくチームで営業を始めることになり、ちょっと張り切った矢先だった。気持ちはあるのに体が動かない。あれ、なんだこれは。最初はそんな感じだった。リフォーム営業がイヤでイヤでたまらないというのではない。よしやるぞ、と思っているのに、どうしても体がいうことを聞かない。ぎょぎょぎょ、これが世に言うウツ病か。。。

19 につづく

※明月社のホームページを大改造!家にご興味のある方は一見を → 木の家プロデュース明月社
2017-04-24(Mon)

政権交代への近道

安倍政権のあまりの独裁の原因について 諸説が語られている。

その一番は、小選挙区制が悪い というもの。
たしかに、小選挙区制で党本部の権限がきわめて強くなった。さらに、第一党は得票率よりも議席数が多くなる。
その意味では、たしかに小選挙区制の影響は大きい。

しかし、小選挙区制度による衆院選挙は1996年から行われている。
衆議院の議席数の推移はwikipediaに一覧になっているので、それを見ていただきたい。

一見してわかる通り、小選挙区制になったからといって、そのせいで自民党が激増しているわけではない。
独裁と言われる第2次安倍内閣と同じような議席数は、中選挙区時代にも何度もあったし、2009年の政権交代の直前も同じくらいだった。
小選挙区のせいで自民党がひとり勝ちしている というのは言い訳に過ぎないように思う。

ただし、自民党が劣化した原因にはなっているだろう。
物言えぬ政治家もどきの群れになってしまったのは、たしかに小選挙区によって人事権を党本部に完全掌握されたせいなのは間違いない。
しかしそれは、自民党の劣化の原因であって、野党が自民党に勝てない原因ではない。



もうひとつしばしば言われることは、「代わりがいないから仕方ない」というもの。
自民党に変わる責任政党が存在しないので、しかたなく自民党が支持されているのだ、と言う説明だ。

しかしこれは、あまり根拠がない。
世論調査の支持理由で、そうした理由があげられていることはあるが、あれは選択肢の作り方でどのようにでも誘導されてしまうので、あてにならない。
個別課題では、反対票が多いから という話もあるが、これも論理的ではない。各論反対・総論賛成で支持している人が多いと言うことと、「代わりがいないから」とは直結しない。
各論は反対でも、それ以上の賛成理由があるから支持してるのかもしれない。

上記と近い理由で、「野党がバラバラだから」という説明もある。
小沢一郎氏が言いつづけている、野党が一つになれば絶対に勝てる という話だ。

しかしこれも、過去2回の政権交代を振り返っても、2大政党の激突、というものではなかった。
自民党の分裂で直接の引き金になった細川内閣はともかく、2009年の民主党にしても、選挙前には自公の1/3しか議席はなかったし、共産党との協力なんて冗談にも話題にならなかった。
勝てた理由はいまだに謎に包まれているが、少なくとも、「野党が一つになって、客観的に自民党にかわる受け皿になっていたため」、ではないと思えるのだ。

以上より、今の民進党、社民党、自由党がひとつになり、共産党とも共闘する形を作ったとしても、それで勝てるという理由が私にはまったく見えないのである。

もちろん、小選挙区である以上は、候補者調整は必須だし、共闘しないよりした方がいいには決まっている。
しかし、「それで勝てる」という論拠が、まったく誰からもどこからも 示されていないのである。



では、どうしたら勝てるのか。
勝てない話ばかりでは、暗くって仕方がないので、勝つ方法を考えてみよう。

まず、ここ数年の自公と反自公の得票数を振り返っておこう。

20170424-2.png

自公の票は、2005年の郵政選挙以外はほぼ横ばいで凸凹というところだ。
決して増えてはいない。

一方で、反自公の票は2010年と2012年で激減している。
まず、2010年は
1845/2984=62%
と、2009年と比べて62%になっている

2012年は民主と未来が分裂している。未来の改選前議席はもとの民主の2割弱であり、2010年の1881万票を母数とすると、2012年でもそれほど大きくは減らしていないが、民主のほうは、大きく減らした。
未来 1881x(61/308)=372  342/372=92%
民主 1881x(240/308)=1465 962/1465=65%

以上からわかることは、小沢グループは、2010年の参院選前にすっぱり分裂しておくべきだったということだ。
菅直人が消費税増税を口にした瞬間に、そく分裂した上で、政権維持を人質にしてキャスティングボートを握るべきだった。

あそこでグズグズして分裂のタイミングを逃しまくって、どん詰まりで分裂したことで、2010年のマイナス効果は民主と同じだけかぶってしまい、小政党に不利な小選挙区のあおりを食って、342万票も取りながらわずか5議席に沈み、表舞台から退場を余儀なくされた。

このような指摘は他に聞かないけれども、私は断言したい。
2010年の夏前に小沢グループが独立しなかったことが、今日の暗闇の始まりである。

逆に言うと、裏切りを許さなかった未来の党は、あの状況の割に票を減らしておらず、タイミングと政策を間違えなければ、少数でも決起すべきだ、ということ。それがかえって、1手先2手先の政権交代につながる。



さらに、この数字からわかることは、民進党でも民主党でも良いけれども、この政党には国民の審判が下されたということだ。
弱小政党のように、そもそも手も足も出ないわけではないのに、候補者も出し選挙資金もそれなりに持っているにもかかわらず、酷評数は激減し、何度やっても回復しない。

昨年は共産党の協力と、旧維新の残党を吸収したことで票数は増えたが、支持の拡大とは言えない。
民進党は、何を言おうが、どんな政策をぶら下げようが、金輪際浮上することはないと思われる。

なぜ民進(民主)党が勝てないか。
それは、このグラフを見るとはっきりしている。(財務省の資料より)

20170424-3.png

2009年の政権交代前は、国債の発行を押さえて予算規模も縮小し、典型的な緊縮財政だった。それにより税収も減り、それがまた緊縮財政を招くというスパイラルに落ち込んでいた。
この緊縮財政による弱者切り捨て、生活切り捨ての痛みに耐えかねたのが、あの政権交代だったはずだ。

国民の生活が第一をうたった民主党政権は、一度は国債を大量に発行して予算規模も拡大した。
ところが、わずか1年でその流れを逆転させ、消費増税、緊縮財政へと急転換した。それこそが、2010年の大敗北の原因である。

そして、その後を襲ったのがアベノミクスだ。
アベノミクスは、国債の大量発行ではなく、日銀による通貨の大量発行によって市場にカネを流通させた。
もちろん問題は大ありのアベノミクスではあるが、世の中にカネを流通させ、結果として税収を上げるという大枠では、成功している。

国民をダマして財布のひもを締めるばかりか、増税を推し進める民主(民進)党と、各論では問題あっても財布のひもを緩めまくって景気をよくしているアベノミクス。
国民がどっちに軍配を上げるか、考えるまでもない。

そう考えれば、答えは自ずからみえる。

民進党がもし生き返りたいならば、増税などと言う考えは宇宙の彼方に投げ捨てて、アベノミクス以上の大盤振る舞いを約束することだ。
いくら何を言っても、アベノミクスは数字を残している。生活実感は乏しいけれども、最低限仕事があるとか、ほんのちょっと時給が上がったとか、面接に落とされる回数がずいぶん減ったとか、ちょっとは良くなっていると感じている人は多いはずだ。

こんなに大盤振る舞いして、たったこれだけかよ、とか、ほとんど美味しいところは大企業が持ってチャッタじゃんか、とか、文句をつければ山ほどあるにせよ、自分の足下だけみれいれば、悪くはなっていない、と言う実感は、何があろうと鉄板の内閣支持率につながっている。

平穏な時代であれば、スキャンダルで政権が倒れることもあるだろう。
しかし、失われた90年代、小泉時代、リーマンショックと、立て続けに苦しい時代を経験したあげく、民主党の裏切りに直面した日本人は、自分の生活からかけ離れたことで政治を判断しない。
どんなに問題があるとわかっていても、「食わしてくれる」かぎりは、安倍政権を支持する。

そのアベノミクスを凌駕する経済を掲げないかぎり、野党は勝てない。
国民は愚かではない。自分の生活を守ることに必死であり、懸命に考えて判断しているのである。



では、民進党がそういう政策を掲げたら復活できるか。

できるわけがない。

増税と緊縮財政の責任者であり、権化ともいえる野田佳彦を幹事長に据えて、「積極財政やります」なんて言っても、バカかと言われるのがオチだ。
野田に限らず、2010年転換に関与した幹部は、ひとり残らず放逐しなければ、離れていった支持者は絶対に帰らない。

放逐でも懺悔でもいい。
野田を筆頭に、いならぶ愚か者たちが国民に向かって土下座して、土を喰いながら涙を流して己が罪を悔い改めるならば、人情に弱い日本人のことだから許してくれるかもしれない。

従軍慰安婦の問題について、日本政府がいくら口先で謝罪をしたところで、被害者側がまったく受け入れがたいのと、構図は同じことだ。(問題の中身は大違いだが)
まして、民進党の幹部どもは、口先の反省すらしていない。これでこの党を支持しろというのは、日本国民に対する侮辱である。
だから私は、今のままの野党共闘は、勝てないと思っている。

勝つためには、最低限二つのことが必要だ。

1.緊縮財政政策を180度転換して、アベノミクスを凌駕する積極財政にすること

2.2010年の裏切りの下手人を追放するか、全国お詫びの行脚をさせる。
  (靴なんか履かずに裸足で行け!)

以上は必要条件。



そのうえで、もうひとつ。
地方組織をつくることだ。
ここ数年、自由党の惨状を身近で見てきた実感だ。

2012年に340万票とった未来が、なんで100万そこそこまで凋落してしまったのか。
もちろん、1桁の議席数になったことで見放されたというのが大きい。
しかしそれ以上に、活動をしなかったということだ。

あの時は、誰も彼もが茫然自失となり、ふと気が付いたら翌年の参院選になっていた。
見放したの有権者だけでなく、党そのものが自分自身になんの展望も見いだせなくなっていたのではないか。
その結果がなんと94万票、0議席である。

あの結果は私にとっては、いつまでも呆然としていてはいけないと、むしろ気付け薬にはなった。
しかし、党としては、あいかわらず何の活動もなく、2014年総選挙、2016年参院選が過ぎていった。
あれだけ何もせずに、それでも100万余人の人が支持してくれることが不思議である。

いくら人数が減り、資金も乏しいとはいえ、各地方で積極的に活動している人は何人かずつはいるのだから、党としての最低限の扱いをして維持発展を期せば、この4年間でそれなりの成果にはなっていたと思う。
関西では生活フォーラム関西という市民団体で、ある意味党の代わりのようなことをしてきたが、しかし所詮市民団体は市民団体だ。特に、保守系である自由党の場合、党の実態がなければ本気になってくれない人が多い。
それは、一般の有権者にとってはなおさらそうだ。

自由党をひとつの典型として取り上げたが、これは自由党だけの話をしているのではない。政権交代に向けて、これをやれば勝てる という3つめの条件である。
共産党や公明党を見習って、活動の基盤になる党の組織を作ること。せめて、彼らの1/100でもつくること。

この三つの条件がそろえば、いくら小選挙区でも、安倍晋三がどんなにエグいマスコミ戦術を使おうと、勝てる。



そして、そのすべてを貫く軸は 「怒る」 ということだと思う。

もちろん、このブログを読んでくれている人は 怒り心頭に発した人ばかりだと思う。
でも、それが表現できているだろうか。

デモ、集会、学習会、街宣 ・・・・  たしかに数限りなくある。
怒った人たちが集まっている。
が、その怒りは伝わっているか?

怒りが伝わる というのは 共感であり、共振である。
自分だけ勝手に怒っていても伝わらないし、風船持って歌っていても伝わらない。

どうすればいいのか、私もまだよくわからない。
しかし、最近流行の「パレード」を端から見ていて、怒りが伝わるとは ちょっと思えないのだ。
まずは、人数。デモンストレーションなのだから、人数を集め、かつその人数の多さを街の人たちが実感すること。

そのためには、あっちでもこっちでも、毎週のように小規模でバラバラにやって貴重なマンパワーを消耗するのではなく、月に1回とかに限定して、ありとあらゆる勢力が集まって大デモにする。やるんだったら、本気でやる。
野党共闘を求める前に、市民運動がまずちゃんと共闘しろという話だ。

デモ行進は強制的にコースを分けさせられ、てい団に分割されるから、国会前のような一箇所にたまる方がいいかもしれない。
大阪だったら、関電前の再稼働反対コールのようなのを、人の多い場所でできたらいいのだけど。(関電本社前はほぼ無人)

楽しいデモ はいらない。
楽しむのなら、他にいくらでも方法はある。デモは 怒りだ。 怒りの共有だ。
本気で声を合わせて、ビルが揺れるほどのコールはできないのか。

楽しいデモで、参加者が増えたか?
ほとんど増えてはいない。デモを楽しいと思うようなかなり特殊な趣味を持った人しか集まらない。

街宣然り、ポスティング然り。
「本気」を聞く人、見る人に伝えるにはどうしたらいいか。頭をひねり倒さねばなるまい。
それはたぶん、小手先の戦術論ではない。

真剣に、わかりやすく、誤魔化さず、怒りを伝え、それを共有すること。共振させることだ。


  ※参考資料
    戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移 国立国会図書館 レファレンス 2014.6



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 15

14 からつづく

■ 山の世界に入ったけれど

 2000年11月、千里ニュータウンにT町の店をオープンさせた。準備は苦しかったけれども、晴れ晴れしい船出を迎えて気分は良かった。 のだが、
 なんとびっくり、オープンから一ヶ月もたたないうちに、資金ショートで潰れるかもしれないという話が飛び出した。まったく、驚天動地とはこのことである。ボクは役員でもなかったし経営状態まで聞かされていなかったから、もちろんそんな資金繰りであるとは知らなかった。だいたい、高知県知事までよんで盛大な式典をやっておきながら、翌月の資金がないとは思わないでしょ、フツウ。

 艱難辛苦を乗り越えてやっとオープンまでこぎ着けて、これから営業作戦を考えなくちゃと思ったとたんに、倒産の準備をする羽目に(泣)。経営者でもないのに弁護士のところに倒産の仕方の相談に行かされ、他の社員の首切り宣告をさせられ、T町の本社の役員会議に(役員じゃないのに!)呼び出され、半分泣きながら、でも半分はやけっぱちで面白がりながら20世紀は終わりを迎えた。

 すべては後からわかったことだけど、その店の経営計画では、オープンした月から7件の新築を受注するという話になっていた。そんな奇跡を誰がどうやって信じたのか知らないが、おバカを通りこしてサギにちかい。そもそもその三セクにはバブルの頃からの巨額の累積赤字があって、大阪進出はイチかバチかの賭けだったようだ。もちろん、商売が速攻で上手くいくとはだれも信じておらず、「これだけ大々的にやってしまえば町も県も潰すに潰せなくなるだろう」という意味の賭けだったのだが。

 ある意味でその賭けはあたり、当面の資金ショートはあれやこれや(ここでは書けない)で回避され、しばらくは店は続くことになった。とは言え、カネがないのは変わりなく広告すらうてない。地元のミニコミ誌に格安で小さいパブ広告を出してもらったり、近所にチラシをポスティングしたりしてイベントに人を集め、少しずつ形を作っていった。

 ところが、ここでまた壁にぶつかった。この店のコンセプトは、1階で食品や物産を販売して客を集め、そこから2階の家や木材の受注につなげる、ということだった。しかし、オープンからしばらくは徹夜続きがザラだったこともあり、1階の店だけに労力が集中し2階の店はあからさまに蔑ろにされた。なにせ、2階に上がる階段の前に、野菜の段ボールが山積みになり、客どころかボクたちスタッフが通るのにも四苦八苦する始末。土佐の木を売るという本来の目的は忘れ去られた。人は自分の持ち場に目を奪われて、本来の戦略はすぐに忘れるものなんだな ということを思い知った。

 なかでも忘れがたいのは、食品売り場の店員のひとりだ。その人の夫は工務店を経営しており、店の建設で大工を総動員したときにも来てもらったことがあったし、店でリフォームの受注があったときなどは仕事を依頼することもあった。ところがその店員は一枚も二枚も上手だった。ある新築を希望しているお客さんが食品売り場でその話をしたところ、こっそりと自分のダンナに話をつないでしまったのだ。さすがに不審に思ったお客さんのほうが、後日2階に上がってきてボクに話してくれたのでことが発覚した。で、その店員が懲戒食らったかというと、いやいや そんな単純な話ではない。これはまた後で。

 本業の木材のほうもわずかながら仕事も出てきて、かなり衝撃の船出ではあったけれども、産直住宅に向けて心機一転がんばろうと思っていたのだが、こちらもどうも不思議なことが多い。どうやら、産直住宅ではないのである。
 産直というのは山から住み手への直送だ。しかしその三セクの流通は、山→原木市場→製材所→三セク→住み手 という流れになっていた。しかも、原木市場と製材所の経営者が同じで、その人物は三セクの経営にもかなり口を出す。要するに、三セクはその人物の下請けになっているのではないか、と思えてならなかった。製材所から出荷される木材を見ても、よその現場には見事な材木が送られていくのだが、こちらの現場には極端に節だらけの木材で、しかもその節埋め作業は三セクの社員が自分たちでやらされるのである。甚だしいのは、集成材の梁と称して柱を3本貼り合わせたものが送られてきた。こんなもの大丈夫か?と思いながら棟上げをして、カケヤ(大きな木槌)でガンと打ち込んだ途端に3本の柱に分離した。なんてこともあった。下請けどころか廃品処理場だと思われていたのである。

 こりゃいかん。こんなことやっていたら、産直住宅はおろか商売として成り立たない。何とかせにゃいかん。そう思って、本来の産直ができる物流のルートを探した。林業家から丸太を買って、製材所に工賃だけで製材してもらい、あとは自社で加工して現場に持っていく。住み手は希望すれば、この山のこの木で建てるんだというのを見てもらえる。そういうやり方を確立しようとした。
 ところが、そうやって中間を飛ばそうとして逆に飛ばされたのは、ボクのほうだった。

16 につづく

※明月社のホームページを大改造!家にご興味のある方は一見を → 木の家プロデュース明月社

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg